たびこふれ

北方領土に初上陸!択捉島・国後島は自然の絶景たっぷり!温泉、料理、買い物と、知られざるその魅力をご紹介します!

記事投稿日:2018/12/26最終更新日:2018/12/26

Views:

2018年10月、ビザなし渡航で「北方四島」に行きました!

択捉島(えとろふとう)・国後島(くなしりとう)・色丹島(しこたんとう)・歯舞群島(はぼまいぐんとう)からなる「北方四島」は、なかなか渡航できるチャンスの無い場所です。今回はその中で、「択捉島」と「国後島」の状況をレポートします。

>「北方領土」について詳しくはこちらをご覧ください(独立行政法人 北方領土問題対策協会)

目次

<択捉島>

<国後島>

1.1 衝撃の出張命令

9月のある日、上司から出張命令がでました。

「ちょっと10月に出張に出てもらえないか?」

月に2度ほどは出張がある私には日常茶飯事のことなので、二つ返事で

「承知しました。日程を教えてください」と返答しました。

数時間後、パソコンに送られてきた行程表を見てびっくり!!

なんと「北方領土」! しかも5日間。

衝撃の出張命令です。

1.2 根室港から択捉島へ、いざ出発!

24  IMG_4604.JPG

台風24号が迫る中、まずは北海道東部の根室港に向かいます。2012年就航の「えとぴりか」という船で出港です。

IMG_4443.JPG

船名の「えとぴりか」をみなさんご存知ですか?

えとぴりかとは、北海道東部で見られる海鳥です。北方四島、特に歯舞群島や国後島で生息し、絶滅危惧種に指定されている貴重な鳥です。北方領土イメージキャラクターのゆるキャラ「エリカちゃん」も、船内でたくさん見かけました!

船内には大浴場も完備。バリアフリー化されている新型船のため、快適に過ごせます。

IMG_4431.JPG

通常と異なるところが一つ。実は椅子が固定されています。船が揺れた際に散らばらないよう考えられているんですね。

1.3 難所の海域「国後水道」を越えて

船に揺られること数時間、まずは国後沖で入域検査。ロシアからの検査官が乗り込み、身分チェックです。なぜか緊張感が高まる瞬間です。

IMG_4437.JPG

その後、一昼夜をかけて択捉島を目指します。

地図上ではとても近く見えますが、途中の「国後水道」という海域が曲者。

とても潮が速く、揺れる難所で、しかも後日聞いた話だと、特に風と波が強く揺れた航海だったようです。船に強いとは言えない私は、ひたすら寝るばかり。ただ、日頃の疲れを癒すにはぴったりでした(笑)

2.1 いよいよ上陸!沖縄本島よりも大きな択捉島

まずはじめは、択捉島に上陸しました。「択捉(えとろふ)」とはアイヌの言葉で「岬の多くあるところ」。温泉が豊かに湧く、沖縄本島より大きな島です。

①IMG_4740.JPG

こちらは択捉島の中心「紗那(しゃな)」の街中の様子です。一部くたびれた建物もありますが、想像していたよりきれいな建物も多い!

道路も舗装され、カラフルな建物が目立ちます。

2.2 択捉島は温泉天国!

択捉島には活火山がたくさんあるので、温泉が豊かなんだそうです。

②IMG_4747.JPG

また近年、観光にも力を入れており、温泉施設も新たに誕生!今回見学した施設は最近できたもので、とてもきれいです。

③IMG_4749.JPG

露天風呂もありますが、私たちが通常見るものとは違い「公園に突然お風呂」といった感じ。開放感満点です。

2.3 択捉島の昼食は...魚中心のロシア料理

④IMG_4739.JPG

市内のレストランで、わたくし初体験のロシア料理。日本人にも好まれる味付けで美味しくいただけます。

特に、スープは魚の出汁が出ていて絶品!地域がら、お肉よりもお魚中心のメニューが多いようです。

2.4 絶景の秘湯を求めて出発!

午後からは、秘湯へ向けて出発!指臼岳(さしうすだけ)中腹にある温泉施設を目指します。

⑤IMG_4759.JPG

気持ちよく車を走らせていると、途中からものすごい悪路に・・・。だから用意されていたバスがこんなに立派だったのかと妙に納得します。

道路というより、少し大きな獣道(笑)をひたすら進むこと1時間。

⑥IMG_4764.JPG

じゃーん!! 山の中に突然、野性味あふれる池が!

