たびこふれ

手付かずの自然が多く残る、西オーストラリア州の魅力。オーストラリアで最も危険なアトラクションに挑戦しませんか!?

記事投稿日:2019/05/14最終更新日:2019/05/17

Views:

みなさん、オーストラリアと言えばどの都市を思い浮かべますか?シドニー、メルボルン、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベンなどでしょうか。では、イメージするものはどうでしょう?ウルル(エアーズロック)、グレイトバリアリーフ、カンガルー、コアラ、オージービーフ・・・という感じだと思います。これらは日本人をはじめ、世界中のオーストラリア観光客に人気のものです。

オーストラリアを地図で確認してみましょう。

AUS1904-01.jpg

まず、ここで確認したいのはオーストラリアのほとんどが砂漠だということ。面積の40%は砂漠で、オーストラリア砂漠は世界で第二位の大きさです。そのため大きな都市は、緑のある沿岸部に集中しています。そして、先ほど挙げた有名都市は、すべて東海岸に集中しています。

今回は、一体オーストラリア西側には何があるのかを紹介します。

目次

西オーストラリア州とは

AUS1904-02.png

オーストラリアの1/3 を占めるのが西オーストラリア州です。もちろん、オーストラリアでは一番大きな州になります。オーストラリア全体の人口が約2,500万人なのに対し、西オーストラリア州は約250万人。ただでさえ大きなオーストラリアですが、西オーストラリア州にはいかに広大な土地に人が少ないことか分かると思います。しかも州都であるパースの人口は約200万人。ということは、残りの50万人が広大な西オーストラリア州中に点在しているわけです!私がそのうちの1人です(笑)

そんな広大な面積を誇る西オーストラリア州には、手付かずの自然がいっぱい!東海岸が有名なおかげで、西海岸には観光客も少なく環境破壊も少なく、美しい場所がたくさんあります。西オーストラリア州で出会う観光客の全員が、「東は人が多くてゴミゴミしている」、「ここでは景色を独り占めできる!」、「また戻ってきて、もっと冒険したい!!」など、西オーストラリアを絶賛します。

西オーストラリア州南部で見られるユニークな植物

オーストラリアにはユニークな植物がいっぱいです!ここでは、特に西オーストラリア州南部でよく見られる有名な植物を紹介します。

こちらは、私の大好きな花『バンクシア』です。

AUS1904-03.jpg

この独特な形をした花と葉っぱが魅力的ですよね。1,000以上の花弁が集まって1つの花を形成しています。このバンクシアはオーストラリア原産の花で、全部で100種類以上はあるそうですが、西オーストラリア州南部に最も多く存在し60種以上あることが確認されています。

こちらは『ロイヤルハケア』という花です!

AUS1904-04.jpg

葉っぱのようですが、これが花だそうです。これは、西オーストラリア州南部でしか見られない植物で、1.5から2mほどの高さがあります。

こちらは通称『カンガルーポウ』と呼ばれる花です。

AUS1904-05.jpg

ポウ(paw)とは、動物の足を意味する単語で、このカンガルーポウはカンガルーの足に似ていることからこの呼び名になったようです。正式名は Anigozanthos (アニゴザントス)ですが、オーストラリアではカンガルーポウという呼び名が定着しています。『レッド&グリーンカンガルーポウ』 は西オーストラリアの州の花として制定されています。

こちらは『カリ』という木です。

AUS1904-06.jpg

この木の何がすごいかというと、写真では分からないかもしれませんが、ものすごく背が高いんです!どのくらいかと言うと、平均で50m。高いもので100m近くあります!!学生時代に走ったことある距離なのでぱっとしないかもしれませんが、マンション10階で地上約30mなので、相当高いことが分かると思います。カリの木の寿命は350歳と言われ75歳で高さの成長は止まり(※)、150~200歳時にピークを迎えます。

(※)記事公開当初、高さの成長が止まるのは「7歳」と記載がありましたが、「75歳」の誤りでした。お詫びして訂正いたします(2019年5月17日 たびこふれ編集部)

直径は大きいもので4m近く、根は地下50mほどまで張るそうです。カリは世界で最も高い木のひとつで、西オーストラリア州南部だけに生息する木です。真っ直ぐ高くそびえるカリの森は、息を呑む美しさです。鳥の囀りが響き渡るカリの森の中にいると、人間がいかにちっぽけかということを感じるほどです。

AUS1904-07.jpg

オーストラリアで最も危険なアトラクション!?

パースから南へ約350km下った森の中に、ペンバートン(Pemberton)という小さな町があります。ペンバートンはオーストラリアの中でも降水量が多いため、イチゴやアボカド、りんごなどの大規模ファームやワイナリーが沢山ある緑豊かな町です。そして、ペンバートンの象徴と言えばカリの森。カリの森の中のトレイルやサイクリング、カヤッキングはキャンプ好きのオーストラリア人には大人気です。

AUS1904-08.jpg

そして、『オーストラリアで最も危険なアトラクション』と言われる、カリの木登りが出来ることでも有名です。カリの木はその背の高さを活かして、1930年代から『火事の見張り台』として木の上に展望台が建てられました。現在は3つの展望台が一般に公開されており、観光客でも登ることができます。どうやって登るかというと・・・木に打ってある鉄の杭をひたすら登るだけ!

AUS1904-09.jpg

直径約3mのカリの木に、長さ約1mの杭が螺旋状に打たれています。それをひたすら登り続けるというアトラクションです。何がそんなに危険かというと、命綱はありません。インストラクターなどはいません。下りも同じ杭を使います。杭の周りには、落下防止のセイフティーネットは有りますが、目が粗いので携帯などの小物は通り抜けてしまいます。

全てが自己責任ですが、もちろん杭は定期的に点検されていますし、これまでにカリの木登りによる死亡事故は起きていませんのでご安心を!気になる木の高さですが、ペンバートンには(というか、世界中でここだけですが)登れるカリの木が3本あります。

Dave Evans Bicentennial tree

  • 木の高さ:75m(杭:165本)
  • 場所:Warren National Park (ウォーレン国立公園内)。町の中心部から車で15分ほど。
  • 備考:火の見張り台(木)としては世界で一番高い。また、3本の中で一番新しい展望台(1988年に杭が打たれた)で、頂上までに3段階のプラットフォームがあるので、休憩しながら登れる。

Gloucester tree

  • 木の高さ:61m(杭:153本)
  • 場所:Gloucester National Park (グロスター国立公園内)。ペンバートンの町中心部から2km
  • 特徴:Dave Evans Bicentennialに次ぐ世界で2番目。ペンバートンの町から近いので、車が無くても大丈夫。

Diamond tree

  • 木の高さ:51m(杭:130本)
  • 場所:ペンバートンとマンジマップの間。どちらの町からも車で15分ほど。
  • 特徴:頂上にある"木造"の小屋は、現在登れる展望台としては世界でここだけ。ハイウェイに近いので、頂上からの景色で道路が見えてしまうのが少し残念。

3本とも樹齢約250年と言われています。頂上に着いた時の達成感は大きいですよ!そして、何よりも絶景が待っています。

最後に

ちょっと人と違った旅がしたいという人にはとってもオススメ!みなさんが思うオーストラリアとしては、日本からは少し遠い西オーストラリア州ですが、来る価値は絶対ありの場所です。ここで、自分だけの景色を楽しみませんか!?

プロフィール画像
この記事を書いた人
ナイーブME
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/05/14最終更新日:2019/05/17

Views:

この記事に関連する記事

オーストラリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.