たびこふれ

ひとり旅にもおすすめ!ストックホルムの洗練された「エステルマルム地区」を散策!

記事投稿日:2018/07/26最終更新日:2018/07/26

Views:

目次

高級ブティックや有名インテリアショップが立ち並ぶエリア

DSC_0656.JPG

エステルマルム(Östermalm)地区というと、高級住宅街や高級ブランド店が立ち並ぶストックホルムの言わずと知れたセレブエリア。歴史を感じさせる建物と高級レストランやカフェ、有名インテリアショップだけではなく 洗練された街並みがとても魅力的です。

DSC_0662.JPG

ルイ・ヴィトンのお店もこんなに可愛らしいレトロな建物。思わず写真を撮りたくなるような素敵な建物がたくさんありますよ!

image2.jpg

海岸通り(Strandvägen)には「スベンスク・テン(Svenskt Tenn)」「マルムステンブティーケン(Malmustenbutiken)」など北欧を代表するデザイナーのインテリアショップが。北欧デザイン好きなら一度は訪れたいおすすめのお店が点在しています!

エステルマルム地区への行き方

ストックホルム中央駅から徒歩約20分

DSC_0664.JPG

エステルマルムへはストックホルム中央駅から約20分ほど歩いて行く方法のほか、地下鉄やバスでも行けます。地下鉄(Tunnelbana)だと中央駅から1駅(約5分)、バスやトラムでNybroplan駅下車(約5分)。

レンタル自転車でも行けますよ!

image3.jpg

ストックホルム中央駅周辺にはレンタル自転車が至る所にあり、旅行者も利用可能です。CITY BIKESの3日間連続レンタルだと165kr(約2,000円)で乗り放題なので夏は公共交通機関ではなく、ストックホルムの風を感じながら自転車で移動したいという方にはピッタリかも知れませんね。

・CITY BIKES(英語):http://citybikes.se/home

王立ドラマ劇場(Dramaten)

DSC_0663.JPG

トラムの停車駅Nybroplanを降りてすぐ見えるのは、王立ドラマ劇場。海岸を臨む豪華な外観が一際目を引きます。100年以上前に建てられた劇場で現在も定期的に舞台公演が行われています。850kr(約1万円)~と割高ですが、完全予約制の劇場内団体ガイドツアーもで行っているのだとか。

・王立ドラマ劇場(Kungliga Dramatiska Teatern):http://www.dramaten.se/om-dramaten/

エステルマルム市場(Östermalms Saluhall)

image1.jpg

王立ドラマ劇場とセブンイレブンの間の通りNybrogatan(ニーブロガータン)をまっすぐ歩いて行くと見えてくるのが、エステルマルム市場。2019年夏まで在改装中のため、現在隣の敷地に仮市場がオープン中。

昔からストックホルムのセレブご用達市場としても知られるこの食品市場では、スウェーデンの伝統的なトナカイの肉、ヘラジカの肉、新鮮なチーズやサーモンなどスウェーデンの食文化に興味がある方は楽しめる場所だと思います。

仮市場は本市場よりも狭く感じますが、テイクアウトメニューやカフェ、レストランも併設されておりランチスポットとしても利用可能。

・Östermalms Saluhall
・住所:Östermalmstorg 11439 Stockholm
・営業時間:月~金9:30-19、土9:30-17
・ホームぺージ(英語):http://www.ostermalmshallen.se/en/

カフェ「Bread and Table」で一休み

DSC_0655.JPG

歩き疲れた後はお待ちかねのコーヒータイム。エステルマルムの目抜き通りビルゲルヤールス通り(Birger Jarlsgatan)を歩いていて見つけたのが焼きたてのパンと、こだわりのデザートが自慢のカフェ「Bread and Table」。

DSC_0649.JPG

閉店間際だったこともあり、メニューは少なめでしたが定番のコーヒーとサンドイッチを注文。新鮮な野菜と柔らかいパン生地がとても美味しく疲れが一気に飛びました。

DSC_0650.JPG

Bread and Tableではパンやデザートなどのカフェメニューだけではなく、こだわりの素材を使った朝食、ランチ、ブランチメニューも提供中。ビールやワインなどのアルコール類も注文することが出来ますよ!

DSC_0653.JPG

店内にはオリジナルエコバッグなどのグッズも販売されており、自分へのお土産にもなりそう。そしてレジの裏側にはベーカリーが併設されており、香ばしい香りが店内に広がっていました。時間を忘れて長居をしたくなるような居心地の良い空間!

DSC_0654.JPG

ちなみにスウェーデンのカフェではコーヒーを注文すると2杯目(スウェーデン語で「Påtår」ポートール)も含まれていることが一般的。しかし店によっては含まれていない場合やポットが近くに無い場合もあるので、店の人に確認しましょう。

・Bread and Table
・住所:Birger Jarlsgatan 53, 11145 Stockholm
・営業時間:月~金7-18、土8-17(夏の間日曜休業)
・ホームぺージ(スウェーデン語):http://breadandtable.se/
・インスタグラム:https://www.instagram.com/breadandtable/

ショッピングセンターもあるスチュールプラン(Stureplan)

DSC_0657.JPG

エステルマルムの街並みを気持ち良く歩いていると見えてくるのがStureplan(スチュールプラン)広場。周辺にはホテルやナイトクラブ、レストランが多くありエステルマルムの中では比較的賑やかな場所。

DSC_0658.JPG

DSC_0659.JPG

広場の中心部にあるショッピングセンターSturegallerianではスウェーデンのファッションブランドをはじめ、ZARAなど手頃な価格のお店も入っています。また、レストランやバー、カフェもあるので旅行中に一息つくことが出来そうです。

・Sturegallerian
・住所:Stureplan 4, Stockholm 114 35
・営業時間:月~金10-19、土10-17、日12-17
・ホームぺージ(英語):https://www.sturegallerian.se/en/home

緑が豊かで街歩きが気持ち良い

DSC_0665.JPG

冬の間はスケートリンクだった公園が夏になると日光浴を楽しむ地元の人々で大賑わい。太陽が大好きなスウェーデン人とはいえ、上半身裸になって芝生に寝転ぶ姿には驚きました。

高級感溢れる街並みとは打って変わり、賑やかな通りから一足伸ばすとアイスを食べながら緑豊かな公園でのんびり寛ぐ人々の姿が。1人で散策をしながらエステルマルムに住む人々の飾らない普通の日常を垣間見た気がしました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
KANAE.T
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/26最終更新日:2018/07/26

Views:

スウェーデンのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.