たびこふれ

先住民アボリジニーの体験型テーマパークなら家族で1日楽しい!

記事投稿日:2019/04/08最終更新日:2019/04/08

Views:

ケアンズは自然いっぱいの街として有名ですが、オーストラリア最大の先住民アボリジニーをテーマにしたカルチャーパークがあるのをご存知ですか?ケアボリジニーの歴史は4万年前にも遡り、その歴史を学べるだけでなく、フレンドリーなアボリジニーのガイドさんと一緒に文化体験できるので、大人も子供も楽しいテーマパークなのです!

今日は一緒にジャプカイ・アボリジナル・カルチュラル・パークを体験してみましょう♪

目次

1.そもそも「ジャプカイ」ってなんでしょう?

ジャプカイとは4万年前にケアンズ一帯に住んでいたアボリジニーの部族「ジャプカイ族」のこと。アボリジニー文化は「世界最古の文化」とも言われ、オーストラリアの豊かな自然と密接に関わった歴史をもっています。ジャプカイ族のケアンズ一帯の自然と共に暮らしてきた創世記の物語をシアター形式でクリエーションショーで学べます。

dance

そして、ジャプカイダンスショーでは、アボリジニーの伝統楽器ディジュリドゥの演奏と共に伝統的なアボリジニーのダンスを楽しむことができます。見るだけでなく、ステージ上で火をおこしたり、ショーの最後には、観客まで一緒に掛け声をかけ、一緒に踊るというなんとも楽しい、参加できるショーなんです♪

2.アボリジニーの文化を「やってみる」楽しさ!

アボリジニーの伝統楽器ディジュリドゥは、知ってはいても、どうやってあんな木をくり抜いただけに見える筒状の楽器を演奏しているんでしょうかね~。

そんな疑問も「体験型」ジャプカイ・アボリジナル・カルチュラル・パークなら、アボリジニーのガイドさんがユーモアたっぷりに楽しく教えてくれます。

didge

教えてもらっても、なかなか急に吹けるものではなく(笑)、難しそうですが、ジャプカイ・アボリジナル・カルチュラル・パーク内のお土産屋さんで吹いてみることも可能なんだそうですよ。音を出すことすら難しい、という体験により、ますますアボリジニーの文化体験って面白い!と思えるのでした。

spear

やり投げもアボリジニーのガイドさんに直々に教えてもらえるんです!

ひろーい敷地で思い切りやりを投げたり、ブーメランを投げたり、この日も各国からいらしたご年配の方も子供のように楽しまれていました!

3.広々パーク内は緑いっぱい、清々しい!

上のやり投げやブーメラン投げ会場、広々としていますでしょう?そうなんです、パーク内は、木々が風にそよいでなんとも気持ちがいい!

bushfood

アボリジニーのガイドさんが、「ブッシュフード」つまりアボリジニーが昔から受け継いできた熱帯雨林の食べ物を説明してくれます。実際に葉の香りをかいでみたり、実を触ったり、風に吹かれながら説明を聞くのは心地よいものです。

skyrail

パーク内は、広くて緑いっぱいなので、小さな子供たちも自由に走り回れますし、実際緑の中でピクニックを楽しまれるご家族もいらっしゃるのだとか。

私も景色を楽しんでいたら、あら?スカイレールが見えますね♪

そう!ジャプカイ・アボリジナル・カルチュラル・パークは、スカイレールの乗り場のすぐ隣にあるんです!スカイレールに乗るついでにアボリジニーのテーマパークで楽しむというのもまた「熱帯雨林満喫」がより充実したものになりますね!

4.ジャプカイ・アボリジナル・カルチュラル・パークに出かけよう!

スカイレール乗り場のすぐ隣にあるので、迷いません♪この建物が目印です。

tjapukai

アボリジニーガイドさんのご案内は英語ですが、詳しい日本語パンフレットがあるから大丈夫♪さらに日本語ジャプカイアプリもあるのですよ!基本料金には、この記事でご紹介した画像のほかにフェイスペインティングやクリエーションショーも含まれているので、盛りだくさん!

souvenir

お土産屋さんも充実していて、現代的なデザインのおしゃれなアイテムも多数揃っています。アボリジニーグッズは街のお土産屋さんでもみかけますが、スタイリッシュなアボリジニーアイテム、上質なアボリジニーグッズをお探しなら、きっとここなら見つかるはずです♪

所在地

4 Skyrail Drive Cairns

プロフィール画像
この記事を書いた人
キャノン美佳
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/04/08最終更新日:2019/04/08

Views:

この記事に関連する記事

オーストラリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.