たびこふれ

年に1度の大集結!イタリア・アルピーニのパレードへ行ってきました

記事投稿日:2019/06/13最終更新日:2019/06/13

Views:

2019年5月10~5月12日まで、イタリア・ミラノにてアルピーニの集会が開催されました。

今回は5月12日に行われたアルピーニ兵のパレードについてお伝えします。

目次

アルピーニとは?

そもそも「アルピーニ」という言葉は日本ではあまり馴染みがないかと思います。

アルピーニとは1872年、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の命令により設立されたイタリア陸軍の兵科の1つで、山岳戦を専門とするエリート部隊です。

語源はイタリア語で「高所」を意味するアルピーノ(Alpino)からといわれています。

特徴的なアルピーニの帽子

アルピーニ兵の制服にcappelloalpinoという帽子があります。

フェルト地でできており、左側に黒いカラスの羽がついています。

写真①.jpg

この黒いカラスの羽のおかげでイタリアではル・ペンネ・ネレ(黒い羽)として知られています。

年に一度のアルピーニのお祭り

複数の部隊で編成されているアルピーニですが、各部隊の結束は非常に固く、年に1回、イタリア中のアルピーニ兵やその経験者達が一堂に会して集会を行います。

会場に選ばれた町では数万人のアルピーニ兵が訪れ、街では彼らを歓迎する人々とイタリア国旗で埋め尽くされます。

2019年はミラノで行われました。

実際に開催地となったミラノ中心街に行ってみるとcappelloalpinoを被った人達であふれています。

アルピーニ兵はもちろん、会場整備の人や観光に来ている人も被っていました。

写真②.jpg

写真③.jpg

写真④.jpg

イタリア人はとっても気さくです。
Alpiniについて聞いてみるといろいろと教えてくれました。彼らはイタリア人の誇りだそうです。

また、cappelloalpinoは露店でも購入することができます。
1つ25€でした。

写真⑤.jpg

これを被ることで、一気に周りの雰囲気に溶け込むことができます。

メインイベント!アルピーニ兵による大パレード

パレードが始まると沿道にはたくさんの人が集まってきます。

特にメイン会場となったドゥオーモからスフォルツェコ城までのダンテ通りは大混雑となりました。

写真⑥.jpg

パレードでは各部隊のアルピーニ兵はもちろん鼓笛隊や各団体も列を連ねています。

写真⑦.jpg

写真⑧.jpg

写真⑨.jpg

メイン会場だけでなく、街の至る所でパレードが行われていました。

写真⑩.jpg

写真⑪.jpg

この日のミラノはとても賑やかで一体感がありました。

最後に

軍隊パレードは各国でも行われておりますがアルピーニのパレードはとてもカジュアルなのであまり軍隊等に興味がない方にもおすすめです。

かっこいい制服・軍服姿の隊員を間近で見ることができます。

パレードを終えたアルピーニ兵が会場周辺にたくさんいるので話かけてみるのもいいですね。

身体が大きいので話しかけるのに緊張するかもしれませんが『Ciao!』と一言言ってみるだけでも、みんな笑顔で応えてくれます。

屋台も出ているのでお祭りの雰囲気も充分に味わえますよ。

写真⑫.jpg

アルピーニの集会は毎年、5月の第2週目に行われています。2020年はリミニで開催予定です。

普段なかなか見ることのできないアルピーニ兵に会いに行ってみてはいかがでしょうか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
シナモン
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/06/13最終更新日:2019/06/13

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.