たびこふれ

タンザニア旅行に役立つプチ情報~乗り物編~

記事投稿日:2020/02/24最終更新日:2020/02/24

Views:

日本を出て海外の地を旅する...ワクワクする反面、ちょっと怖く感じたりしませんか?未知な世界は誰でも少し不安に思いますよね。旅行の準備の際に、情報も仕入れておくと安心かもしれません。そんなタンザニアに興味のある方へ、役立つプチ情報をお届けしたいと思います!

今回はタンザニアの移動手段についてお伝えします。

目次

タンザニアの乗り物 

観光スポットの下見はバッチリ!あとはどうやって行くかだけ...。旅先で必要になるのが移動手段の確保ですよね。

ではまず、タンザニアの乗り物の種類を確認しましょう。

1. ボダボダ(バイクタクシー)

発展途上国に多いようですが、ここタンザニアにもバイクタクシーがあります。車では入れないような細道も、バイクならスイスイ、値段も安い!という利点があります。郊外ではバイクしか交通手段がない、と言うこともあります。距離にもよりますが、1,000tsh(50円)~になります。

写真②.JPG
<安くて速いバイクタクシー、ボダボダ>

欠点はあまり安全でないということ。予備のヘルメットを常備していないバイクも多いので、ノーヘルで乗車しなければいけないこともあります。都市部のダルエスサラームではもともとの交通状況が悪い上に、ルールを無視するバイクが多いので、事故に遭う確率が高くなります。また、命を失う危険性が最も高いのもバイクになります。

短距離や細い道を行く際に利用できるかもしれませんが、安全にはくれぐれもご注意ください!

写真③.JPG
<事故にご注意!>

2. バジャジ(三輪タクシー)

数人で旅行する際に便利なのが、三輪タクシーです。スワヒリ語ではバジャジですが、インドなどではトゥクトゥクと呼ばれているようです。原付バイクに箱をかぶせたような作りで、可愛らしいフォルムをしています。お値段は2,000tsh(100円)~、距離によって変動します。

写真④.JPG
<可愛らしいバジャジ>

頑張れば4人まで乗ることができます(田舎であればもっと乗れるようです)。中距離~短距離の時に手軽に利用できます。バジャジステーションや通りかかったバジャジに声をかけると、どこに行きたいのか聞いてくれます。料金は乗る前に交渉しないと、言い値で払わされてしまいますので、必ず乗り込む前に確認しましょう!

最近では、「UBER(ウーバー)」というアプリで呼ぶことが一般的になってきました。これはまた後程詳しく説明します。

3. バス/ダラダラ

市民の味方、格安のバス。ダルエスサラームでは、3種類のバスがあります。1つずつ特徴を挙げてみます。

いわゆる市バスです。これは各都市で走っていますが、ダルエスサラームが一番発展しており、市内中を駆け巡っています。初めての場合は乗務員さんに、目的地をよく確認しましょう。料金は基本的に一律400tsh(20円)で、長い距離を行く場合は600tsh(30円)以上になることもあります(2020年1月現在)。

別の記事でダラダラの乗り方をご紹介していますので、そちらをご覧ください!

>「タンザニアでダラダラに乗ってみよう!」はこちら

写真⑤.JPG
<ダラダラに乗ってみよう>

  • 快速バス

ここ3,4年前に出来た、青色が爽やかなバスです。専用路があるので、渋滞知らずで目的地に着くことができます!ただ路線が限られているので、主要な所しか行けません。料金は一律650tsh(33円)で、2時間乗り放題(途中下車無効)です。各バス停に窓口があって、そこでチケットを買う仕組みになっています。

写真⑥.JPG
<快速バスチケットを買う人々>

  • 長距離バス

タンザニアの国土は日本の約2.5倍に相当し、雄大な大地を所有しています。各都市に移動する時に地元の人が使うのが、長距離バスです。ダルエスサラームでは、UBUNGO(ウブンゴ)というバス停から乗ることができます。時間はかかりますが、アフリカの大地をのんびり眺めることができ、癒されます。時間に余裕のある方にはおススメの移動手段です!

スリや置き引きに気を付けることと、トイレが荒野の場合がありますので、紙やウエットティッシュなどの準備をしておくとバッチリです!

写真⑦.JPG
<地元の人が使う長距離の移動手段>

4. タクシー

一番多く使われるのが、やはりタクシーです。一般的なタクシーは、白い車体に緑色か黄色のラインが特徴で、上には「TAXI」というサインが載っています。ですがこのタクシー、泥棒も混ざっています。走っているタクシーを呼び止めて乗るのは危険です!一番いいのは会社や友人など信頼できる人から予約してもらう、そうできない場合はタクシー乗り場に止まっているものを使うと比較的安全です。

先述したアプリ「UBER(ウーバー)」で安全にタクシーを使うことができます。次の項目でじっくり説明いたします!

写真⑧.JPG
<信頼できるタクシーを使いましょう>

5. フェリー

ダルエスサラームからザンジバル島に行く場合、飛行機の他にフェリーを選ぶこともできます。1日4便出ていて、約2時間ほどの海の旅になります。往復で70ドル~、船着き場の窓口かネットでチケットを購入できます。窓口付近では、ぼったくりチケット売りがいますので、彼らから買わないように気を付けてください。

ちなみに酔いやすい筆者はフェリーでは毎回病人のようになるので、30分で着く飛行機の方を利用しています。シーズンオフには飛行機の方が安くなることもありますので、要チェックです!

