たびこふれ

クルーズ・コンサルタントに合格!「ぱしふぃっくびぃなす」乗船体験記

記事投稿日:2019/01/09最終更新日:2019/01/09

Views:

目次

クルーズ・コンサルタント(C・C)という資格があるのをご存知ですか?

日本外航客船協会(JOPA)と日本旅行業協会(JATA)で組織されているクルーズアドバイザー認定委員会という組織が実施している研修(座学)と試験に合格し、体験乗船研修を終えると、資格が取得できます。受験者は主に旅行会社に勤務している人になりますが、この試験がまぁ難しい。 試験の内容は、クルーズ客船の構造や船内サービス、旅行業法・約款、旅客運送約款、船会社と販売代理店についてなどの問題が出題されます。

事前にテキストが配布されますが、なんと、過去問がない為、傾向と対策が練られない。ただ、約款以外の設問に対しては、一に暗記、二に暗記、三四がなくて五に暗記というくらい、テキストを丸暗記して試験に臨めば合格できます。が、2018年度の合格率49.2パーセントという数字があらわしている通り、なかなかの難関です。

受験者が1番頭を悩ませている設問は、船の煙突(ファンネル)をみて、船名を答え、その船を販売する代理店はどこかという設問は私も含め、なかなか難しい設問です。

クルーズ・コンサルタント認定がされるようになってから全国で延べ7900名が資格を取得していますので、クルーズ旅行を旅行会社にご相談される際には、クルーズ旅行に関する資格保持者がいることは心強いのではないでしょうか。

資格認定のための座学研修および試験は毎年10月に行われ、結果発表が11月、資格を取得するための体験乗船が12月~3月というスケジュールとなっております。上述したように頭全体を使って試験に臨むため、11月に試験合格の連絡を頂いたときは非常に舞い上がり、体験乗船で割り当てられるクルーズが1nightとはいえ大半の合格者がクリスマスクルーズに乗船することになるので、またテンションがあがります!

今年度の1本目の体験クルーズは?

大阪天保山(南港)発着のぱしふぃっくびぃなすのクリスマスクルーズでした。

クリスマスツリー.jpg

クリスマス飾りつけ.jpg

体験乗船のスケジュールとしては、一般のお客様より早く港に集合し、船内を見学、座学を経て、船内サービス・イベントの体験となります。

船内座学研修.jpg

座学終了後は、思い思いのプランで過ごす為、船室に配布されている船内新聞でイベントの時間を確認し、○○時は、6階、▲▲時は、8階、あっ!その間に夕食(クリスマスディナー/フランス料理のフルコース)食べなくちゃ!大浴場があるからお風呂も入りたいし...などなど。今回乗船されていたお客様は平日ということもあってか、シルバー世代の方がほとんどで、社交ダンススクールのメンバーで乗船されている方もいらっしゃいました。

クルーズ旅行は、1度でこりごりだわ。というお声はあまり聞いたことがなく、ほとんどの方がまた乗船したい!とおっしゃられます。

まだ乗船されたことがない方からするとなぜ?と思われると思いますが、ぱしふぃっくびぃなすの場合でいうと、

  • ①船内スタッフ1人が担当する乗客数は2.1人。ということは、1部屋2人としたら、ご夫婦1組に対して1人のスタッフがつくという計算になります
  • ②アルコール以外は飲み放題(一部メニューは除きます)
  • ③起床から就寝までの間に、朝食、昼食、夕食、夜食、ケーキタイム、サンドイッチタイム、ミニケーキなどなど1日中食べられます。夜食については、夕食でフルコースをしっかり食べているにも関わらず、23:00~提供され、また夜食会場になんとたくさんのお客様がいらっしゃることか。夜食を楽しみにしています!というお客様がいらっしゃるぐらい、夜食も美味しかったですよ。(今回のクルーズの夜食は塩ラーメン、カニ雑炊、巻きずし、サンドイッチなどでした)
  • ④イベントが時間すきまなく予定が組まれているので、退屈どころか忙しい。あっち行って、次こっち行ってと。またフロアも上のフロア、下のフロアと階段昇降もあったりして、結構歩きますので、万歩計を持参して乗船するのもいいかもですね。
  • ⑤大浴場、エステ、美容院・理容院もあります。(営業しないクルーズもあります)
  • ⑥客船には、フィンスタビライザーという横揺れ防止が施されていますが、それでも天候によっては揺れます。が、船内には酔い止めも常備されていますし、ドクターもいますので、安心です。船内を楽しんでいたら船酔いしている暇はないかもしれません。
  • ⑦荷物の移動が乗船と下船の時だけなので、煩わしさが少ない。
  • ⑧乗船の時はスタッフが客室前まで、下船の時は下船口までスタッフが荷物を運んでくれます。
  • ⑨記念日に乗船したら、ちょっとしたお祝いイベントがあります。乗船日が誕生日、結婚記念日などに該当されるお客様は是非お申し出くださいませ。

これだけ至れり尽くせりな時間が過ごせるクルーズ旅行は、病みつきになること間違いないですね。

タオルドールとクリスマスカード.jpg

ティータイム.jpg

クリスマスメニュー.jpg

夜食の塩ラーメンといなりずし.jpg

船室内には、ほとんどのアメニティが常備されていますので

  • ①着替え。
    フォーマルを着用する日があれば、履きなれた靴とフォーマル衣装用の靴も必要です。
  • ②寝間着(船内にはございません)
  • ③普段服用されているお薬
  • ④お金とクレジットカード。
    乗船したときにフロントでクレジットカード登録をしたら、下船日前日まではお財布いらず!
  • ⑤お化粧品
  • ⑥クルーズカードケース
  • ⑦カメラ・携帯および充電器具

この7品目を準備すればまずは乗船がお楽しみ頂けます!

クルーズカード.jpg

体験乗船の際、日本クルーズ客船(ぱしふぃっくびぃなすの運航会社)の方から、乗船予約をされる際に、食物によるアレルギー、車いすの利用有無、ご希望の船室番号などのリクエストを受け付け致しますとお話がありましたので、こんな希望も叶えてもらえるかしら?という思いがあれば、まず旅行会社へご相談くださいませ。船会社に確認をして、改めてお客様へご回答申し上げます。
車いすのご利用については、安全面の関係で必ずお申し出くださいませ。船内では車いすの貸し出しやバリアフリーの船室もありますので、ご希望の場合はご相談ください。

バリアフリールーム.jpg

さいごに

今回乗船いたしましたクルーズは、船内いたるところにクリスマスの飾りつけがあり、クリスマスムード満点!船内は本当に非日常的な空間です。まだクルーズ旅行をされたことがないこの記事をお読みの方に、是非1度、日程の短いクルーズからでも乗船して頂けたらと思います。是非私達と一緒にクルーズを満喫しましょう!

プロフィール画像
この記事を書いた人
チカちゃん 5歳
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/09最終更新日:2019/01/09

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.