たびこふれ

【奈良】10分は一瞬?永遠?吉野のきらつるっ!吉野本葛を食べてみませんか?

記事投稿日:2020/11/20最終更新日:2020/11/20

Views:

目次

一度は食べたい吉野の本葛

みなさんは「人生で、一度は食べてみたいもの」って何かありますか?

会社の同僚とそんな話をしていた時、「吉野行ったら、そこでしか食べられない賞味期限10分の葛があるんだってー。それ、めっちゃ食べたい!」と話していた子がいて、「賞味期限10分」の言葉と共に、和菓子好きの私にとっては、印象に残り、忘れられませんでした。

01_葛餅.jpg

秋の吉野山を散策していたら「中井春風堂」発見!

先日、秋の吉野を訪れました。桜以外の時期に訪問するのは、初めてです。

桜が満開のころには、電車のラッシュ並みに人でいっぱいになりますが、紅葉の時期は、活気はあるけど、春ほどの混雑は無くて、ちょうど良いあんばいです。

山の参道を歩いていると、お店の前に、人だかりがあって「ん!?これ、もしかして??」・・

02_葛の木.jpg

そう!!ここが噂の「中井春風堂」です。因みに、葛の植木もありますよ。

美味しさで人気なのと実演をされておられるので、お店の前に人が集まっていて、見逃す事は無いと思います。

これこれこれこれです!!

03_丸餅.jpg

アクセスは、吉野駅より、向かって、蔵王堂から、少し過ぎた、お店がたくさんある並びの手前の方です。

専用駐車場は「お食事処はるかぜ」の左側、「蔵王堂」寄りの場所にあります。

04_蔵王堂.jpg
<蔵王堂>

中井春風堂

  • 住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山545
  • 電話:0746-32-3043
  • 営業時間:10:00~17:00(16:30オーダーストップ)
  • 定休日:水曜日、第2・4木曜日
  • 公式HP:http://nakasyun.com/

ご覧ください!!とってもレアな吉野の宝石

みなさんは、葛と言ったらどんなイメージでしょうか?私は、風邪をひいたら祖母がよくお鍋でことこと煮て作ってくれた優しい甘さのとろーんとしたイメージです。

05_看板.jpg

中井春風堂が「幻」と言われるのには理由があります。実は、店舗内で提供している「本葛もち」「本葛切り」は、注文された後、職人さんが一人で作っており、 一日に作れる数には限りがあるからなのです。

大体30分ごとに、「本葛もち」3人前、「本葛切り」2人前(各820円)の提供が目安、という事でした。

なので!!ともかくレア!なんです。

06_受付.jpg

予約は、基本当日にお店で。私はたまたま今回、吉野山泊だったので、その旨を伝え、前日の夕方に翌朝一番の予約を入れてもらいました。同じホテルに泊まった仲間は、当日の朝、電話で状況を聞いてから、走って予約を取りに行きました。散策される方は、行きに予約して戻ってこられることを、お店の方もお薦めされていました。

07_混ぜ.jpg

実演は約20分で、葛が意外と身近な植物であることや、どうやって葛粉ができるのか?どんなに貴重か?吉野本葛と吉野葛の違いなどをわかりやすく、写真やボードを使って説明して下さいます。

そして、実演。

08_仕上げ.jpg

お鍋でコトコトするところは、私たち素人と一緒なんですけど(勿論その手捌きは素晴らしく軽やかでかっこいいんですけど)、トレーに入れ、水につけ、といった手順が神業!!

09_葛切り.jpg

するーん!つるりーん!宝石みたいにキラキラしています。これぞ、匠の技!!

いよいよ!待望の一度は食べたい、きらつるっ!!

10_セット.jpg

奥はイートインが出来る喫茶室になっていて、ゆっくりいただけます。私たちは、この後食べ歩きする可能性大なので、3人で2人分の葛もちと葛切りをシェアしていただきました。これも、葛もちか葛切りか迷っていたら、お店の方から提案してくださいました。親切過ぎますね!(ほんとは、どっちも食べたいから、1人で葛切りと葛餅を各1人前ずつ食べるつもりだったわたし。。炭水化物なので、二人前は、かなりお腹がふくれるそうです。)

そして、いよいよ実食!

