たびこふれ

姫路セントラルパークのサファリで心のオアシスに出会う日帰り旅!

記事投稿日:2019/11/06最終更新日:2019/11/06

Views:

目次

先ずは『姫セン』への心構えをレクチャーしちゃいます

この夏、関西地区(他の地域でも放送されているのかな?)で、みなさんの心を鷲づかみしたCMと言えば、このCMでは無いでしょうか?そう『姫セン』こと、『姫路セントラルパーク』のCMです。流行の??自虐CMに。興味を持たれた方も多かったと思います。ぜひ、下記リンクをご覧頂き、心の準備運動を。。。。

>姫路セントラルパークの公式サイトはこちら

ライオン横顔.JPG

夏の夜の夢!姫センナイトを攻略してみよう

夏の姫センがお薦めな理由は、何より営業時間が長いので、(9月以降にも一部ナイター営業有)長く滞在できるのです。早起きが苦手な方も、安心ですね!そして、夜には、人気のナイトサファリが2019年の夏期、2019年7月13日(土)~9月1日(日)までの夏休みの週末を中心に開催されました。

さらに!!大好評のプールから花火を見ることが出来るんです!!ほっこりしてるのにキラキラばえ確実の『ナイトプール』も、姫センの夏ならではのイチオシです。

>姫路セントラルパーク 2019年夏のイベント特設ページはこちら

花火.jpg

お気づきでしょうか?そう。この夏のナイトサファリ期間は、概ね青春18きっぷの夏の利用期間に重なっているのです。大阪駅から姫路駅は、往復3,040円。青春18きっぷが5回分で(※2019年夏期分)12,050円で1回につき2,410円で、所要時間も1時間5分~30分位ですからちょうどお手頃なJR旅がお得に楽しめますので、個人的にお薦めの季節です。

トラバス.jpg

ちょうどいい!結構いい!姫センのサファリ!

あとは、人気のSAFARI THE RIDEの予約です。

>姫路セントラルパークのSAFARI THE RIDEの詳細はこちら

予約さえ取れれば(激戦ですが)えさやりも出来ちゃいます。今年から冒険ライドが登場し、更に楽しさ倍増となりました。 限定予約なので、販売が始まったらお早目にご予約しちゃいましょう(しかし取消は出来ないので、日程調整は充分にしておきましょう)。

オリトラ.JPG

おすすめの流れとしては、少し早目に来園し、先ずはゆっくり通常のサファリも楽しんでいきましょう。 姫路駅からのバスの時刻表は下記です。(あ、私は、ノーマイカーなのです。)

>姫路セントラルパークのアクセスガイドの詳細はこちら

そして、姫路セントラルパーク行きのバスが到着するのは遊園地側ですので、サファリバスの時刻表の確認も必須です。
エントランス入ってすぐの窓口で、サファリバスの券を購入します。通常のサファリバスは、指定席です。

>姫路セントラルパークのサファリバスの詳細はこちら

熊バス.jpg

これは通常タイプのバスです。それでも気持ちが盛り上がりますよね。まずは大きめの窓からドライブスルーサファリからまわります。ワクワクドキドキですね。 いきなり猛獣さんたちのいるゾーンから始めりますから、ぼんやりしていられません。 去年は猛獣さんたちは眠たそうにのんびりしていたのですが、今年は(たまたまかも知れませんが)冒険ライドの影響かお昼からも活動的な気がしました。

ゆっくり解説を聞きながら、運転者さんの機転もあったりして、じっくり色んな動物を楽しめます。 姫センのサファリは緑や岩場があって美しいけれど、大きすぎない(ここは、大きな声で。色んなサファリを巡った友人調べ)ちょうどいいサイズなので動物さんたちが遠過ぎないのです!!

お昼寝.jpg

しまうま.JPG

しかしながらキリンさんや象さんは、バスの窓からですと少し見えにくい所もあるのですが、 ドライブスルーサファリが終了しましたら、そのままバスに乗って遊園地に戻るコースと、ウォーキングサファリやゴンドラでじっくり、動物たちを間近に見ながら下山する事も選べますので、まずは遠めからの自然の中で悠々としたお姿??を楽しみ、心をゆったり寛がせましょう。

入り口 (1).jpg

サファリバスのバス停を降りましたら、私のお薦めは(体力のある方は)楽しそうな声が聞こえるチャイルズファーム(ふれあいの国)を横目に階段を降り、 ここからは楽しい楽しいウォーキングサファリ(野生の国)へ。 (お疲れの方は、そのままバスに乗って遊園地側に戻る事も。少しだけダニエリでお茶したり、お土産を見て休憩する事も出来ます。)

まずは、人気者過ぎてエゾヒグマさんにあやかった熊神社。残念ながら今日はおみくじ(好きなんです)は売り切れでした。 餌やりも出来ます。餌やりは時間指定の動物と、現物限り?の動物がありエゾヒグマは餌の販売があればあげれるので、せっかくなら餌やり1回はしたい方にはお薦めです。

