たびこふれ

デリーまで来たらここも!ニムラナフォートで非日常体験してきました。

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/09/02
最終更新日:2018/09/02

Views:

こんにちは。ノマダシアです。

今日は、デリーから車で約2時間のドライブコース、ニムラナフォートをご紹介します。今回のテーマは、「非日常を味わう」。普段では味わえない体験をしてきましので、ご紹介しますね。

目次

ニムラナフォートってどこ?

デリー中心部(コンノートプレイス)より車で2時間30分

ニムラナはラジャスタン州の街で1464年に3番目の州都になりました。現在のラジャスタン州の州都はジャイプルです。デリーの中心部コンノートプレイスから車で約2時間半。グルガオン、工業都市マネサール、バワルなどは同じ道を通り、一本道なので何かと込み合います。朝早くの出発がおすすめです。

地元では有名な日系企業工業団地

インド在住の日本人には非常に有名な場所でもあるニムラナ。なぜならインドの関税特区で日本だけの工業団地がここニムラナにあるからです。デリー、グルガオン(ハリヤナ州)にいらっしゃる駐在さんの多くがこのニムラナ工業団地に通ったり、ニムラナの日系ホテルで生活をしています。

ニムラナフォートの歴史

IMG_8351.JPG

ニムラナフォートの歴史は、1464年、デリーから来たプリトビラジチョハン三世によって当時ラジャスタン州の三番目の州都でもあったニムラナにパレス(宮殿)を作る事が始まりと言われています。インドには数々のパレスが存在しますが、その多くが主を失い有名なものは別として、朽ち果ててしまうのです。

このニムラナフォートも例外ではありませんでしたが、1986年、現オーナーが修復を試み、建築物の再利用に挑戦、ホテルへと変貌を遂げました。その後2004年にはホテルとして賞を頂くまでになっています。

現在は、スイミングプールやレストラン、パレス内の観光はもちろんアトラクションができる複合型商業施設となりました。デリーっ子にも非常に人気で、多くのインド人が近場のレジャーとしてニムラナフォートを訪れています。

ニムラナフォートのみどころ

21th August.jpg

フォートに到着後、坂道を駆け上がります。どのフォートもそうですが、昔の宮殿は敵がせめて来ないように山の上に建てられ、町を一望できる景観が特徴です。大きな門をいくつも潜り抜けて、広がる景色は本当にここはインドか?と思うぐらいの静けさ。鳥の声やリスの声が聞こえるおだやかな楽園です。

ニムラナフォートは、パレスの後ろ側にフライングジップと呼ばれるアトラクションが体験できます。ほかにもスイミングプールや、フォート内でのハイキングなどが楽しめるエンターテイメント型のパレスです。

IMG_8348.JPG

この日は、雨季にもかかわらずニムラナフォートは晴天.暑いぐらいの気温で絶交のフォート日よりでした。エアコンもないけれど、大自然ののラジャスタンの風がものすごく心地よかったです。

Fliying Zip (フライングジップ)で遊んでみよう!

zipline_2.jpg

フライングジップとは、フォート内に設置された鋼鉄のロープに滑車をつけて、体重をのせて傾斜を滑るターザンロープです。今回は、「非日常を味わいたい」というテーマで友達と3人でこのフライングジップで遊んでみました。

1. まずは登録、そして準備

フライングジップは予約制です。ニムラナフォートの一番初めの入り口で受付をしています。ランチ+フォート散策+フライングジップで3400Rs(約6500円)ランチのみは700Rs(約1200円)とお手頃価格で一日中遊べます。

neemrana-zip-lining.jpgのサムネイル画像

受付をすませ、(この日は当日予約で三十分まち)指定場所へ行くと、ベルトで下半身にフックがついたものを装着させられ、スタッフ2名と一緒に山登り。これが予想以上に相当急な坂道でした。上る事約40分。山の頂上に到着。10分ほど休憩後、簡単な講習会を受けます。

2.とにかく思いっきり!ターザンになろう!

neemrana-zip-lininghotel.jpg

子供の時、アスレチックなどで、ターザンロープという名のロープにしがみつくおもちゃがありましたが、大人のレジャーはそんなものではありません。合計5回のフライングが楽しめます。5-6名程のグループに2人のスタッフが始まりと終わりをサポートしてくれるので、初心者でも安心して遊べます。こちらは、飛び立つ前の風景。

Flying zip.jpg

講習で習うのが、スピードを抑える方法と、途中で止まった場合の対処。そうです。この渓谷の途中で体重移動が正しくされていないと、途中で止まってしまい、到着点まで、サルのように自分でロープをつかんで登っていきます。滑る時に思いっきりベルトに腰掛ける感じで後ろに体重をかけると、最後までスピード感が続きます。

3. スタッフが気持ちがいいほど親切!その他よかった事

私個人的にニムラナフォートのフライングジップで感動したのは、めちゃめちゃスタッフが親切です。カメラはもちろん動画の撮影も可能ですし、いろんな国からのお客様を迎えているようで、私が参加したグループのスタッフは片言の日本語が話せるフレンドリーな男の子でした。ほかにも、荷物の管理やランチのボーイさんも親切。そしてインドでは珍しい、トイレがきれいなど、リピート率かなり高いです。

1. デリーに飽きたらドライブへでかけよう
2. 10月から2月までは山登りも涼しくて楽しい事まちがいなし
3. とにかく空気がおいしい!大気汚染さようなら

大勢でわいわい楽しんでいくことをお勧めします。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ノマダシア
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/09/02
最終更新日:2018/09/02

Views:

この記事に関連する記事

インドのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.