まずは、葛切りをそのままつるっといただきます。めっちゃ美味しい!つるっ、としています。

続いて葛もち。ぷるるん、としています。どちらもほんのり温かいのが(冷やすと早く白くなります)、「出来立て!」という感じがします。

色んな葛のお話を聞かせていただいた事や、実際に作っている様子を見ていたせいで、より、つるっとぷるんとして有難く感じました。まずはそのまま、そして黒蜜ときなこでいただきます。(すごくおいしい!!きなこは、販売もしています。)

11_お箸.jpg
素敵なお箸入れ>

吉野杉で出来た良い香りのお箸を、このイラスト入りの箸袋に入れて持ち帰れます。

12_紅葉.jpg

私が訪問したのは、紅葉の初めでしたが、この大きな窓からの景色。これも、吉野の宝石の一つですね。まるで絵画みたいです。吉野山は、どこを歩いても美しいのですが、この場所から見る景色は邪魔するものが無い美しさで、私の特別なお気に入りになりました。

13_充電.jpg

実は、充電もできたりします。調子に乗って、吉野山の写真を撮りすぎた時も(私のことです)休憩しているうちに、チャージ。有難すぎます。これで、まだまだ写真が撮れます!!こういう心遣いは、本当にうれしいですよね。

14_お手洗い.jpg

お手洗いも清潔で綺麗な和風ですし、心身ともに、ゆっくり休憩できますよね。

15_本.jpg

葛や吉野関連の本から、かわいい表紙の辻村深月さんの本までありました。辻村さんの大ファンなので、それだけで、ここはいいお店に違いない!!と確信する素直な?私。

ちなみに、店主さんの大好きなガンダムが青になった貴重なフィギュアも飾ってありますので、ぜひガンダム好きも辻村さんファンも、おいしい吉野本葛を召し上がりながら、素敵な時間を過ごしていただきたいです。

お土産も多種多様

16_お土産1.jpg

私は可愛さから葛ラムネと人気の「葛入り求肥餅月の風」を購入。吉野本葛でできた「葛ラムネ」は、期間限定の瓶入りが同じ値段でありますよ~と聞き、何かと限定に弱いのでこちらを購入。淡い色合いが可愛く、お味も優しく舌先で溶けます。

17_葛湯.jpg

仲間は「葛湯セット(バラ売りもあります)」と「静の涙」を購入。個人的には、ホームページを見て、次回は吉野本葛の干菓子を買ってみたいと思いました。だって美しいんですよ。オンラインショッピングも、どうぞ!!

>>中井春風堂オンラインショップはこちら⇒ https://nakasyun.ocnk.net/

18_お土産3.jpg

アンバサダー目線で見ると・・・

実は私、この春から吉野アンバサダーに就任し、その中でも【グルメ開発チーム】という食いしん坊にぴったりのお役目を授かりまして、全国の仲間たちと、地元素材を使った吉野グルメをレシピから提案し、作って、商品化を目指しています。

魅せて、学んで、美味しさの変化を味わえる、「中井春風堂」のすごさ・楽しさ・おいしさは、アンバサダーとしても興味深々です。

「中井春風堂」の吉野本葛の世界を、何度も味わい尽くせる夢の様な貴重な10分間を楽しみに、あなたも吉野山に遊びに来ませんか?

ちなみに、店主さんのYouTubeで、一足先に、体験も可能ですよ!!ホームページから、ぜひクリックしてみてください

>>中井春風堂オンラインショップはこちら⇒ https://nakasyun.ocnk.net/

>>YouTubeチャンネル「葛屋中井春風堂」はこちら⇒ https://www.youtube.com/channel/UCzVo1qdRLXm2vpzAAMo9Iag

19_窓.jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
とうもと くみ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/11/20最終更新日:2020/11/20

Views:

奈良のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.