たびこふれ

イタリア・フィレンツェで快適にWi-Fiを使うには?安全対策も紹介

記事投稿日:2019/08/15最終更新日:2019/08/15

Views:

花の都、イタリアはフィレンツェ。世界遺産となっている建物も多く、至るところで写真を撮りたくなるほど素晴らしい建築や風景が魅力の都市です。さらに、感動が覚めやらぬうちにその場SNSへ投稿したい!と感じるときもあるはず。こんなとき、フィレンツェのWi-Fi状況を知っておけば便利に感じられることでしょう。

また、フィレンツェに限らず海外の知らない街を歩くときは地図を確認したり、翻訳ソフトを使ってみたりとインターネットが大活躍。イタリアのように英語がメインではない場所へ行くと、何かと分からないことに遭遇して調べものをする頻度も増えるでしょう。

そこでこの記事では、イタリアの中でも屈指の人気都市であるフィレンツェを観光する際に知っておきたい、Wi-Fi事情についてご紹介していきます。安全にWi-Fiを使うためのポイントもまとめていますので、ご参考となれば幸いです。

目次

1. フィレンツェのWi-Fi事情

フィレンツェ-Wi-Fi-スマホ-ネット-01jonathan-korner-pRU-VnBVJMQ-unsplash.jpg
<画像はイメージです。Photo by Jonathan Körner on Unsplash

日本でも無料のWi-Fiスポットや公共のWi-Fiが飛ぶようになりしばらく経ちますが、イタリアは一部の観光都市であれば結構前から無料のWi-Fiが飛んでいました。

ただし、体感速度はかなり遅いです。日本のようにサクサク繋がる感じとは明らかに違うと思っておいた方がいいでしょう。特に地図を見たりするのは結構遅いので、イライラしてしまうかもしれません。

フィレンツェ-Wi-Fi-スマホ-ネット-02ぱくたそ_FTHG5460_122133323_TP_V.jpg
<画像はイメージです。Photo by ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/)

フィレンツェに来たらフリーWi-Fi「Firenze Wi-Fi」を使ってみよう

さて、イタリア・フィレンツェにおけるフリーWi-Fi接続の手順ですが、とても簡単です。フィレンツェでは2013年からその名もズバリ「Firenze Wi-Fi」と呼ばれる公共のフリーWi-Fiを設けており、アカウント登録などは一切不要。

スマートフォンのWi-Fi設定画面に「Firenze Wi-Fi」のネットワークが検出されていれば、それをタップするとブラウザが立ち上がり公式サイトに遷移します。もし、ブラウザが立ち上がらない場合はアドレスバーに直接「http://www.ansa.it 」か「http://www.repubblica.it」と入力します。
※編集部註:インターネットが繋がっている状態で上記アドレスへ遷移すると、ニュースサイトに移動します。

次に、遷移先の画面で「Naviga Libero/Free Internet」と書かれた緑色のボタンをタップすれば接続完了です。ただし、1日に500MBと通信制限がありますので、注意しましょう。

【参考】

Firenze WiFI公式サイト(外部サイトに遷移します)
Free WiFi a Firenze(フィレンツェのフリーWi-Fiスポットを検索できるサイト / 外部サイトに遷移します)

フリーWi-Fiと一緒に有料サービスも検討したい

私は滞在中もスマートフォンを駆使するタイプなので、過去には日本からレンタル利用できるモバイルWi-Fiを持ち込んでいましたが、高いことと重いこと、そしてポーチ型のセットが個人的には合いませんでした。

そのため、今後イタリアへ行くときは、日本の携帯電話キャリアが展開する海外データ定額通信サービスと、できるだけイタリアの公共Wi-Fiを組み合わせることを考えています。この辺りはレンタルセットを持ち運ぶ手間を取るか、速度を取るか、金額を取るか、といったところでしょうか。

ですが、レンタルWi-Fiの方も結局は通信し過ぎると速度制限がかかってしまうため、万が一に備えてイタリアの公共Wi-Fiについて知っておくことは有益だと思います。

2. フィレンツェ渡航前にやるべきデータ通信設定

フィレンツェでWi-Fiを使うための設定について、出発前の段階から解説していきましょう。思わぬトラブルを防ぐためにも重要なことばかりですので、ぜひご覧ください。

出発前にやるべき設定

まずは日本の空港に着いたらモバイルデータ通信をオフにしておきます。これは国際ローミングと呼ばれるもので、海外でも日本国内と同じようにケータイを使うことができるサービスのことです。この機能はありがたいときもあるのですが、従量課金制のため高額請求が来るトラブルも報告されています。これを防ぐために「モバイルデータ通信」をオフにしておきましょう。

海外データ定額通信サービスを使う場合は事前確認を

また、先ほど触れた携帯電話会社が提供する海外データ定額通信サービスについて、事前に確認しておくとさらに安心です。専用アプリのダウンロードが必要な場合もあるので、利用条件について確認しておきましょう。 インターネットで調べるのも良いですし、不安な場合は各キャリアの店舗で相談することも検討してみてください

意外と忘れがちな「アプリの自動更新」

忘れないようにしておきたいのが、アプリの自動更新です。コレを忘れていると気づかないうちに通信量を圧迫してしまい厄介なので、オフにしておきましょう。アプリの更新は急がなくても大丈夫ですから、日本に帰ってからまとめて更新しても大丈夫です。

節約派は現地でSIMカードを購入する手も

海外データ定額通信サービスは、1日あたりの定額で計算されるためとても分かりやすいのですが、1週間など少し長く滞在する場合は合計で数千円~1万円ほどになってしまうこともあります。

