たびこふれ

美味しくて身体にも嬉しい!ウブドのローチョコレート

記事投稿日:2019/05/25最終更新日:2019/05/25

Views:

こんにちは!意外に思うかもしれませんが、バリ島はチョコレートが有名なのをご存知ですか?

バリ島はチョコレートの原料になるカカオの木が自生するほど、カカオに適した環境で、カカオの栽培も盛んに行われています。もちろん、バリ島産のカカオから作ったチョコレートも多く販売されています。

今回は、多々あるバリ島のチョコレートの中で、今最も注目を浴びているウブドのローチョコレートをご紹介します!

目次

美味しくて身体に嬉しいローチョコレートとは?

ローチョコレート(Raw Chocolate)ですが、日本でも注目されているので、ご存知の方も多いかと思います。直訳すると「生チョコレート」という意味ですが、柔らかくて生クリームたっぷりの、誰もが知っているあの「生チョコ」とは全く異なるチョコレートになります。

では、何が「生(Raw)」なのかと言いますと、カカオを焙煎せず、48℃以下で作られたチョコレートなので「ローチョコレート(Raw Chocolate)」と呼ばれているのです。

チョコレートの原料になるカカオには、たくさんの栄養素が含まれます。特にポリフェノールがたっぷりで、高い抗酸化作用があり、アンチエイジングや美肌に効果的です。また、カカオ特有の「PEA」という成分は、幸福感やリラックス効果を得られますが、なんと!ダイエットにも効くのです!

普通のチョコレートは、カカオを焙煎して香りやコクを引き出して作ります。但し、カカオを焙煎してしまうと、カカオの持っている素晴らしい成分を失ってしまうことに・・・

ローチョコレートは、カカオの焙煎をしないので、カカオの素晴らしい成分はそのままです!乳製品や精製された白砂糖、添加物も使わないので、美味しくて身体に嬉しいチョコレートになります。美味しく食べてアンチエイジング!お肌もツヤツヤ&ダイエット効果もあって、さらに幸せな気分になれるなんて、まさにローチョコレートはスーパーフードですね♪

バリ島でローチョコレートと言えばココ!

ローチョコレートですが、バリ島でも購入ができます!そのお店とは、最近バリ島で注目を浴びている「UBUD RAW CHOCOLAT FACTORY (ウブド ロー チョコレート ファクトリー)」です。ウブドは日本人に大人気の観光地なので、訪れる方も多いのでは?

「UBUD RAW CHOCOLAT FACTORY (ウブド ローチョコレート ファクトリー)」のローチョコレートは、ローカカオとココナッツミルク、パームシュガー(精製されていないヤシ砂糖)から出来ていて、すべてオーガニックの材料が使われています。とっても身体に良さそうですね♪

説明書き.jpg

写真の説明には、ローカカオを使った場合、焙煎されたカカオよりも4倍多くの抗酸化物質が含まれると書いてあります。

しかもこのお店では、気軽に1個(40g)を1万ルピア(日本円で約80円~※2019年4月現在)から購入できます♪オーガニックのローカカオ使って手作りした新鮮なチョコレートが、1個100円以下で買えるのにも驚きです。

バリ島南部に滞在するので、ウブドまで足を伸ばすのはちょっと・・・という方は、バリ島南部のチャングーにも店舗がありますので、そちらへどうぞ!

ロケーションとお店の雰囲気

「UBUD RAW CHOCOLAT FACTORY 」の本店はウブドのサヤン通りにあるのですが、今回私が訪れたのは、ウブドのゴータマ通りにある「UBUD RAW CHOCOLAT FACTORY 」のダウンタウン店です。

外の様子.jpg

ゴータマ通りはお散歩にちょうど良い落ち着いた雰囲気で、可愛いショップやカフェ、レストランなどが軒を連ねています。

外観.jpg

そして、ゴータマ通りに突如現れる青い店舗が「UBUD RAW CHOCOLAT FACTORY 」のダウンタウン店!目立つのですぐに見つける事が出来ます。

看板.jpg

この看板が目印です。店舗内でコーヒーやお茶と一緒に、ローチョコレートを頂くことも出来ます♪ローカカオのチョコレートドリンクも販売しています。ゴータマ通りのお散歩休憩にもってこいですね!

