たびこふれ

温泉ソムリエ菅井が薦める、那須にある大正12年創業の老舗「山楽」。御用邸と同じ泉質の大露天風呂で森林浴!

記事投稿日:2018/08/18最終更新日:2018/08/18

Views:

一度は訪れたい避暑地那須の憧れの高級旅館・山楽(さんらく)。なんといっても人気なのが山の涌き湯をそのまま引き込んだ源泉かけ流しの湯。毎分700Lと湯量もたっぷりです。高級といっても単にゴージャスとは違う、和の極みを感じる、素朴な風情の一流旅館と言えます。新幹線の那須塩原駅から無料送迎バスも出ているのでアクセスも比較的良いですよ。

今回は、そんな憧れの旅館「山楽」をご紹介いたします。

目次

旅館に到着!

DSC_1858.JPG

入ると木のぬくもりが感じられる玄関とロビー。

20180627_142754.jpg

20180627_142814.jpg

重厚感あるラウンジ。さすがは高級旅館。チェックイン時は、ワインやお酒、ソフトドリンクのサービスもあります。

20180627_142530.jpg

宿の奥は広い庭園となっており、ラウンジなどから一望できる、緑の芝生が眩しい。

20180627_142539.jpg

20180627_142549.jpg

いよいよ、お楽しみの温泉へ。

キチンと温泉の由来をかみしめる。自然流下によって引湯している、鮮度溢れる源泉かけ流しという事がうかがえます。

20180627_142051.jpg

バスタオル、フェイスタオルは脱衣場に常に設置。

20180627_142225.jpg

なんとこの広さ!ぜひ明るいうちに木々の緑を感じながら入りたい。

DSC_1850.JPG

旅館の規模からいってもこの大きさは半端ない!

DSC_1891.JPG

少し濁ったしじみ色。なめらかな湯ざわりも特徴です。

DSC_1887.JPG

大浴場も十分な広さです。

DSC_1852.JPG

館ごとのお部屋・露天

館は大きく西館、東館に分かれており、グレードは東館の露天付き(特別室×2)、西館の露天付き、東館(次の間付き)、西館という順番になります。

西館の露天付き

個人的には、東館は次の間付きで少し広いですが、景色が楽しめないので、庭園が見える西館の方がリーズナブルで好きです。そして、こちらが一番おすすめとも入える西館の露天付き。館内に5部屋です。浴槽から引いてある温泉で足湯も楽しめる。しかも1階なので庭園が目の前に見え、至福の時を味わえます。

20180627_135411.jpg

ベットは今風ローベットタイプ。和室のタイプもあります。1部屋のみ。

20180627_135032.jpg

東館の露天付き(特別室)

こちらは東館のお部屋の露天風呂(特別室)。

20180627_141641.jpg

その室内は・・・!?

20180627_141742.jpg

さすが一番いい東館の角部屋!ここだけは純和風からすこし離れたエレガントな雰囲気です。なかなか見る事が出来ないかも。

この他にベットルームがあります。

20180627_141729.jpg

大満足の夕食メニュー

続いて、楽しみにしていた夕食。どれも上品な逸品ぞろい。

DSC_1822.JPG

中でも一番目立つのが、和牛のロース石焼!厚みがすごいです。

DSC_1824.JPG

天皇家ゆかりの旅館というのも、うなずけます。

最後に

DSC_1815.JPG

那須の純和風の老舗旅館、一度は訪れたい、気分をハイテンションにしてくれる憧れの宿といえます。

那須温泉・山楽(さんらく)基本情報

  • 電話:0287-76-3010
  • 住所:栃木県那須郡那須町湯本206 
  • アクセス:那須塩原駅より車で約35分/東北自動車道 那須ICより約15分/無料送迎バスあり。
  • 温泉:単純温泉(低張性中性高温泉)
  • 色:弱黄褐色、微混濁
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:11:00
  • 日帰り入浴:不可

DSC_1871.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
菅井 圭司(すがいけいじ)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/18最終更新日:2018/08/18

Views:

栃木のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.