そこで、余計な通信費用がかからないようにSIMカードを購入するのもいいですね。これはケータイに入れるチップみたいなもので、プリペイドのSIMカードであれば通信料金を先払いして利用できます。ただし、利用にはSIMフリーの携帯電話も必要になるため初期投資が必要です。また、プリペイドではない月額のSIMカードも存在するため、間違えないように注意しましょう。

イタリアのSIMカード事情

SIMカードはイタリアの空港や駅で売っているためすぐに手に入れることができますが、使い慣れていない人にとってはキャリアや種類などがよく分からないかもしれません。イタリアの大手携帯会社として「TIM」がありますが、このショップでもSIMカードが売っています。「FOR TOURIST(旅行者向け)」と書かれているSIMカードを探しましょう。

TIM以外にもいくつかの携帯電話会社があり、プランもさまざまです。2019年7月時点において、TIM Touristの価格は、4G回線(15GB)、メッセンジャーアプリの通信無料で20ユーロ/30日。自分が大体どれぐらい使うのかを調べてから、どのSIMカードを買うか検討しておくといいかもしれません。

フィレンツェ滞在中は動画アプリの通信量に注意

LINEなどのメッセンジャーアプリで家族や友人と連絡をとったり、ちょっとした調べものをしたりするぐらいなら大した通信量を使いませんが、Instagramなど動画関連のアプリは一気に消費してしまうので注意です。YouTubeをBGMがわりに使っている方もいるかもしれませんが、その通信量にビックリしてしまうかもしれません。

3. フィレンツェでWi-Fiが特に繋がりにくい観光スポットはある?

フィレンツェ-Wi-Fi-スマホ-ネット-03jeff-ackley-SxzX6MyjauA-unsplash.jpg
<画像はイメージです。Photo by Jeff Ackley on Unsplash

これまでフィレンツェへ旅行して、特別「ここは絶対繋がりにくい」と感じる場所は無いのですが、やはり人が多い場所は体感的に速度が遅いように感じます。たとえばウフィッツィ美術館の行列に並んでいるときなどは、みんな暇なので一斉にケータイを触りますよね。そういうときは、やはり少し遅く感じられます。

駅構内はサクサク繋がる!

一方で、駅などは人が多いにも関わらずサクサク動くので助かりました。これはWi-Fiスポットが何箇所かに分散されているからかもしれません。最近では電車の切符もネットで調達できるのですが、私は駅に着いてからササっとネットで切符を買うスタイルです。

そうなるとネット環境が重要で、乗りたい電車のチケットを確実に手に入れるためには、安定したWi-Fiスポットが駅に必要不可欠となってくるわけです。

フィレンツェ郊外に行くならフリーWi-Fi以外の手段も確保

最後に、フィレンツェの場合は少しでも郊外に出るとWi-Fi環境は突然悪くなります。特に観光スポットではない山間部の住宅地などは、フィレンツェであってフィレンツェでないぐらいに思っておいた方がいいでしょう。

これらの地域を訪ねる場合はフリーWi-Fiではなく、レンタルWi-Fiや携帯電話会社のサービスを利用するなど、面倒でもこまめに切り替えることが必要です。インターネットを使いたいときに、その都度立ち上げるぐらいの勢いでも問題ないぐらいです。

4. フィレンツェでフリーWi-Fiを使うときに気をつけること

フィレンツェ-Wi-Fi-スマホ-ネット-04erriko-boccia--UjVE1kToZ8-unsplash.jpg
<画像はイメージです。Photo by Erriko Boccia on Unsplash

この項目では、フィレンツェはもちろん海外のフリーWi-Fiを使うときにぜひ心がけて欲しい項目についてご紹介します。日本でも役立つ対策ですよ。

フリーWi-Fiは一定時間で接続終了することが多い

フリーWi-Fiでよくあることですが、時間制になっているケースをよく見かけます。30分以上など一定時間を経過すると自動的に接続終了、というパターンに遭遇したことはないでしょうか?そうしないと回線がパンクしてしまうからでしょうが、意外と30分はあっという間に過ぎてしまうもの。適宜繋ぎ直す必要があります。

ハッキングを想定したWi-Fiスポットの利用を

セキュリティが弱いWi-Fiスポットの場合、ハッキングの踏み台にされてしまうことがあります。利用者が負うリスクとしては、Wi-Fiの通信内容を悪意のある第三者に閲覧され、携帯電話で入力したカード番号やWebサービスのパスワードが盗まれる、という重大なものです。

こうしたリスクを想定した上で、フリーWi-Fiを使う場合はネットバンキングなど重要なサイトのログインをできるだけしない、店舗や公共機関など信頼できるWi-Fiネットワーク以外は使わない、保護されていないネットワーク(カギのマークが無いなど)を使うときは通信内容も慎重にする、といった心がけが大切です。

フリーWi-Fiは旅行者にとって便利で助かるサービスですが、いつでもどこでも気軽に繋ぐのではなく、信頼できそうな場所か、本当にそのお店のWi-Fiなのか、ということを見極めることも必要でしょう。

実際にハッキングされているかどうかは、Wi-Fiのネットワークに精通している方でない限りは気づくことが難しいものですが、怪しそうなカフェやバーなどには、Wi-Fiの接続目的であっても近寄らないように心がけたいものです。

まとめ

フィレンツェは観光都市であるため、フリーWi-Fiスポットも町中にたくさんあります。もちろん、気軽に使えるだけではなく通信量やリスクなど注意すべきこともあります。

人によってはフィレンツェ中心部だけではなく郊外に出たいという方もいるかもしれません。その場合はフリーWi-Fiのみを使うだけではなく、レンタルのモバイルWi-Fiを検討したり海外データ定額通信サービスを利用したりして、自身にベストな通信環境を設定してみましょう。

プロフィール画像
この記事を書いた人
yukaco
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/08/15最終更新日:2019/08/15

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.