たびこふれ

マドリードで地下鉄に乗るにはカードにチャージ。1トリップ、10トリップス、空港特別料金別に解説!

記事投稿日:2018/10/27最終更新日:2018/10/27

Views:

スペインのマドリードの地下鉄は、2017年10月14日から従来の紙の切符は全面廃止され、クレジットカードと同じ大きさのカードにチャージをして乗らなければならなくなりました。

metro2.JPG

今回は、スペイン人も手こずるカードの発行~チャージ方法を中心に、地下鉄の乗り方をご説明します。

目次

<地下鉄の乗り降りはカンタン>

<スペイン人も苦労するカードの発行~チャージ>

<空港特別料金の精算>

<お得情報>

地下鉄の乗り降りはカンタン

カードを発行し切符をチャージさえすれば、地下鉄の乗り方、降り方はとても簡単です。

改札に入るとき

改札機の上の緑色の皿にカードを当てると、扉または回転棒が自動に開きます。

metro28.JPG

路線図と同じ色の番号と終着駅の書かれた表示板に沿ってホームに行きます。

metro29.JPG

ホーム手前には、各駅名の書かれた表示板もあります。

metro30.JPG

緑色の表示板に白で「Salida」と書かれているのが出口という意味です。

metro31.JPG

目的地やエスカレーターの方向も出ています。

metro32.JPG

改札を出るとき

地下鉄を出る際は、カードを改札機に当てる必要はありません。(空港のみ、空港特別料金があるため、出る際も改札機にカードを当てます。)自動で開く改札もあれば、手で押す改札もあります。

metro33.JPG

metro34.JPG

では、1番安い区間を買えばいいと思うかもしれませんが、抜き打ちの検査があり、キセルがばれると、大変高い罰金が取られます。

スペイン人も苦労するカードの発行~チャージ

地下鉄の乗り方、降り方は簡単なのですが、機械でカードを発行しチャージするのが少々難しいのです。スペイン人でさえ四苦八苦して、係員に助けを求めてる次第で、言葉が分からない日本人にとっては大汗ものです。

そこで、地下鉄カードの発行方法とチャージ方法を説明していきましょう!

  • 地下鉄の路線図を見ると、黒で書かれたZONA Aと、赤で書かれたZONA B1、ZONA B2、ZONA B3というエリアに分かれているのが分かります。空港もZONA Aのエリアに含まれていますので、今回はZONA Aのみの説明です。
  • 言語は英語、フランス語、ドイツ語に変更できますが、手順は同じなので、最初に画面に出てくるスペイン語での説明です。
  • 1トリップ、10トリップス、空港特別料金支払いの説明です。
  • 日本では小数点を「.(ピリオド)」で表記しますが、スペインでは「,(コンマ)」を使います。

1トリップと10トリップスのどちらが得?

【1トリップとは】

1トリップは、乗車区間によって料金が違います(5駅まで1,50ユーロ、6駅1,60ユーロ、7駅1,70ユーロ、8駅1,80ユーロ、9駅1,90ユーロ、10駅以上2,00ユーロ)。チャージした当日限り有効で、地下鉄利用ごとにカードは空になります。

【10トリップスとは】

10トリップスは、区間によっての料金の違いはなく12,20ユーロです。市内バスの利用も可能です。計10回地下鉄を利用でき、有効期限もありません。ただし、残っても払い戻しは出来ません。

例えば、2人で5回地下鉄に乗った場合、1回の利用金額は
12,20ユーロ÷(2人x5回)=1,22ユーロ
となり、1トリップよりもお得になります。

マドリード滞在期間に地下鉄の利用回数が多いのであれば、10トリップスがオススメです。何人で何回地下鉄に乗るかを考慮した上で、1トリップにするか10トリップスにするかを決めましょう。

なお、カード発行時に手数料2,50ユーロがかかります。1トリップ、10トリップス共に、何人であっても、乗る駅と降りる駅が同じであれば、1枚のカードを使用することが可能ですので、人数分カードを発行する必要はありません。

