たびこふれ

登り切った人だけが知っている、ブータンで一番有名なお寺 "タクツァン僧院"

記事投稿日:2020/10/01最終更新日:2020/10/01

Views:

前回のお寺シリーズに引き続き、ブータンで一番有名なお寺"タクツァン僧院"をご紹介!

なんといってもお寺の場所がすごいんです!

「どうやって建てたの?」とか「なんでここに?」といった驚きがあること間違いなし!!今回はルートや登り方のコツを解説します。

目次

ブータン1有名なお寺"タクツァン僧院"とは?

bhu2009-02.JPG

標高3,000mの山の上にあるタクツァン僧院。その昔、ブータンに仏教を伝え、広めたパドマ・サンババという人物が建立したと言われています。彼がトラに乗って、このタクツァン僧院まで飛んで来たとも言われているため、別名「タイガーズネスト」(トラの巣)と呼ばれています。現在も修行僧がここで日々修行をしています。

ルートサンプル

bhu2009-03.JPG

私が実際に参拝した時のルートを写真付きでご紹介します!

bhu2009-04.JPG

ここがスタートポイント。上にはトイレがないので、ここでしっかりすませましょう。

bhu2009-05.jpg

出発前のティータイム。ブータンですね。

bhu2009-06.JPG

歩き始めのところに馬がたくさんいます。このお馬たちが全行程の半分のところまで運んでくれます。ただし有料です。

足腰に自信がない人は使うことをオススメします!

bhu2009-07.jpg

ここもホーリーポイントなんだとか!?

bhu2009-08.jpg

道は険しい(涙)このような場所も多々あります!むしろ平坦な道はほぼない!

bhu2009-09.JPG

第一チェックポイント!お馬さんはここでお別れです。ここからさらに1時間ほど登ります。

bhu2009-10.jpg

小さくみえてきましたね~!見つけられましたか?

bhu2009-11.jpg

途中何か所かベンチが置いてあります。カラフルな旗(ルンタ)が山の中にたくさんかかっていてとてもきれいです。

bhu2009-12.JPG

写真スポットに到着!まさに西遊記のような世界!

じつはここで終わりではないのです。この時点で標高2,500m。

ラストには鬼の階段地獄があります。けっこう階段の段差も大きく、最後の最後で体力を持っていかれます。ですがここをがんばると、感動の境地を味わうことができるのです!

bhu2009-13.jpeg

滝!私は2月に言ったので、氷になっているところもありとてもきれいでした。

bhu2009-14.jpeg

下に見える小さい建物は昔えらい僧が、瞑想するための部屋として使われていました。

そしていよいよ僧院に到着です!おつかれさまでした!

中の写真をお見せしたいところですが、入る前に荷物を全て預けなくてはいけません。

僧院の中からはとても美しい街並みや自然を見渡すことができ、年季が入った仏像や、珍しいモノを見せてくれます。これは頑張った人だけのご褒美ですね。

リュックの中身や服装は?

リュックの中身

  • 飲み物
    (往復で4時間ほどかかります。水分は必須!)
  • 薄手の羽織りもの
    (山の上は寒いですが、ずっと運動している状態なので暑く感じると思います。着るものでうまく体温調節しましょう)
  • チョコレートなどの糖分
    (体力を使います。エネルギーチャージのために少しもっておくことをオススメ!)
  • タオル
    (汗は必ずかきます)
  • 日焼け止め
    (標高3,000mの日差しはつよいです、、、)
  • 絆創膏
    (足場が悪いため、転ぶことも、、念のためにあるといいですね)
  • お賽銭
    (僧院の中にお賽銭をする場所が何カ所かあります。20Nuや50Nu札を何枚か持っているといいです)
  • 登山用のステック
    (あると結構違います!ブータン人も落ちている木の枝をステック代わりにしている人もいました)

服装

服はできるだけ肌が隠れるものがオススメです。日差しが強いことと、けがを防ぐためです。

また、僧院の中に入るときは露出が多い服は避けなくてはなりません。

互いの文化をリスペクトする心を持ちましょう。

ちなみにブータン人は必ずキラ、ゴを着なければなりません。海外の観光客はそのルールは適用外ですのでご安心を。もしブータン人と同じようにキラとゴをまとって参拝したい方は、リュックの中にいれていくのがベストです。
 
道が悪く、履物は必ず汚れます。登山靴がベストですが、スニーカーでも大丈夫です。

参拝の知っトク情報&注意事項

①登山中の楽しみ方

山を登るということで、苦しいイメージをされている方へ

道中には壮大で迫力のある景色を楽しむことができます。

bhu2009-15.JPG

必ずガイドさんが一緒に同行することになると思いますが、ブータン人はとても親切なので、ゆっくりとお願いしたら合わせてくれます。ゆっくり景色を楽しみながら、楽しく歩いてください。

②〇〇なガイド!?

実は登る際、人間以外のガイドもついてくるのです。

それは、、、、

bhu2009-16.jpeg

犬ガイド!

とても人懐っこい野良犬たちがたくさんいます。私も登っているときに、かわいいわんこが同行してくれました。これもまた一つ励みになりますよ♪

③水にはご注意!

僧院の近くにホーリーウオーターと呼ばれる水がでている場所があります。ブータン人はありがたいお水で飲んでいますが、飲むのはやめましょう。

④僧院に入るとき

荷物は全部預けてから中に入ります。もちろんケータイの使用はできません。預ける前にお賽銭はポケットに入れましょう。

⑤僧院に入ったら

現在も僧が修行をしている場所です。配慮の心をもった振る舞いをしましょう。

また、仏像がある場所でお祈りをします。お祈りのやり方は知らない、忘れたという方は前回の記事を読んでくださいね!

>>>ブータンに来る理由はこれに決まり!?ブータンのお寺巡りツアー

⑥帰路

往路でへとへとになってしまったら、、とお考えの方。

大丈夫です。

帰路は下りなので、往路よりも早く着きます。

往路は登りで腰、膝にくると思いますが、できるだけ荷物を少なくしてゆっくり登ってくださいね。

行った先には感動が待っています。

ブータンのNo.1スポットを、ぜひ自分の力で登り切って、楽しんでくださいね♪

※編集部註:2020年9月現在、ブータンでは新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する入国制限措置及び入国後の行動制限が取られています。在ブータン日本国大使館のホームページなどで最新情報をご確認ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
KaaKo
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/10/01最終更新日:2020/10/01

Views:

ブータンのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.