>姫路セントラルパークの楽しみ方の詳細はこちら

熊神社.jpg

c60ec76316a402a0c442918da7410b43-thumb-700xauto-139201.jpg

ふれあい。それは癒しの楽園

野生の国でも鳥さんや小動物たちがいるエリアは、植物園の様な雰囲気でふれあいは難しくても、かなり近くでそのお姿を見る事が出来ます。(殆どの動物が放し飼いの為)嬉しいですね。 『鳥さんの声、案外甲高いな。。』とか。
そしてご自身のペースでぐるーんとウォーキングサファリを堪能しましたら、 スカイサファリに乗って姫センの全体像を見ながら(近くもいいですけど、遠くも全体を俯瞰できて、動物同士の関係が垣間見えたりして、おもしろいです)移動します。空から見れるサファリも、姫路の街もとてものんびりしています。

クジャク.jpg

ミーア.jpg

そして、ふれあいの王道??ふれあいの国(夢の国。。)チャイルズファーム。ここでは大人も童心に戻って許されます。 『羊さんって立ち姿が男前だよね(男女の別は不明)』と、新鮮な驚きにあふれてたり。 ここは直接ふれあえる動物さんもいますよ。1番人気はカビパラさん。だらーんと寝転んでいるお身体を、なでなで(案外、チクチクします)させて頂ける有難さよ。 他にも意外な動物さんたちが待っていて(行ってみてのお楽しみ)ふれあえると、より気持ちも優しくふわふわしてきます。

羊.jpg

カピバラ.jpg

そして、この可愛い(私が激推しさせて頂く)お土産!!めちゃLOVEシリーズです。 さっき、カビパラさんが1番人気!といったのは雰囲気では無く、このめちゃLOVEシリーズの1番人気がカビパラさんだからです。(ダニエリさん店員さん調べ)売り切れでした。
まぁ私はライオンはですけど、次回はカビパラさんも追加したいです。 ここでお土産買ったり、ちょっとお茶したり休憩も出来ます。姫セン全体を見おろせて、景観が最高なのです。まさに姫路の殿様気分です。

お土産.jpg

中から覗く!檻体験しましょう

さてさて!お待ちかねの檻体験です。中から覗くとこんな風です。ライオンさんの気持ちに、、、なれる、、、かな。 場所は自由なので(立ったまま)お好きな角度から、猛獣の気持ちを追体験?できます。でもあんまり動き回ると危ないですし、車酔いしてしまったり、暗い中なので周りの人も驚きますからほどほどに。暗過ぎてよくわからないかも知れませんが雰囲気だけでもどうぞ!!

檻.jpg

檻シマウマ.jpg

ちなみに乗車?前にこんなお写真を撮影して頂けます!!私は、今回2回目なんですけど(ちょっと自慢)2回ともヘビさんを巻いています。案外こうひんやりしっとりしていい感触です(個人の所感です)。
一緒に行った女子たちには『ありえない~』とか『無理。無理~』とか言われましたけど、私はむしろ巻かずにはいられない程度には、気に入っています。 諸事情で顔を塗りつぶしましたが、この下はいい笑顔なんです。ヘビさんを巻かれると思わず笑っちゃいます。

記念写真.jpg

夜のサファリを薦めておいてなんですが、写真は素人カメラもよくあるデジカメと携帯なのでぼやっとした仕上がりです。動物さんたちに向けてのフラッシュは厳禁です。 きっといいカメラだと違うと思うのですが、、あとライトがあたる所ですね。大体途中で撮る事を諦めて、心のアルバムに残そうと必死になります。凝視です。 夜のサファリの雰囲気は最高ですし、時に少しぼんやりした灯りで怖さもやわらいだり、盛り上がったりします(不思議と、どっちの効果もある気がします)。

オリライオン.JPG

これは、ライオンさん用のお肉。このお肉を求めて、ライオンさんが檻の上に乗ると、だらだらと涎の雨が降りそそぎますので、ご注意です。『あぁ、なんかかわいい~とか言ってたけど、がっつり肉食なんだな』と少し現実に帰る心の準備も出来てしまいます。

お肉.jpg

姫センサバンナを走り抜けて。

今回は姫路セントラルパークのサファリで、大人の日常のお疲れを癒す日帰りマイプランを紹介してみました。 毎回入場券(サファリもセットなので)ちょっと高いかなぁ、、って思うんですけど、帰るときには『そりゃそうだよ!この広さと動物さんたち。。』とのびのび過ごす動物さんたちのエサ代やお世話代に思いを馳せては反省します。

『ここをまもる為なら、そりゃこれ位は必要だわ』と。

>姫路セントラルパークのチケットの詳細はこちら

忙しい日常から少し抜け出したくなったなら、出かけてみませんか?
ここには、のんびりした姫センサバンナと広い空が広がっています。(こんなにかわいい自販機も!)

自販機.jpg

施設情報

姫路セントラルパーク

プロフィール画像
この記事を書いた人
とうもと くみ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/11/06最終更新日:2019/11/06

Views:

兵庫のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.