カードを買ってみよう

metro4.JPG

metro35.JPG

  • 初回のカードが発行できる機械は、赤い帯が貼ってるものと、赤白の2トーンカラーのものとがあります。
  • カードの発行のみはできません。発行と共にチャージをしなければなりません。
  • 1つのカードに、同じエリアで違うタイプのチャージ(ZONA Aの1トリップチャージ+ZONA Aの10トリップスチャージ)は出来ません。
  • 幅の狭い機械はカード払いのみ、幅が広い機械はカード、紙幣、硬貨での支払いができます。

1トリップとは(1回ごとに駅を指定)

  • 購入当日限り有効
  • 1つのカード(2,50ユーロ)で何人でも乗れますが、カードを持っている人と同じ駅で乗り降りしなければなりません。
  • 5駅目までが1,50ユーロで、6駅目から1駅ごとに0,10ユーロあがります。2,00ユーロを最高額とし、10駅以上乗っても2,00ユーロです。
  • 空港ターミナル1,2,3(Aeropuerto T1-T2-T3)と空港ターミナル4(Aeropuerto T4)は、特別料金として3,00ユーロ増しになります。(4,50ユーロ~5,00ユーロ)

【1トリップ】初回のカード発行+チャージ

① 赤い帯のついた機械の最初の画面です(写真と違う画面が出ていたら1度タッチ)。右側の「Adquirir tarjeta」をタッチします。

metro5.JPG

②「1 VIAJE」「10 VIAJES」「AEROPUERTO」の「1 VIAJE」(1トリップ)が他より白くなっていますから、右下真中の緑色の「aceptar」をタッチします。

metro6.JPG

③ 「SENCILLO METRO ZONA A」「SENCILLO COMBINADO」「SENCILLO TFM」の「SENCILLO METRO ZONA A」(ZONA Aの1トリップ)が他より白くなっていますから、右下左の緑色の「aceptar」をタッチします。

metro7.JPG

④右側には色分けをした各路線番号が出ています。路線番号をタッチすると、その路線の各駅名が出ますので、行き先の駅名をタッチします。
左側にはアルファベットが並んでいます。行く先の駅名の頭文字をタッチすると、そのアルファベットの駅名が全て出ます。Sをタッチして、Solをタッチしてみました。

metro8.JPG

metro9.JPG

metro10.JPG

⑤1番上の赤い所の「Importe total a abonar」の4,00ユーロが1人分の総料金です。その下の枠は、上の「Tarjeta MULTI」の2,50ユーロがカード代で、下の「SENCILLO METRO 5 EST.」には5駅で1,50ユーロと出ています。!マークの所には「本日限り有効」と出ています。1人分で良ければ、右下の1の数字の下に緑色の「aceptar」のボタンがあるのでタッチします。

metro11.JPG

⑥例えば⑤の画面下の1の数字を「+」で10に変えて「aceptar」のボタンとタッチすると、次の画面にはカードの2,50ユーロと10人分15,00ユーロが足されて17,50ユーロと出てきます。人数を入力したら「aceptar」をタッチします。

metro12.JPG

metro13.JPG

⑦「領収書はいるか?」と聞いていますので、上の「SI」をタッチします。

metro14.JPG

⑧ 料金を払い5秒ほど待つと、画面下の透明な取り出し口に、カードとレシートが出てきます。

metro15.JPG

metro16.JPG

⑨カードを改札口上の緑色の丸い皿に当てて通ります。改札の開閉ごとにカードを皿に当て、1人ずつ通ります。

【1トリップ】チャージ(カード所持)

  • 1トリップは使用ごとにカードが空になるので、10トリップスをチャージすることも可能です。

① 画面は無視して、挿入口にカードを差し込みます。

metro20.JPG

metro21.JPG

②初回のカード発行時と同様に②から⑨の作業をします。(⑤のカード代はありません。⑧のカードは出てきません。)

10トリップスとは(駅の指定なし)

