たびこふれ

海の幸だけじゃない!シチリアの山の食文化の魅力をご紹介

記事投稿日:2019/11/17最終更新日:2019/11/17

Views:

「シチリアは海に囲まれているからシーフードが美味しい」...確かにそうです。ですが、シチリア島の大自然、そしてエトナ山の恩恵を受けた肥沃な大地のおかげで、実は山の幸もとっても充実しています。今回は旅行本や雑誌などではあまりスポットライトが当たらない、山の食文化の魅力をご紹介します。

目次

山の食文化

地域差はあると思いますが、大まかに言うと、お肉やチーズ、きのこや様々な野菜、オリーブ、豆類などです。

新鮮な野菜やきのこで作ったアンティパストはどれも絶品。グリルやフリットなど、調理法はさまざまですが、どれも優しい味付けで素材本来の味を楽しめます。

シチリアのチーズといえば、代表的なのはリコッタチーズやペコリーノチーズ、カチョカヴァッロチーズなどです。熟成度や調理法などの違いにより、1種類で何度も美味しいチーズたちです。

ita1910-02.jpeg

お肉では特に、シチリアの土着種「ネブロディの黒豚」が非常に有名。エトナ山の北側に広がる、ネブロディ山脈地域で主に飼育されている黒豚で、Suino nero dei Nebrodi(スイーノ・ネーロ・ディ・ネブロディ/ネブロディの黒豚)と呼ばれます。広い敷地内でほぼ放し飼い状態で飼育される黒豚は、一般的な豚肉に比べて赤身の色が濃く、良質で甘みのある脂身が特徴です。

一時絶滅の危機に瀕したこちらの品種は、管理の上で飼育されている現在でもわずか2,000頭ほど。かなり希少な黒豚で、シチリア島内でもあまり出回りません。生ハムやサラミはもちろん、炭火で豪快に焼いたお肉も、機会を見つけて是非とも味わって頂きたいブランド豚です。

さて、このような山の幸を使った料理を、順番に見ていきましょう。

前菜(アンティパスト)

前菜の例をいくつかご紹介します。言うまでもなく、数多くある料理のごくごく一部です。

ita1910-03.jpg

チーズとプロシュットの盛り合わせ。これとワインだけでも幸せですね。

ita1910-04.jpg

自家製リコッタチーズ。この写真のリコッタは、その日の朝に作ったフレッシュなものです。あっさりしていて、なめらかな舌触り。いくらでも食べられそうです。そのまま食べるほか、オーブンで焼いたものもまた違って美味。

ita1910-05.jpg

ita1910-06.jpg

きのこのソテー、ひよこ豆の煮込み。素材の味を大事にするとはこのこと。シンプルで優しい味付けです。

ita1910-07.jpg

忘れてはならない、自家製のオリーブ。

ita1910-08.JPG

カチョカヴァッロチーズをのせたブルスケッタ。ワインとよく合い、ついつい手が伸びてしまいます。

プリモピアット

よく出されるプリモの例を2つご紹介します。

ita1910-09.jpg

1つ目は、シンプルなトマトソースのマッケローニ。全国的に、マッケローニは穴のあいた筒状のものが主流ですが、シチリアの特に内陸の方では、穴が開いていない棒状のマッケローニも食べられています。穴が開いていない分、もちもちとした食感です。

ita1910-10.jpg

2つ目は、シチリアのピスタチオを贅沢に使ったラビオリ。クリーミーなソースとピスタチオのほのかな甘みが絶妙なバランスです。

セコンドピアット

セコンドには豪快にお肉を頂きます。

ita1910-11.JPG

上の写真は、前述したSuino Nero dei Nebrodi(ネブロディの黒豚)とサルシッチャ(ソーセージ)の炭火焼。

ita1910-12.jpg

こちらは瓦で焼いたサルシッチャ。焼き方も様々です。

どんなところで体験できる?

ita1910-13.JPG

山の食文化を体験するには「アグリツーリズモ(Agriturismo)」が便利です。農業(Agri-)と観光(turismo)がセットになった施設で、気軽にイタリアの田舎体験ができると大人気。シチリア島内にも本当にたくさんのアグリツーリズモが存在します。その他、ワイナリー併設のレストランでもよいでしょう。

アグリツーリズムにもよりますが、決まったメニューはなく、席につくと前菜からどんどんテーブルに運ばれてくる形式のレストランも多いです。前菜だけでもお腹いっぱいになるぐらいの量なので、ランチの場合、朝ごはんは軽く済ますようにしましょう(むしろ抜いてもいいです)。

さいごに

シチリアの山の食文化、いかがでしたか。観光に加えて、シチリアの海の幸と山の幸の両方のグルメを堪能しようと思うと、できれば1週間は欲しいところ。また、内陸に行けばいくほど交通の便が悪いところが多いので、時間に余裕をもったスケジューリングが大切です。
シチリアグルメを満喫する旅の計画を、今から立ててみませんか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
サエコ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/11/17最終更新日:2019/11/17

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.