たびこふれ

【新型コロナ下でのインド旅行】南インドの楽園ゴアへ!<前編:事前準備を徹底解説>

記事投稿日:2020/09/12最終更新日:2020/09/12

Views:

新型コロナウイルスのせいで自粛が続く毎日です。感染者が増加する一方のインドは3か月ほど州をまたぐ移動はできませんでしたが、7月にビーチで有名な南インド・ゴアが「観光客の受け入れを開始する」と発表しました。そのニュースを受け、今回細心の注意を払いながらゴアを訪れてみました!新型コロナの影響が拡大する中での旅行がどんなものなのか、写真とともにレポートします。

目次

新型コロナの状況下で旅行する際のポイント

2020年8月半ば、4泊5日で西インドのムンバイから、南インドのゴアを訪ねました。日本からインドの国際線は停止中ですが、もし近々インドを訪れることがあれば以下のポイントを押さえておいてください。

  • ポイント1:行き先の現状を政府による情報源でしっかりと調べておく
  • ポイント2:飛行機・ホテルは急いで予約しない
  • ポイント3:いつもよりワンランク上のホテルを押さえておく
  • ポイント4:アルコール類は楽しめないと覚悟しておく

それぞれのポイントについて解説します。

ポイント1:行き先の現状を政府による情報源でしっかりと調べておく

「行き当たりばったりの旅」を楽しむタイプの方もいらっしゃると思います。私もそのタイプですが、この状況下では事前の準備とリサーチが命綱です。
2020年8月現在、ゴアで観光をするには下記の事項をクリアしておかなければなりません。

新型コロナPCRテストの陰性証明書の取得(レポート送付から48時間以内のもの)
1泊目のホテルの予約

特に陰性証明書がなければ空港で検査をしなければならず、2週間の隔離対象となって観光できなくなってしまいます。

インドのルールは州ごとに違うので、旅行を計画する前に州政府のHPから最新の情報を取得してください。

ポイント2:飛行機・ホテルは急いで予約しない

インドはよくも悪くもスピード感があり、予期せぬ事態が起こる国です。州が観光客の受け入れを禁止することもありえますし、また旅行前のPCR検査で万が一陽性が出てしまうと全てが無駄になります。

この状況だからか直前でもチケットや宿泊費が急な値上がりすることはなかったので、予約は焦らないようにしましょう。

ポイント3:いつもよりワンランク上のホテルを押さえておく

いつもよりもワンランク上のホテルを押さえるようにしてください。理由は以下の3つです。

  • 5つ星ホテルでも手頃な値段で宿泊できる
  • 高級なホテルはコロナ対策もしっかりしている
  • ホテルにこもる時間が長くなりがち

この時期のゴアは新型コロナに加えてシーズンオフの雨期(6月〜9月)に重なっているせいで、シーズン中の半額程度で5つ星ホテルに宿泊可能です。客数も少ないため5つ星ホテルの手厚いサービスを存分に味わうことができました。

また、高級なホテルはスタッフのマスク着用やサニタイザーでの消毒が徹底されており、対策にとても気を遣っていました。州政府から衛生管理の指導もあるそうです。

後編で紹介する「Planet Hollywood Beach Resort」では消毒液のシャワーまで!

ind_001.JPG

そして、残念なことにヨガやスパ・マッサージ、レンタルバイク、クラブなどゴアならではの娯楽は再開の目処が立っていません。マーケットは開いているそうです。

必然的にホテルで過ごす時間が長くなるので、施設が充実している居心地のよいホテルを取りましょう。

ポイント4:アルコール類は楽しめないと覚悟しておく

ゴアは格安でお酒を楽しめることで有名ですが、現在政府の通達によりホテル(室内でさえも)やレストランでのアルコールの提供が禁止されています。

今のゴアでは「ビーチでお酒」を楽しむことは難しいと覚悟しておいてください。

南インドの楽園、ゴアへ!旅の事前準備

では、いよいよゴアへ!と言いたいのですが、まずはPCR検査を受けなければなりません。ムンバイでは症状がなくても検査を受けることができます。検査結果は実施から2日以内にくるので、フライト予定日の3〜4日前に受けておきましょう。