  • 有効期限なし
  • 市内バスも利用可能
  • 残っても払い戻し無し
  • 1つのカード(12,20ユーロ)で何人でも乗れます。どこから乗っても、どこで降りても良いですが、カードを持っている人と同じ駅で乗り降りしなければなりません。
  • 10トリップス(1チャージ)が12,20ユーロで、1つのカードに20トリップス分までチャージ(2チャージ)できます。10トリップス以下になったら1チャージができます。
  • 空港ターミナル1,2,3(Aeropuerto T1-T2-T3)と空港ターミナル4(Aeropuerto T4)の特別料金は含まれていません。空港特別料金の3,00ユーロは、地下鉄の乗る前か空港の改札を出る前に、機械でチャージします。

【10トリップス】初回のカード発行+チャージ

① 機械の最初の画面です(赤白の機械は言語を選ぶスペイン、イギリス、フランス、ドイツの旗が出ています。また、写真と違う画面が出ていたら1度タッチします)。右側の「Adquirir tarjeta」をタッチします。

metro5.JPG

② 「1 VIAJE」「10 VIAJES」「AEROPUERTO」の「1 VIAJE」が他より白くなっていますから、画面右の赤の「↓」を1度タッチして「10 VIAJES」(10トリップス)に変更し、右下真中の緑色の「aceptar」をタッチします。

metro17.JPG

③ 「METROBÚS 10 VIAJES」(10トリップス・メトロバス)が白くなっていて、料金「12,20」ユーロとなっていますので、何も変更せずに右下緑の「aceptar」をタッチします。

metro18.JPG

④1番上の赤い所の「Importe total a abonar」の14,70ユーロが10トリップスの総料金です。その下の枠「Tarjeta MULTI」の2,50ユーロがカード代で、下の「1 METROBUS 10 VIAJES」には10トリップス12,20ユーロと出ています。数字の下に緑色の「aceptar」のボタンをタッチします。20トリップス分をチャージするのであれば、下の「+」をタッチし「2」に変え、「aceptar」をタッチします。

metro19.JPG

⑤ 「領収書はいるか?」と聞いていますので、上の「SI」をタッチします。

metro14.JPG

⑥ 料金を払い5秒ほど待つと、画面下の透明な取り出し口に、カードとレシートが出てきます。

metro15.JPG

metro16.JPG

⑦カードを改札口上の緑色の丸い皿に当てて通ります。改札の開閉ごとにカードを皿に当て、1人ずつ通ります。

【10トリップス】チャージ(カード所持)

  • カードが全て空になったら、行き先指定の1トリップをチャージすることも可能です。

① 画面は無視して、挿入口にカードを差し込みます。

metro20.JPG

metro21.JPG

② カードに少しでもトリップス分が残っていると、他のタイプのチャージは出来ないため、1トリップ、10トリップスの選択無しに、最初から「領収書はいるか」と聞いてきます。チャージをする場合には、上の「SI」をタッチします。(残りのトリップ数を知りたいだけなら、下の「NO」をタッチします)

metro14.JPG

③ 例えば、カードに3トリップス分が残っていると、左上の枠「Billete cardado」に3トリップス分が残っていて、その下の枠「Billete a cargar」には10トリップスを1回チャージ可能で、計13トリップス分になると出ています。左下に大きく「代金の支払い」と出ています。右側には料金は12,20ユーロと出ています。(残り数を知るだけなら、何もせずカードを抜きます。)

metro22.JPG

④ 料金を払い5秒ほど待つと、画面下の透明な取り出し口に、レシートが出てきます。

metro15.JPG

空港特別料金の精算

  • 空港は特別料金を払っていないと改札を出ることができません。

1トリップの空港特別料金のチャージ方法

① 他の駅に行くのと同じように、「1VIAJE」を選択し「Aceptar」をタッチした後に、路線番号「8」をタッチし、画面に出てくる駅名の中から「AeropuertoT1,T2.T3」か「AeropuertoT4」をタッチします。

またはアルファベットで「A」をタッチして、画面に出てくる駅名の中から「AeropuertoT1,T2.T3」か「AeropuertoT4」をタッチします。空港特別料金3,00ユーロの足された料金が出ますので、人数の変更があるなら「+」で変え「Aceptar」をタッチして支払います。