⑦IMG_4767.JPG

うっすら緑がかっているところなんて、中国の秘境「九寨溝(きゅうさいこう)」のミニチュア版といった感じです。

湯量も豊富で、硫黄のにおいが立ち込めていて、まさに「The 温泉」。

⑧IMG_4760.JPG

今回は少し早かったですが、もう2~3週間すると周辺の紅葉も楽しめます。

当日の入浴客はいませんでしたが、現地の方も入りに来る温泉とのこと。入浴には水着が必要なので、次回来るときは是非忘れないようにしないと。

2.5 豊かな自然の択捉島。山の景色も絶景です

⑨IMG_4772.JPG

最後は、途中に訪れた山頂付近から。

択捉島一番の町「紗那(しゃな)」を一望し、中央に択捉島最高峰「散布山(ちりっぷさん)」。まるで富士山を思わせる稜線が絶景です。

また、貴重な野鳥もたくさんいるそうなので、北方四島は、鳥好きにはたまらない魅力的な島ですね。

3.1 続いて、国後島に上陸!

⑩IMG_4836.JPG

翌日早朝、国後島(くなしりとう)の古釜布(ふるかまっぷ)沖合に到着!

⑪IMG_4841.JPG

よーく見ると、海鳥がたくさん生息しています!さらに、沖合には沈没船も!

3.2 ヒグマが出ることも...レンジャー同行でハイキング!

⑫ IMG_4805.JPG

この日は、ストルボフスカヤ自然散策路のハイキングです。片道約4kmの道のりを散策します。

⑬IMG_4803.JPG

しかも、レンジャーの同行付き!

どうやらヒグマが出没するようで、自由行動はご法度です。

⑭IMG_4809.JPG

道なき道を進むこと1時間。。。

15 IMG_4813.JPG

開けた場所に出てきました。手を入れてみるとなんと・・・温泉!そうなんです、温泉が自噴している川です。

ひとっ風呂といきたいところですが、周りにクマが出るなんて聞いてしまっていると・・・。今回は手だけあったまりました。

16 IMG4819.JPG

さらにそこから10分歩くと海に出ます。まさに疲れも吹っ飛ぶ絶景です。

17  IMG_4817.JPG

海の向こうに見えるのは北海道・知床半島。さらに遠方ですが、景勝地「材木岩」もご覧いただけます。柱状節理がとても美しい絶景です。

そしてさらにさらに驚きが!!

なんと、携帯電話に北海道の電波が入るではありませんか!!

根室を出発して3日間。久しぶりに携帯がスイスイ動くことに感激です!!

3.3 贅沢に海鮮を使った具沢山のスープで昼食

18-2 IMG_4826.JPG

この日の昼食は、日本人とロシア人の友好の家でいただきました。

18  IMG_4829.JPG

今日のスープは、カニ・エビ・ホタテ・貝などなど、具だくさん。日本で食べたらいくらするんだろうと考えてしまうくらいの豪華なものです。海鮮資源が豊富な地方の、贅沢な料理ですね。

3.4 きらびやかな内装のギリシャ正教会

19  IMG_4855.JPG

こちらは、ギリシャ正教会。2012年に建築されたそうです。

20  IMG_4849.JPG

ご覧の通り、内部はとてもきらびやか!

ちなみに、男性は脱帽、女性はスカーフを借りて髪を隠す必要があります。

3.5 国後島でのお買い物は、、、?

最後は旅のお楽しみ、ショッピングです。

21 IMG_4850.JPG

突然ですが、皆さまへ問題です。このお店、どんなお店だかお分かりになりますか?

看板を見ても、外から覗いても、ほとんど分からないため、勇気を出して入ってみると。。。

22 IMG_4851.JPG

23 IMG_4852.JPG

中は、いたって普通のスーパーでした(笑)

国後島産のお土産は見つけることが出来ませんでしたが、ロシア・韓国・中国産の商品が目立ちます。

どんなものがいいか、目を凝らして探しましたが言葉が読めません・・・。無難にワイン、チョコレートを購入です。

4. 観光地としてオススメできる、択捉島・国後島でした

どちらの島も、自然がたっぷりで雄大な景色が楽しめる観光地として、今後ご紹介したい場所です。

近いうちに、多くの方が訪れることが出来る場所になるといいですね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
NAOKI
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/12/26最終更新日:2018/12/26

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.