1日前に検査機関のホームページから予約すると、家に来てくれます。通院の場合はスロットが空いていれば、当日でも予約を受け付けてくれます。

ind_002.JPG

何度受けても苦しい...。鼻と口の奥に綿棒を押し込まれます。検査自体は2分もかからず、すぐに終わりました。結果は2日以内に送付と聞いていたものの、当日の夜にメールで送られてきました。

ind_003.jpg

「ウイルスが検出されませんでした」という表示を確認し、検査結果が有効な期間内のフライトとホテルを急いで予約します。

空港でのチェックは余裕を持って!国内線でも2時間前到着がおすすめ

出発日は念のため2時間前に空港に到着しました。以前賑わっていた空港も、今はお店が閉まっています。

ind_004.JPG

「やっぱりこの状況だと飛行機使わないよな...。」と思っていたら、行列が!みんな考えることは一緒なのでしょうか、意外と移動しているみたいです。

ind_005.JPG

ダウンロード必須のインド政府のコロナ管理アプリ「Arogya Setu」、チケット、パスポートを係員に見せた後に空港内に入ることができます。Arogya Setuは近くのコロナ患者を追跡するもので、このアプリが「You are safe.(安全です)」と表示していなければ空港に入れない決まりだそうです。

荷物を預けてセキュリティゲートをくぐると、搭乗開始まで10分。余裕を持ってきたつもりが意外と押しました。

空港のバーは閉まっているので、売店で買えるノンアルコールビールで乾杯です!

ind_006.JPG

今回利用したインドのLCC「Indigo」では搭乗前には防護服とフェイスガードが配られます。防護服は真ん中のシートの人のみが着るルールだそうです。インドの国内線はすべて、8月現在機内での飲食物の販売がありません。長めのフライトの場合は空港内で腹ごしらえしておいてください。

ind_007.jpg

ind_008.JPG

ゴアに到着!ホテルへの移動は「Goa Miles」が安くて便利

ind_009.JPG

ムンバイから1時間40分、ゴアに到着です!ゴアは実は街ではなく州の名前です。ムンバイは成田からの全日空の直通便があるので、ゴアに行きたい時はムンバイ経由にすると便利だと思います。

そして、空港から出るのも列に並ばなければなりません。係員に陰性証明書を見せると、 幸運にも先に通してくれました。

ind_010.JPG

そして、提出書類に必要事項を記入し、ホテルの予約票を見せれば完了です。陰性証明書がないと空港で検査後、隔離されてしまいます!

ind_011.jpg

もし現地で使える電話番号があるなら、ホテルまでの移動はぜひ「Goa Miles」(iPhone/Android)というアプリを使ってみてください。

空港からのタクシーでは1,300ルピー(約1,800円)するところ、アプリでは380ルピー (約530円)と格安レートで移動できました。

インド現地で電話とインターネットにつながっているスマートフォンがあり、英語がOKでインド人ドライバーとのコミュニケーションが問題ない方におすすめです。(電話がかかってくることもあります!)

Goa Milesのタクシーの多くは空港周りやゴアの州都パナジ周辺に集まっています。今回ゴア南部を旅したのでGoa Milesのタクシーが走っていなかったのですが、カスタマーサービスに電話すると近くのドライバーを呼んでくれました。

インドを旅慣れた上級者向けではありますが、ホテルや空港からタクシーを呼ぶよりは断然安上がりなので、「交通費を節約してその分遊びに使いたい」という方はぜひ試してみてください。

まとめ

2020年8月時点のインドで旅をするためには、事前準備が欠かせません。PCR検査を受け、それからホテルやフライトを予約するようにしてください。

この状況での移動は危険なイメージがありますが、どこもしっかり対策をしていたので、手洗いとソーシャルディスタンスに気をつけてさえいれば必要以上に怖がる必要はないと実感しました。

後編では、ゴアで訪れた5つ星ホテルを写真とともに紹介します。ぜひ、旅行気分を味わってください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
やまもと
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/09/12最終更新日:2020/09/12

Views:

インドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.