たびこふれ

タイのトイレってキレイなの?!タイの気になるトイレ事情をご紹介

記事投稿日:2019/03/02最終更新日:2019/03/02

Views:

IMG_20190214_160640.jpg

みなさん旅の行先を決める時や参加するツアーの予約をする際に心配することありますか?私も含めて旅が好きな女の子でもみんな口を揃えて言うのが「トイレ」。「トイレは、できる限りきれいな所を使いたい!」という人が意外にも多いんです。

旅慣れた旅行が好きな女性でも、トイレの清潔さやキレイさを重視しする割合は実際かなり高くツアーで訪れる場所を事前にチエックしてトイレがあるかないかだけでもチエックしておくという女性もいます。

ということで、今回は、意外に旅行の重要スポットでもあるタイのトイレ事情をご紹介したいとも思います。

目次

洋式に和式風トイレ。ウォシュレットは、手動式?!

タイにあるトイレのタイプは大きく分けて3つ。1つは、スタンダードな「洋式水洗トイレ」。ウォシュレットはついていませんがその横にノズル付きのホースが壁に引っかかっています。これは、手動式のウォシュレット。使い方も、もちろんスタンダートでシンプル。ただフックの部分を押せばお水がでてくる仕組みになっています。

2つ目は、日本の和式トイレのようなしゃがんだスタイルで利用するタイプのトイレ。

ただしこのトイレは水洗ではなくトイレの隣にある水をためてある場所から、桶を使って流すタイプです。このタイプは、タイの自治体が運営する公共の施設や寺院、バスツアーの休憩場所になることが多いガソリンスタンドなどがこのタイプのトイレを利用していることが多いです。

しかも、このタイプのトイレはトイレットペーパーがほぼないパターンが多いので要注意!バス利用のツアーやローカルスポットを訪れようとしている方は、ティッシュペーパーは持ち物リストに入れていった方がよいでしょう。(ただし有料トイレの場合はお金を渡すのと同時にティッシュをいただけます。)しかも水は手動スタイルで流す為流れにくいのでご注意を。

それから、こちらのトイレ、一見すると和式トイレですが、しゃがみ方は和式と反対ポーズで、ドアに向かってしゃがむがタイのトイレの正しい使用方法なのでお間違いないように。

最後は最近ホテルや商業施設でボチボチ出会えるようになってきたウォシュレット式のトイレ。首都バンコクだとBTSアソークの前に建つ「ターミナル21」。空港をテーマにしているこのショッピングモールは各階ごとに都市があり、トイレもそのテーマの国に添った内装なので各階のトイレを見て回るだけでも面白いスポットですよ。

トイレットペーパーは流せない?

タイのトイレは、配水管が細いのと、トイレットペーパーの質も悪く、紙が詰まりやすいといわれています。トイレットペーパーが置いてあってもトイレの横にゴミ箱のようなものがあったら必ず流さずそこに捨てるようにしましょう。

意外に詰まらないだろうな~と思ってトイレットペーパーを普通にトイレに流していると、逆流して詰まってきたなんてこともあるので要注意。過去に空港のトイレは、そんなことがよくあったので公共の施設では特に気に掛けるようにしてみましょう。

最悪トイレットペーパーがない場合は、現地に住んでいる人たちのように「手動式のウォシュレット」を使いましょう。

トイレNO1は断トツ「ホテルのトイレ」

トイレが本気できれいな所でないとダメ、という方におすすめするのが高級ホテルのトイレ。しかも、ホテルのトイレは、トイレにそのままトイレットペーパーを流していいところが多いんです。ロビーエリアにあるトイレであれば、外部の人も利用できるので気になる方は事前にどこにホテルがあるかチエックしてみてはいかがでしょうか?

商業施設のトイレもきれいですが、トイレの数が少なく混んでいる場合もあるので、選択肢があるのであれば「ホテルのトイレ」を利用した方がよいでしょう。

いかがでしたか?経済発展がめまぐるしいタイでは、トイレ事情も少しずつ変わってきてきれいで清潔なトイレが多くなりましたが、日本とちょっぴり違う利用方法なのでみなさん今回の記事を参考に旅行中は快適にトイレを利用してみてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
徳武 加奈子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/03/02最終更新日:2019/03/02

Views:

この記事に関連する記事

タイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.