たびこふれ

インスタ映え間違いなし!スリル満点なインドネシア・ウブドの絶景ブランコ

記事投稿日:2019/06/24最終更新日:2019/06/24

Views:

こんにちは!バリ島には自然を楽しむ様々なアクティビティがありますが、ブランコに乗って絶景を楽しめる「バリ スウィング(BALI SWING)」をご存知ですか?ブランコと言っても、公園にある様なブランコとは違い、スリル満点の大迫力!おまけにフォトジェニックな写真や動画も撮れるので、インスタグラムなどのSNSをされている方には、バリ島で外せないスポットになるはず!

また、バリ島でアクテビティを楽しむとなると、水着やタオル、着替えなど何かと荷物が多くなりがちですよね。けれども「バリ スウィング(BALI SWING)」なら、バック1つで気軽に行けるので、ファミリーでバリ島の自然やアクティビティを楽しみたい方には特にお薦めです!

ファミリーはもちろん、カップル、友人同士、おひとり様でも気軽にバリ島の絶景が楽しめる注目のアクティビティ「バリ スウィング(BALI SWING)」をご紹介します。

目次

バリ スウィングへ行くには?

バリ スウィングは、ウブドの中心地より約13kmほど北西(車で30分~40分)の場所になります。ウブドエリアではありますが、ウブドの市街地と違って自然が多く残る場所にあるため、バリ スウィングへ行くには車での移動が必須になります。それではどのような方法でバリ スウィングへ行けるのか?以下に主な交通手段をご紹介します!

① ウブド滞在なら、無料の専用シャトルバスで

ウブドの中心地にあるインド料理レストラン「Queen's of India」より、無料の専用シャトルバス(要予約)が往復で運行されています。ウブドに滞在しているのなら、シャトルバスで行くのが一番お得ですね!シャトルバスの時刻表や予約は下記のバリ スウィング送迎パッケージの詳細はこちらからより確認ができます。

② ウブド以外で滞在なら、送迎付きのセットプラン

滞在ホテルからバリ スウィングへの送迎がセットになっているプランがあります(2名より要予約-滞在エリアによって料金が違います)。下記のバリ スウィング公式サイトから予約ができます。送迎は素敵なジープのオープンカーなので、アドベンチャー気分に浸れます!

公式サイトにはバリスウィングの利用料金や送迎パッケージプラン、無料シャトルバスの時刻表などが記載されているので、行きたい方は要チェックです!

③ 現地旅行会社のオプショナルツアーに申し込む

英語での予約など色々と面倒だし不安!という方は、現地旅行会社のオプショナルツアーを利用しましょう!日本語での予約や対応も可能です。バリ スウィングと観光がセットになっているプランが多いです。

④ バリ スウィングと一緒に観光やショッピングも楽しみたい方はカーチャーター

バリ スウィングへ行きたい!そのついでに観光やショッピングも楽しみたい!という方は、1日カーチャーターがお薦めです!オプショナルツアーと違い、バリ スウィングでの滞在時間や行き先など自由に決められます。バリ島のカーチャーターは、日本語に対応している所も多く、安全に利用できます。

アクティビティ参加までの流れ

看板.jpg

この日は、日本からバリ島へ家族旅行に来ていた友人ファミリーと一緒に直接現地へ向かいました!バリ スウィングに到着すると看板が目を引きます。

入口.jpg

今回の記事に掲載するブランコの写真などは、友人ファミリーの子供達にご協力頂きました!この日はとても天気が良くて、ブランコからの絶景が楽しめそうです♪

スタンプ.jpg

まずは受付で料金を支払い、手にスタンプを押してもらいます。丸いスタンプがすべてのアクテビティを利用できるスタンプで、料金はUS35ドル(または50万ルピア)です。四角のスタンプは入場と一部の撮影スポットのみ利用ができるスタンプで、ブランコには乗れませんが、料金はUS10ドル(または15万ルピア)です。ブランコが怖くて乗れない方も、一緒に入って楽しむことができますね♪

※ 料金は送迎を含まない(または無料シャトルバス利用)金額で、2019年5月現在の内容になります

参加者登録.jpg

ブランコなどのアクティビティを楽しむ方は、こちらの参加者登録書に必要事項や健康状態、サインを記入します。記入が終ったら、いよいよバリ スウィングへ入場です!

食事と飲み物は料金に含まれています

食事(ベジタリアンまたはノンベジタリアン)と飲み物(水、コーヒー、紅茶)は利用料金に含まれているので、昼食を食べてこないようご注意下さい!もちろん、ブランコなどを利用しない料金で入場した場合でも、食事と飲み物が含まれています。食事と飲み物はビュッフェ形式で、ベジタリアンとノンベジタリアンの両方を頂くこともできます。ビュッフェは9時~17時まで利用できます。

食事.jpg

写真はバリ スウィングで頂いた昼食なのですが、ベジタリアンビュッフェがあるので、野菜もたっぷり♪提供時間内であれば、いずれも食べ放題・飲み放題です!有料になりますが、ジュースなどのソフトドリンクやビールもあります。

絶景ブランコに乗ってみよう!