写真⑨.JPG
<フェリーの旅>

6. 鉄道

タンザニアには電車や地下鉄はありませんが、鉄道が走っています。ダルエスサラームには2種類ありまして、1つは首都ドドマを通って西部のキゴマまで行ける中央線、もう1つが南西のザンビアへ行けるタンザン線です。このタンザン鉄道が世界的には有名で、鉄道好きな海外旅行者に人気のようです。タザラ駅の窓口でチケットを買えます。外国人は寝台車を利用するのが一般的です。

ちなみ筆者が利用した時は、バスで12時間の道のりを24時間かけて帰る予定が、実際には40時間以上かかってヘトヘトになってしまいました...。真の鉄道好きな方へおススメします!

写真⑩.JPG
<のんびりゆっくりの鉄道>

「UBER(ウーバー)」の使い方 

先ほどからちょこちょこ話題に出てきている「UBER(ウーバー)」。このアプリは安全にしかもお得に移動できてしまうという、とっても便利なツールなのです!!!

ウーバーとは、もともとはアメリカで始まった配車サービスです。現在では85か国で使えるようになっています。実は日本のいくつかの都市で利用可能なようですね。正規のタクシーではなく、一般車が利用されています。

筆者は日本で使ったことがないのですが、タンザニアでは必須のアプリとなってきています。その理由をお伝えしましょう!

写真⑪.PNG
<タンザニアで便利なウーバーアプリ>

1. 信頼できる

何と言っても安全第一の海外旅行。それでも安全なタクシーを選ぶ、というのは至難の業ですよね。ここタンザニアではウーバーは信頼性の高いタクシーと見られています。理由は会社によって運転手の身元がきちんと登録され、万が一何かあっても会社に直接連絡を取ることができるからです。

2. 値段が安い

個人タクシーを利用した時と、段違いの安さで乗れるんです!筆者が初めてウーバーを利用した時、いつもの半額で乗れてしまった衝撃は今でも忘れられません...。

3. 値段交渉しなくていい

普段は騙されないために乗車前に値段交渉するのが基本なのですが、このウーバーではその必要がありません!最後にアプリから乗車料金を確かめることができ、騙されることもありません。外国の地で騙されないよう神経をすり減らさずに済むのは、海外旅行者にとってありがたいことですよね!

写真⑫.JPG
<三輪タクシーもウーバーで呼べます>

では、そんな便利なウーバーの利用方法をご紹介します。

1. アプリをダウンロードする

まずは携帯にダウンロードしましょう。ストアから選んでもいいですし、もし周りにウーバーを使っている人がいれば、その人のアプリからリンクを送ってもらうといいでしょう。このリンクからダウロードすると、送った人も受け取った人も、無料乗車券をもらうことができます!

2. 登録する

アカウントを作ります。必要な情報(氏名・電話番号・メールアドレス)を入力します。メールアドレスを入力しておくと、ウーバー利用後にレシートを送付してくれます。

(日本で登録しておくと便利です)

3. 使用してみる

では早速タンザニアでレッツトライ!!まずはネットがないとつながりませんので、海外でも使える契約にしておくか、公共のWifiを利用してください。

まずは行先に、住所か目印となる場所を入力→バイク・バジャジ・車のどれかを選ぶ→乗車位置の入力→お迎え...という流れになります。

写真⑬.PNG
<乗り物を選ぶことができます>

乗り物を選ぶときに、右横に予測料金が出てきます。この予測料金よりも高い値段は言われませんので、安心です。

ご利用時の注意点を幾つか挙げておきますね。

・地図を使い慣れていないタンザニア人が多いので、口頭でどこに行くか言わなきゃいけないこともあります。

・予測料金が出る前に乗り物を選んでしまうと、事後計算となり高くなることがあります。

・乗車位置はなるべく分かりやすい所を選ぶと、スムーズにいきます。

・お迎えの時に、車のナンバーと車種、運転手の名前が表示されます。必ずナンバーが合っているか確認してください。

・降車時にアプリ上に料金が表示されます。それから支払いとなります。

アプリを使うということは、道端で携帯を確認しなければいけない、ということになります。周りによく気を配って、携帯を盗られないように気を付けてください。

また、携帯をずっと見て立っていると、ウーバーを待っていることがバレて、ウーバーの振りをした車が近づいてくることもまれにあるようです。周囲の様子を敏感に察知して、安全には十分ご注意ください!

写真⑭.JPG
<携帯を使う時には、周りの状況を確認しましょう>

最後に

今回は、お役立ち情報~乗り物編をお届けいたしました!

どの乗り物を使うにせよ、いつも笑顔で人々にあいさつするようにすると、いざという時に皆よく助けてくれます。外出が増えれば、地元の人たちと交流する機会が増えるはず。身の安全に注意しつつ、ぜひ異文化交流を楽しんでください!

この記事が、皆様のお役に立つことを願っています。安全にタンザニア旅行をお楽しみください!

写真⑮.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
Miyuki Meta
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/02/24最終更新日:2020/02/24

Views:

タンザニアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.