たびこふれ

「電子タバコ」は違法!?喫煙家が気になるタイのたばこ事情をご紹介

記事投稿日:2019/06/10最終更新日:2019/06/10

Views:

最近は、日本では、たばこ事禁煙化が進み愛煙家の方々の肩身が狭いようですが、タイでのたばこ事情の現状はいったいどういったものなのでしょうか?

雰囲気的には日本のたばこ事情よりも緩い雰囲気もありますが、今回はそんなタイ旅行で愛煙家の方々にはとくに覚えていってほしいタイのたばこ事情をお伝えします。

目次

"たばこ"の持ち込みはどれぐらいまでOK?

海外旅行に行かれる喫煙者の方は、空港の免税店などで滞在中のたばこを購入される方も多いかもしれませんね。そんな方が要注意しなければいけないのが、たばこの持ち込み量です。

日本もたばこの持ち込みの免税範囲は、日本製たばこ200本、外国製たばこ200本ですが、タイへのたばこの最大持ち込み量は一人当たり、紙巻タバコは1カートン。200本が制限の最大量です。

もし、規定の量を超えるタバコを持ち込んだ場合は罰金を支払うと同時に、対応規定量以上のたばこはすべて没収されてしまうという処分があります。

罰金は1カートンあたりおおよそ4,785バーツの罰金が科せられるともいわれていますが、
財務省関税局(Custom Department)と物品税局(Excise Department)の2つの税局に払うことになるため場合によっては数十万以上の金額を請求されるなんてこともあるようです。

もし、罰金を支払うことを拒んだ場合は、警察で手続きを行っい、裁判にかけられることになります。そうすると、精神的な苦痛に加え、請求された罰金金額を上回る金額を請求されることが多いです。

タイの税関は、税関を通る時にスーツケースを含む荷物をX線検査にかけられることが多くなり、年々取り締まりは厳しくなっている傾向があります。喫煙者の方や、お土産でたばこを頼まれた方は"タバコは1カートン"の約束をきちんと守りましょう。

"電子たばこ"の持ち込みはできるの?

日本でも、禁煙ブームの中で年々電子たばこを利用する方がおおくなってきているようですが、タイでは、2014年に発令された「電子タバコ禁止条例」に基づき電子タバコは持ち込み、利用、所持どれも違法にあたります。

実際に今年の1月にプーケット島に滞在していたフランス人女性が電子タバコを所持していたとして逮捕、罰金、強制送還される事件があり現地ではかなり話題になりました。

また、3月にはマーケットで電子タバコや水たばこを販売していた店舗が数多く摘発、逮捕されています。

電子タバコには、日本でも愛好家の方が多い加熱式タバコの「アイコス」「グロー」「プルーム」などの種類も入るので要注意!

ちなみに、電子タバコの所持で逮捕された場合、懲役10年、罰金170万円なんてなることもあるので、電子タバコ利用者の方は、十分に注意しましょう。

タイで日本と同じタバコは買えるの?

日本同様コンビニ大国タイでは、24時間コンビニで通常タバコを購入することができます。

タイのたばこの価格は日本よりお安く60バーツ~。外国人の喫煙者が多く購入する赤いマルボロは、現在120バーツ(約416円)ほど。日本より90円弱安いぐらいですね。

ただし、今年(2019年)の10月からタバコの値段が値上げするらしいのでこちらも要注意です。

マナーは守って楽しい旅を

意外に喫煙者に優しそうなタイですが、意外にも室内では全面禁煙の場所も多く日本よりも厳しい一面も。また、リゾート地の醍醐味ビーチでもパタヤやプーケット島のパトンビーチなど禁煙ビーチもあるので喫煙してよい場所で正しく喫煙するようにしましょう。

マナーを守り、自分も気持ちよくそして、周りも気持ちが良い旅になりますように!

プロフィール画像
この記事を書いた人
徳武 加奈子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/06/10最終更新日:2019/06/10

Views:

この記事に関連する記事

タイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.