たびこふれ

日本最北端の船旅体験記。利尻島・礼文島へフェリーで行ってきました

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/01
最終更新日:2018/07/31

Views:

フェリーを使い、北海道の利尻島(りしりとう)・礼文島(れぶんとう)に行ってきました。その中でも今回は、フェリーの旅について紹介したいと思います。

目次

稚内港からハートランドフェリーに乗船します

まず、羽田空港から全日空に乗って稚内(わっかない)空港へ。直行便のため、日本最北の空港まで1時間50分で着きます。そこから稚内港へ移動。チケット売り場は一階にあり、フェリーの乗船口は二階にあります。

利尻島・礼文島に行くフェリーは、ハートランドフェリーです。このフェリーは一等席と二等席に分かれています。一等席は指定席ですが、二等席は自由席です。そのため二等席の場合、いい席を取ろうとしたら早めに並んでおく必要があります。

今回、私は二等席のため早めに並ぶことにしました。出発する約1時間前、人はほとんど並んでおらず、前の方に並べました。しかし、この時期は利尻島・礼文島のハイシーズンであるためツアー客が多く、私と同じ飛行機に乗っていたと思われる団体が列に並び始め、一気に列が長くなりました。並んでいる間、特に座るところもなくひたすら立っていたので、少し疲れました。

私が乗った二等席の様子をご紹介します

出発時刻の10~15分前に入船開始。私は船の揺れが少ないと言われる後方へ向かいました。二等席は船の前方にもありますが、やはり揺れの少ない後方が人気です。そのため、最初に後方の二等席が埋まり、前方の席に人が流れていく感じでした。二等席は椅子席ではなく、背もたれがあり、カーペット上に座る感じです。寝そべっている人もいました。

二等席に椅子は全くないのかと言うと、そうではありません。船の中央当たりに優先席があり、そこは二等席ですが椅子があります。また船の最後部には、甲板ベンチ席があり、風を感じながら船旅を楽しめます。ちなみに甲板ベンチ席の近くには喫煙所もありました。

image2.jpeg

私が乗船したのは7月上旬ですが、船が出航すると風が冷たく、非常に寒いです。寒さが苦手な人は船内で座った方が良いかもしれません。

私は船内に場所を取りました。二等席には四台のテレビがあり、荷物を置く棚があります。出航後、最初はエンジンによる揺れのみであり、波による揺れではありませんでした。地べたに座るような感じですが、背もたれがあるため、思ったより座りやすく快適でした。ただ、床はカーペットのみのため長時間座るとお尻が痛くなりそうでした。その後、激しい揺れを覚悟していましたが、運が良いことにこの日の海は穏やかで、波による揺れはほとんど感じません。そのため、外の景色を見ようと思い甲板ベンチ席に向かいました。やはり外は風が冷たく寒いです。進行方向左手側にはノシャップ岬など稚内の景色が広がっていました。

船内には売店や自販機があります

船内には、売店があります。お菓子やおつまみ、アイスなどが販売されていました。

image3.jpeg

飲み物は自動販売機で140~150円くらいで買うことが出来ます。私は船酔いするかもしれなかったので何も購入しませんでした(結局、波が穏やかで酔いませんでしたが)。

フェリーからの景色は。。。

image4.jpeg

この日は曇りであり、景色が良いとは言えませんでした。時間が経つと、左側には利尻島、右前方は礼文島が薄っすらと見えます。

image5.jpeg

天気が良ければ、綺麗な利尻富士が見えると思われますが、残念ながら今回は無理そうです。

今回のフェリー旅の感想

気が付けばもう下船の時間でした。結局今回の乗船では全く船酔いはしませんでした。波の揺れではなく、エンジンの揺れの方が大きかったと思います。ただ、海が毎日穏やかというわけではないので、船が揺れるかどうかは、当日の天気によると思います。

ちなみに私は、稚内~利尻島、利尻島~礼文島、礼文島~稚内と3度ともフェリーを利用しました。この間、本当に波には恵まれ、フェリーはほとんど揺れることなく快適に過ごせました。

利尻島の天気にはあまり恵まれず、滞在中はほとんどが曇りでした...。しかし、最後の礼文島~稚内の乗船中に雲が晴れ、島では見ることが出来なかった綺麗な利尻富士を見ることができました。

image6.jpeg

現在利尻島には、フェリーか飛行機で行くことが出来ますが、礼文島へはフェリーでしか行くことが出来ません。この際、ゆったりとフェリーを利用して日本最北の海の景色を見ながら移動するのも良いと思います。ただし、天候や波の状況によっては非常に揺れることもあるらしいので、酔い止め薬を持参していくと良いでしょう。

今回私が乗船したフェリーは3度ともボレアース宗谷という船でした。他に2種類の船があります。便によって使われる船が違い、一番新しいサイプリア宗谷は二等席も船内に椅子席があります。船によって船内も異なるので注意が必要です。

ぜひ、フェリーを利用して日本の最北の景色を楽しむ旅行をしてみてください。今まで見たことのない素敵な風景がそこにあります。

プロフィール画像
この記事を書いた人
カモメ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/01
最終更新日:2018/07/31

Views:

この記事に関連する記事

北海道のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.