たびこふれ

【ブラジル】最も美しい日系人女性「ミス・ニッケイ」の裏側を教えます!

記事投稿日:2019/09/19最終更新日:2019/11/18

Views:

ボン・ジーア!ゆまです。

日本の7月は夏真っ盛りの猛暑ですが、ブラジルの季節は反対なので冬です。

そんなブラジルで冬の風物詩となったのが、国外では世界最大規模の日本祭りである「フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭り)」です!

今年もサンパウロ市で7月5、6、7日の3日間かけて開催されました。

そこで目玉イベントの一つが、ブラジル全土から集まり「今年最も美しい日系女性」を決める「ミス・ニッケイコンテスト」。今年も18人が参加し、厳選な審査の結果、最も美しい日系ブラジル人女性が決定しました。

目次

写真②.JPG

ミス・ニッケイとは?

サンパウロ州サンパウロ市で行われる「フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭り)」。

そこでは、前哨戦として北から南までブラジル全土で行われた、各地のミス・ニッケイの優勝者が集まり、その美しさを競い合います。

過去のミス・ニッケイを含めた審査員10人以上が様々な観点から得点をつけ、最も得点の高かった女性がその年のミス・ニッケイとなります。

写真③.JPG

ショーはこんな様子!

ミス・ニッケイでは、水着、ドレスを着て舞台上をウォーキングし、容姿、スタイル、ウォーキング、ポージングなど総合的な観点から得点を競います。途中には、自己紹介や特技のアピールなども。出場者の年齢は10代~30代と幅広いですが、20代前後が中心。中には家族や友人らが応援に駆け付け、歓声を上げたり、紙吹雪を撒き演出を手伝う人もいました。

写真④.jpg

今年の優勝者はアマゾン地域の美女!

今年優勝したのは、アマゾン川が流れるアマゾナス州から参加したMarjorie Honda De Moraesさん!なんと、本物のモデルさんだそう。彼女には、賞金5,000レアル(約15万円)やホテルの宿泊券、ブラジルと日本の往復チケットなどが渡されました。

写真⑤.jpg

ハーフが席巻するミス・ニッケイコンテスト

今回優勝したMarjorie Honda De Moraesさんを含め、現在、ミス・ニッケイコンテストに出場する半分以上の人が日系人と非日系人のハーフです。昔は、その容姿から「日本人のみのコンテストにするべきでは」という意見もあったそうですが、実現はしなかったそう。親が日系人同士でも、日系人と非日系人のハーフでも、同じように日系人というアイデンティティを持っているので当然だと言えますね。

写真⑥.jpg

ミス・ニッケイの魅力にブラジル人もクラクラ!

親日の人が多いブラジルでは、日系人だけでなくブラジル人もその美しさを見るために、ショーに訪れています。私がショーの写真を撮影していると、一人のブラジル人男性が「なんて美しいんだ!彼女に決まり...いや、彼女も美しい!」と興奮しながら話しかけてくることも。

写真⑦.jpg

まとめ

「フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭り)」には多くのブラジル人、日本人が訪れ、毎年約19万人の集客があるので一見の価値はあると思います。その中の「ミス・ニッケイコンテスト」も是非注目し、彼女たちの美しさを堪能してください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ゆま
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/19最終更新日:2019/11/18

Views:

ブラジルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.