たびこふれ

鎌倉観光のあとに...夏の夜を彩る幻想的なライトアップ

記事投稿日:2020/05/29最終更新日:2020/07/03

Views:

こんにちは!また旅にゃんこです。
日没とともに1日が終わる鎌倉観光をもっと楽しみたい方は必見♪夏の夕涼み...鎌倉のライトアップをご紹介します。

目次

1000基の灯籠によるライトアップ「江の島灯籠」

毎年、夏になると江の島は約1000基の灯籠によるライトアップ、「江の島灯籠」が開催されます。
※2019年(令和元年)は8月1日(木)~9月1日(日)に開催されました。

江島神社の参道や、江の島の展望灯台「江の島シーキャンドル」など島内各所に灯籠が飾られ幻想的!

P1200090.jpg

P1200094.JPG

▲点灯は18時から♪日が落ちたら江の島灯籠がはじまります!まだ少し明るいですね。

P1200246.JPG

P1200174.JPG

P1200268.JPG

enosima.jpg

▲各所を彩る灯籠は江の島の成り立ち「江島縁起」という五頭龍と天女の伝説がモチーフとなったものが多く、その伝説を影絵灯籠で再現しています。

P1200134.JPG

▲鎌倉北条氏一門の家紋の三つ鱗のようですね。三つ鱗は北条時政が江ノ島弁財天に子孫繁栄を祈願したとき、女性に変身した大蛇が神託を告げて3枚の鱗を残して消えたと伝えられているとか。その伝説に由来しているんでしょうか?

P1200288.JPG

江の島の冬の風物詩「湘南の宝石」は宝石箱のようなキラキラしたライトアップですが、
夏の「江の島灯籠」は静寂をうつし出す雰囲気が厳かな神社にピッタリですね。

P1200196.JPG

P1200214.JPG

▲散策途中のひとコマ。どこかで花火大会が開催されていますね♪まさかの富士山超え(笑)の大きな花火!富士山に花を添えているみたいでキレイですね♪

日没まで...ちょっとひと息♪古民家カフェ「vuori(ブオリ)」

長谷寺の近くにある古民家風のカフェで落ち着いた雰囲気♪夏期限定のかき氷もあります。

ブオリ.jpg

さっそく限定の珈琲ミルク氷をオーダー♪中にコーヒーゼリー入ってる!夏の涼といったら、やっぱりかき氷が一番!

>>>vuori公式サイトはこちらから

夏の終わりのライトアップ「かまくら長谷の灯かり」

夏の終わりには江の島だけでなく、鎌倉の長谷や極楽寺あたりの8つの寺社も一斉にライトアップされます。「かまくら長谷の灯かり」も幻想的でオススメです!

P1190844.JPG

▲開場の時間はまだ明るかった...!

P1190889.JPG

▲大仏ライトアップ

P1190942.JPG

P1190917.JPG

▲長谷寺では入り口で提灯が貸し出され、提灯をもってライトアップされた境内を楽しみます。

P1200002.jpg

▲御霊神社

P1200028.JPG

P1200030.JPG

▲極楽寺 蓮の光というのがお寺っぽくて良いですね

2019年(令和元年)は8月19日(月)~25日(日)に開催されていました。
※「江の島灯籠」と「かまくら長谷の灯かり」は開催期間が異なります。最新の情報は公式サイトなどでご確認のうえお出かけください

いかがでしたか?今回は幻想的な鎌倉のライトアップをご紹介しました。
浴衣や甚平で歩いている人もいるので、せっかくなら夏らしさを楽しんではいかがでしょうか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
また旅にゃんこ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/05/29最終更新日:2020/07/03

Views:

神奈川のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.