たびこふれ

タイ最高峰のスパ体験!パークハイアットバンコク「PAÑPURI ORGANIC SPA」

記事投稿日:2019/09/22最終更新日:2019/11/06

Views:

タイに行ったら一度は受けたいマッサージ。街中?ホテル!?どこにする!!?どう違うの??

今回は極上のスパ体験が出来る、PARK HYATT BANGKOKのパンピューリ・オーガニックスパを体験・取材してきました!

目次

パークハイアットバンコク「PAÑPURI ORGANIC SPA」はこんなところ

nTHI1908-02.jpg

2017年5月にオープンしたパークハイアットバンコク。英国大使館跡地に建つ複合ビル「セントラル・エンバシー」の上層階がホテルです。

THI1908-03.JPG

nTHI1908-04.jpg

パークハイアットバンコクの大まかなフロア案内は以下の通り。

  • 1階:エントランス
  • 10階:ホテルロビー、「The Bar」、「Embassy Room」
  • 11階:「PAÑPURI ORGANIC SPA」、フィットネスジム
  • 12〜33階:宿泊ルーム
  • 34〜36階:「Penthouse Bar+Grill」

他のパークハイアット同様、館内には数々のアートが展示されていて、まるで美術館のよう。10階のホテルロビーからは大使館が点在する、プルンチットエリアの景色が見渡せますよ。

スパへはホテルロビーから専用エレベーターに乗り換えて11階へ移動します。

THI1908-05.JPG

エレベーターを降りるとスパに向けての気持ちの高まりを落ち着かせるかのような、長い廊下が非日常へと誘います。

受付を済ませた後、ソファで頂くウェルカムドリンクがこちら。

nTHI1908-06.jpg

フラワーモチーフのサイドテーブルにローズの香りがするピンクのお茶♡

女性なら誰もがテンションが上がるはず!

ソファの前にはPAÑPURIの商品がずらりと並んでいて、受付で購入可能です。

THI1908-07.JPG

THI1908-08.JPG

スパが始まる前から、帰りに何を買おうかと更に気持ちが高まります。(笑)

THI1908-09.JPG

スタッフに誘導され、螺旋階段を1フロア降りてトリートメントルームのフロアに移動。

THI1908-10.JPG

全体で472平方メートルと広い空間にはカップルで施術を受けられるスイートルームが2部屋あります。

パークハイアットとパンピューリのミニマムでエレガントなイメージを踏襲した、落ち着いた空間。

THI1908-11.JPG

ところどころに活けてある生花は日本人のフラワーデザイナーによるものだそう。

nTHI1908-12.jpg

nTHI1908-13.jpg

こちらが1名用の個室。それぞれの個室にシャワールームや洗面台が♡

アメニティはもちろん全てパンピューリ。タオルなど肌に触れるものは全てオーガニック素材から出来ていてふかふかです。

THI1908-14.JPG

THI1908-15.JPG

カップルで施術を受けられるスイートルームがこちら。

施術用ベッド2台、タイ古式マッサージ用のマット2枚にソファ、更にシャワールーム、お手洗い、洗面台とかなりゆったり広々・・・♡

THI1908-16.JPG

トリートメントは30分のエクスプレスコースからありますが、全てのトリートメントが足湯から始まるそう。フットスクラブ、レモングラス、ジャスミンなどのハーブも全てオーガニック。ネックピローも同時に着けて体の内部からじんわり温まっていくのを感じます。

このフットスパの時間は施術時間外、トリートメント前に気持ちを落ち着けて欲しいという気持ちで行っているそうです。

THI1908-17.JPG

今回私がお願いしたコースは、LEERA ROYAL THAI MASSAGEという60分のコース2,500THB(=約9,000円/税・サービス料別)。いわゆる、タイ古式マッサージです。

担当して下さったセラピストの方はバンコクの複数の高級ホテルのスパで働いた中で、オーガニックにこだわり、高品質なサービスを提供するパンピューリに共感してここで働き続けているそう。温かい笑顔とは裏腹にびっくりするほど指圧が強く、まさにゴッドハンド!60分しか時間が無いからと次々とポイントを押さえたマッサージをしてくださり、レベルの高さを感じました。日本人も頻繁に来るので、「イタイ」「コッテル」など簡単な日本語も使っていましたよ。

最後はタイ古式特有のストレッチをしてトリートメントは終わり。安定感抜群で、何事も一生懸命対応してくださる姿に思わず応援したくなりました・・・♡

nTHI1908-18.jpg

施術終了後は明るい日差しが差し込むサンルームでオーガニックのパパイヤとロータスティーを頂きながら余韻に浸れます。

THI1908-19.JPG

至れり尽くせりでまさに天国!暫く寛いだ後、階段を登って受付へ。

スパメニューと予約方法

THI1908-20.JPG

こちらのスパはメールでも予約可能です!(panpuri.parkhyatt@panpuri.com 英語、タイ語で対応)以下内容をメールで送り、折り返しの連絡を持って予約完了です。

公式ホームページにコースと料金が掲載されています!

  • [件名]: About my resevation(お名前)
  • Date(日付):
  • Time(時間):
  • Treatment(施術内容):
  • No. of guest(トリートメントを受ける人数):
  • Treatment room(single/double)(施術室の希望1名用/2名用):
  • Preferred Therapist(Male/Female)(施術者の性別の希望 男性/女性):

性別問わず予約可能、特に金曜から週末にかけては地元で働く人、ホテル滞在者で混み合うようなので事前に予約をした方が確実です!

パークハイアットバンコクへの行き方

nTHI1908-21.jpg

パークハイアットバンコクがある複合施設「Central Embassy(セントラル・エンバシー)」はBTSのPholen Chit(プルンチット)駅直結。

Chit Lom(チットロム)駅から駅直結の複合施設「Central Chit Lom(セントラル・チットロム)」の中を通り、「セントラル・エンバシー」に行くことも可能です。

nTHI1908-22.jpg

時期によっては突然スコールが降り出すこともあるので駅直結は有難い!

「セントラル・エンバシー」はハイブランドのテナントが入る他、カフェやレストランも充実しているので、是非併せて訪問してみてくださいね!

まとめ

nTHI1908-23.jpg

タイのマッサージの料金相場(1時間100THB(=約360円)からマッサージが出来る場所はあります)にしてはお値段お高めですが、クオリティやサービスを踏まえると、かなりお得に感じてしまう「パンピューリ・オーガニックスパ」。

ホテルに入った瞬間から非日常的な空間が広がり、スタッフの温かいおもてなし、確かなスキル、スパの内装から肌に触れるもの全てハズレが無く、五感が大満足する経験が出来ますよ♪

せっかくタイに来たんだから、安心して最高のスパ体験をしたい!そんな方に特にオススメです。

※現地通貨タイバーツ(THB)の日本円両替レートは、2019年11月現在のものです(1ルピア=約3.6

PAÑPURI ORGANIC SPA at Park Hyatt Bangkok

プロフィール画像
この記事を書いた人
ゆりさん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/22最終更新日:2019/11/06

Views:

タイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.