たびこふれ

韓国・チョンノの歩き方レクチャーします!【仁寺洞〜鍾閣周辺編】

記事投稿日:2019/09/03最終更新日:2019/09/03

Views:

目次

鐘路(チョンノ)とは

鐘路(チョンノ)とは、光化門駅から東大門(興仁之門)までの大通りのことを言います。
光化門あたりが鐘路1街、東大門(興仁之門)へ向かって、2街、3街~6街と続きます。

今回は、観光地である「仁寺洞(インサドン)」~鍾閣周辺をご紹介しようと思います。

KOR_201908_01.jpg

まずは仁寺洞

仁寺洞というと「地下鉄1,3,5号線 鐘路3街駅 5番出口」になります。

アートギャラリーなどが多く、伝統工芸や陶磁器、古家具や韓紙などから伝統茶や伝統料理店などが立ち並ぶ地域です。

KOR_201908_02.jpg

最近はコスメショップやコーヒーショップなども進出してきていますが、伝統の街なので法律上、看板の表記はハングルでと決められています。

KOR_201908_03.jpg

スターバックスがハングルで書いてあるので、見逃しそうです。

鍾閣地下ショッピングセンター

仁寺洞を観光したあと、東大門市場へ洋服を買いに行こうと思う方、ちょっと待った!

じつはすぐ近くにファッション街があるのです。その名も『鍾閣地下ショッピングセンター』。

KOR_201908_04.jpg

ここを利用するのは地元韓国人が多いので、日本語が通じる店はまばらですが、価格が書いてある店が多いので購入しやすいと思います。また観光客慣れしたお店でもないので、妙な客引きもなく、気持ちよく買い物ができると思います。

KOR_201908_05.jpg

東大門市場は、あまりの広さに歩き疲れてしまいますが、ここなら広すぎず、狭すぎず、そこそこのお店が凝縮されていますし、個性的な店も集まっているので、南大門市場のように、どこに行っても同じデザインのものがあるということはありません。

KOR_201908_06.jpg

お店は、レディースファッションから靴、カバン、下着、アクセサリー、スマホケースからコンビニまで、ほぼ揃っています。

鐘閣駅と直結しているので、雨の日も安心のショッピングが楽しめます。

青春の通り

観光、ショッピングの次は、お食事ですね!

普信閣側のエリアは、韓国人御用達の飲食店街。学生からサラリーマンまでの胃袋を満たす、巨大なエリアです。

KOR_201908_07.jpg

飲食店街の中央あたりにある『青春の通り』には屋台が並びます。屋台は夕方からオープンするお店が多いので、昼間は少しさびしい感じです。

KOR_201908_08.jpg

飲食店街では居酒屋系が圧倒的に多いですが、定食屋などもチラホラ。日本の飲食店や居酒屋も多く見かけます。

清渓川(チョンゲチョン)

食後は、清渓川でお散歩がオススメ!『青春の通り』の向こうには『長通橋(チャントンギョ)』があります。

KOR_201908_09.jpg

清渓川を上から鑑賞するのもいいですが、下に降りて川沿いを歩くと、夜はライトアップされた美しい清渓川を間近で鑑賞できます。夏場なら夕涼みですね。

KOR_201908_10.jpg

夜の清渓川は、韓国人カップルのデートコースとしても有名です。

まとめ

今回は、鍾閣~鐘路3街までのエリアをご紹介しました。じっくり見たら1日かかるほど密度の高いエリアです。隅々まで探索して、ぜひお気に入りのお店を見つけてください。

KOR_201908_11.jpg

鍾閣地下ショッピングセンター

地下鉄1号線 鍾閣駅直結

  • 住所:Seoul市鍾路区鍾路69
  • 電話番号:02-2290-6555(管理事務所)
  • 営業時間:11:30~23:00(早く閉店する店もあります)
  • 休業日:第3日曜休み(その他、店にもよります)

プロフィール画像
この記事を書いた人
COZ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/03最終更新日:2019/09/03

Views:

韓国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.