それでは早速、絶景ブランコに乗ってみましょう!ブランコは地上10mのソフトなものから、地上78mのハードなもの、カップルにおすすめの2人乗り用や花飾りが付いた可愛いブランコなど色々とあります。さぁ~どれから乗りましょうか?迷ってしまいますね!

安全装置.jpg

各ブランコには係りの方がいて、安全装置の装着や乗り方の指導など親切にサポートをしてくれます。写真や動画の撮影もお任せできるので、おひとり様でもフォトジェニックな撮影が可能です!

ブランコ2.jpg

係りの方が問答無用で押し出して、いよいよスウィングがスタート!ブランコが戻ると、係りの方が押してくれます!あまりの高さに子供達も最初こそ動揺していましたが、大自然の中でのブランコは、風が気持ち良いと大喜び♪

ブランコ3.jpg

外側を向いてブランコに乗ると、下を見てしまい怖くなってしまうことも。そんな時は、内側を向いて乗ることもできます!係りの方に「足を組んでみて」と言われて挑戦!インスタ映えする写真に早変わりです♪シフォンのサマードレスを着て、スカートをなびかせながら、このポーズで写真を撮っている方が多かったです!

ハーネス.jpg

そして、バリ スウィングの目玉とも言えるブランコに挑戦!なんとハーネスを装着します!他のブランコとは明らかに違う雰囲気に子供達も思わずビックリ!

ブランコ4.jpg

地上78mからのスウィング!逆さになる程ブランコの振り幅が激しくて、見ているとめまいがしそうでしたが、乗っている子供達はとっても楽しそうでした!まるで空を飛んでいるみたいで、他のブランコとは比べ物にならないそうです♪バリ スウィングへ行ったら、ぜひトライして下さいね!

他にもフォトジェニックなアイテムがいっぱい

ブランコでアクティビティを十分楽しんだ後は、様々なアイテムを使ってフォトジェニックな記念撮影はいかがですか?工夫を凝らして、楽しい思い出の1枚に仕上げましょう!

ロック.jpg

どのオブジェにも係りの方がいて、安全に使えるようサポートをしてくれます。もちろん、写真や動画の撮影もお願いできます♪

ベッド.jpg

いろいろなポーズをしてみたり、角度を変えて撮影してみると面白い写真が撮れそうです!こんな大自然の中に白いベッドなんて、他には無いシチュエーションですよね♪

巣.jpg

子供たちのアイデアで面白い写真に仕上がっていますが、カップルだとロマンチックな写真も撮れます!バリ スウィング一押しのカップル撮影スポットです。他にも鳥の巣やヘリコプターなどの撮影用オブジェがいっぱいあります!

ハートロック.jpg

こちらのオブジェは、ブランコなどを利用しない料金で入場した場合でも撮影が可能です。全部で3か所の撮影用スポットがあります。安全装置も必要が無く、お手軽に写真撮影ができます!

最後に

翼.jpg

ブランコでアクティブに遊べたり、大自然の絶景を堪能したり、工夫を凝らしてフォトジェニックな写真を撮ったりと、1日いても飽きずに楽しめちゃいます♪友人家族も大満足で、最後は年賀状用にとブランコの前で家族写真の撮影をしたほどです!

午後のバリ スウィングは、写真が逆光になり黒っぽい画像になってしまうことが多いです。写真撮影がメインの場合、午前中に訪れましょう。但し、午前中はかなりの混雑が見込まれます。ブランコと景色を楽しみたい方は、開園直後の早い時間か、段々と空いてくる午後が狙い目です。また、もっとアクティブに楽しみたい方は、ラフティングやエレファントパークとのパッケージプランもありますので、興味のある方は公式サイトをご確認下さい。

バリ島に来たら、ぜひバリ スウィングへ!絶景の中で、思い出深い素敵な写真をいっぱい撮って下さいね!

バリ スウィング(BALI SWING)

  • 所在地:Jl. Dewi Saraswati No.7, Bongkasa Pertiwi, Abiansemal, Kabupaten Badung
  • 時間:8時~18時(入場は17時まで)
  • 電話:+62 878 8828 8832, +62 877 7708 8801
    (インフォメーション&予約-インドネシア国内から電話をする場合は、+62を取って頭に0を入れて下さい)
  • 公式サイトはこちらから
  • 公式インスタグラムはこちらから

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kucing
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/06/24最終更新日:2019/06/24

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.