② あるいはカードを挿入し、出てくる画面を↓で「AEROPUERUTO」に移動し、「Aceptar」をタッチします。「AeropuertoT1,T2.T3」か「AeropuertoT4」をタッチして選択しますと、空港特別料金3,00ユーロの足された料金が出ますので、人数の変更があるなら+で変え「Aceptar」をタッチして支払います。

③ 空港の改札口は、出口側にも緑の皿がありますので、改札の開閉ごとにカードを皿に当て、1人ずつ通ります。

10トリップスの空港特別料金のチャージ方法

●乗る前にチャージする方法

カード挿入口に入れ、出てくる画面の右下の「otras opciones」をタッチします。

② 左下の「Suplemento Aeropuerto」をタッチします。

③ 右側の数字を、「+」「-」で乗った時の人数にして、右下の「aceptar」をタッチします。

1人分ですと料金は3,00ユーロ、2人分ですと6,00ユーロと出ますので「aceptar」をタッチします。

⑤ 「領収書はいるか?」と聞いていますので、上の「SI」をタッチします。

左下に大きく「代金の支払い」と出ています。

⑦ 料金を払い5秒ほど待つと、画面下の透明な取り出し口に、レシートが出てきます。

⑧ カードを改札口上の緑色の丸い皿に当てて通ります。改札の開閉ごとにカードを皿に当て、1人ずつ通ります。

●空港改札口手前でチャージする方法

空港の改札口手前にある機械は、空港特別料金のみがチャージできます。

① 空港の改札口手前にある機械の画面は無視して、挿入口にカードを差し込みます。

metro20.JPG

metro21.JPG

② あとは、上記の「●乗る前にチャージする方法」の③から⑧と同じ手順です。

もし近くに駅の係員がいて、手がすいているようなら、やってもらうのもいいでしょうが、みんなが頼むためにパッパと機械的にやってしまうので、覚えることができません。難しいと思うかもしれませんが、書いてある通りにやってみれば簡単にできるはずです。さあ、頑張ってやってみましょう!

お得情報

ツーリストパスを利用する

  • カード代無料
  • 空港特別料金込み
  • 地下鉄(Aエリア)、市内バス、国鉄レンフェ(Aエリア)乗り放題
  • 1日用(8,40ユーロ)、2日用(14,20ユーロ)、3日用(18,40ユーロ)、4日用(22,60ユーロ)、5日用(26,80ユーロ)、7日用(35,80ユーロ)
  • 1日を朝の06:00から夜中の01:30までとします。
  • 1人が1カード(複数での使用は不可)

例えば、バルセロナから往復飛行機を利用して、マドリードの1日観光をしようという場合、普通の地下鉄カードですと、中心地までの往復で10,00ユーロ、そしてカード代が2,50ユーロですから、12,50ユーロかかってしまいます。1日用のツーリストパスを利用すると、ずいぶんお得になりますね。

空港から国鉄レンフェ(Renfe)を利用する

  • カード無し(紙の切符)
  • 空港特別料金無し

マドリードの空港ターミナル4には、地下鉄も通っていますが、すぐ隣りに国鉄レンフェ(Renfe)も通っています。地下鉄に比べると本数は少ないのですが、チャマルティン駅(Chamartín)、ヌエボス・ミニステリオス(Nuevos Ministerios)、アトーチャ駅(Atocha)などに止まり、プリンシペ・ピオ駅(Principe Pío)が終点です。

なんと、2,50ユーロ払ってカードを発行する必要もなければ、空港特別料金もありません。アトーチャ駅までも、中心地のソル(アトーチャで乗り換えて1駅)までも2,60ユーロです。

日本からマドリードの空港に着き、地下鉄でソルに行くと、カード料が2,50ユーロ、空港特別料金を入れた地下鉄代が5,00ユーロですから、7,50ユーロもかかるところが2,60ユーロで済んでしまいますよ。

たとえターミナル1、あるいはターミナル2に着いたとしても、地下鉄までは、だいぶ歩きますので、到着口を出て2階に上がり、5分ごとに出ている無料トランジットバスに10分乗って、ターミナル4に移動すればいいですね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
佐々晶子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/10/27最終更新日:2018/10/27

Views:

スペインのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.