店内.jpg

店内はこじんまりとした雰囲気ですが、とても清潔で落ち着いた雰囲気です。入口のすぐ横に、ローチョコレートのショーケースがあり、すぐに持ち帰ることもできます。

ショーケース.jpg

ローチョコレート以外にも、ローカカオのカカオバターやカカオパウダー、オーガニックのパームシュガーも販売しているので、お菓子作りが趣味の方も必見です!

カカオ豆.jpg

なんと!ローカカオのカカオ豆も販売していました!甘い物やチョコレートが苦手な方も、お手軽にスーパーフードを頂けちゃいます♪

チョコレート1.jpg

ローチョコレートは4種類の味があり、それぞれ大きさによって価格が変わります。また、商品名が書かれた青い札には、原材料が明記されていますので、ローチョコレートを選ぶ際の参考になります。どれにしようか悩んでしまいますね♪

詰め合わせ.jpg

どれにしようか選べない方や、全種類の味を楽しみたい方は、かわいい瓶に入った詰め合わせがお勧めです!4種類のローチョコレートが入っているので、1瓶ですべての味をお試しできます!私は悩みに悩んで、4種類とも1番小さいサイズ(40g)を1個ずつ購入しちゃいました♪

ウブドのローチョコレートを食べてみました!

チョコレート2.jpg

まずは、4種類のお味をご紹介します!

  • PURE&RAW(プレーン、写真手前右側)
  • WILD ORANGE & FIG(ワイルドオレンジとドライイチジク、写真手前左側)
  • REISIN' CASHEW(レーズンとローカシューナッツ、写真奥右側)
  • MINT & GOJI BERRY(ミントとクコの実、写真奥左側)

になります。どの味も魅力的です!

それでは早速、ウブドのローチョコレートを頂きます♪ひと口食べて、すぐに素材の良さが分かります!雑味や酸味が無く、カカオの香りが口の中に一瞬で広がります。味はほろ苦くて程よい甘さ、後からふわっと各素材の香りを感じます。また、バリ島の暑さでも溶けないチョコレートなのに、口の中ではとろけてしまいます♪

個人的には、MINT & GOJI BERRYが一番好みの味でした!ミントが強すぎず、それでいてとても爽やかな香りで、チョコレートとの相性は抜群!

冷えて硬いうちに食べても十分美味しいのですが、常温で少し時間を置いて、柔らかくなってから食べるとクリーミーな味わいになります。乳製品を使っていないのに、こんなにクリーミーなんて驚きです!

そしてもっと驚きなのが、2個食べただけでお腹がいっぱいに・・・一番小さいサイズ2個でも十分満足できちゃいます♪私は全部の味を試したくて、4個すべて頂いたら、夕食がいらないほどお腹がいっぱいになってしまいました!腹持ちも良くて、チョコレートなのに本当に不思議です!

また、今回ご紹介しましたローチョコレートは、無添加のナチュラルな食品なので、すぐに食べない時は冷蔵庫で保管をして下さいね。

最後に

疲れた時にスイーツが欲しくなったら、やっぱり身体に良い物を食べたい!バリ島で旅の疲れが出て来た頃に、ローチョコレートは最高のおやつになると思います!バリ島でのティータイムのお供に、ローチョコレートはいかがでしょうか?

お店の詳しい場所は下記になります。バリ島のオーガニックカフェやショップでも販売していることがありますが、下記店舗なら確実に購入できますので、ぜひ訪れてみて下さい♪

UBUD RAW CHOCOLAT FACTORY (ウブド ロー チョコレート ファクトリー)

MAINE OFFICE & FACTORY SHOP / CAFE

  • 所在地:Jl. Raya Sayan No.74, Sayan, Ubud
  • 定休日:日曜日
  • 時間:10~17時
  • 電話:(0361) 975794 , +62 813 3893 9080

DOWNTOWN UBD SHOP

  • 所在地:Jl. Gootama No.8, Ubud
  • 定休日:なし
  • 時間:10~22時
  • 電話:(0361) 975794 , +62 819 0749 4320

CANGGU SHOP / CAFE

  • 所在地:Jl. Raya Semat, Canggu, Kuta
  • 定休日:なし
  • 時間:10~22時
  • 電話:(0813) 3893 9080 , +62 821 4713 9102

※今回訪れた「DOWNTOWN UBD SHOP」の地図です。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kucing
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/05/25最終更新日:2019/05/25

Views:

この記事に関連する記事

インドネシアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.