たびこふれ

昔から変わらないジョグジャのジンジャードリンクでぽかぽかに!

記事投稿日:2018/06/27最終更新日:2018/06/27

Views:

日本でもまだまだ続く生姜ブーム。昔から日常に欠かせないものですね。生姜には、冷え性改善、血行促進、糖尿病予防、むくみ改善、うつ病予防、デトックス作用、アンチエイジング、、、など約40近くの効能があるといわれています。どんなサプリメントより、効能抜群の万能薬である「生姜」。実はインドネシアは、世界第4位の生姜の生産地です。

常夏のインドネシアでは、冷え症には縁遠い気もしますが、、、。最近はショッピングモールやカフェ、レストランで冷房がんがんのところが多いし、基本的にシャワーは、マンディと呼ばれる水浴びです。夜は涼しくなり、特に雨が降った夜は、体の芯まで冷えます。なので、暑さには強いけど寒さにはめっきり弱いインドネシア人にも、体が温まるJahe(ジャへ)は毎日の生活に欠かせないものです。

※Jahe(ジャへ)=ジンジャーのこと。

今回はそんなインドネシアのジンジャードリンクや、おすすめの生姜のお菓子をご紹介いたします。

<目次>

インドネシアでは生姜を「食べる」より「飲む」のが一般的!

昔から生薬としてジャムウ(インドネシアの漢方)や、料理のスパイスとして使われている生姜は、インドネシアでは日本のようにガリや付けあわせとして食べる、というより飲み物のほうが多いです。

その昔インドネシアにイスラム教が入り、その王国が分裂してできた2つの王室の一つがジョグジャカルタ(通称:ジョグジャ)です。このジンジャードリンクは、その頃から門外不出の王室伝統レシピがあったとされています。もちろん一般市民も日常的に飲んでいたものでもあります。想像よりも辛味がガツンと喉にくるので、とても病み付きになります。日本人にとってはちょっと甘すぎる感じもしますが、実は砂糖が少ないと辛すぎて美味しさ半減だったりします。

ジョグジャに来た際には、是非本場のWedang Jahe(ウェダン ジャヘ)(※)を味わってみてください。日本の生姜湯とはちょっと一味違った、ジョグジャならではの伝統的なジンジャードリンクで心も体もぽかぽかになります。ジョグジャの滞在がわずか、という方にもお勧めなインスタントものから、ちょっとしたお土産になるようなものもスーパーなどで手軽に、そして安く!手に入ります。ただ、インスタントものは、どうしても甘すぎる!という場合は、お湯を多めに入れて薄めて飲むと丁度良いです。もしくはお好みの紅茶で割って飲むのも中々いけます。

Wedang Jahe(ウェダン ジャヘ)=ジンジャードリンクのことです。

本場の屋台やカフェで飲めるジンジャードリンク

屋台で飲めるジンジャードリンク

こちらは、アングリカンと呼ばれる昔ながらの屋台で飲めるジンジャードリンク。自家製で、アングリカンによって風味がぜんぜん違います。砂糖の量はリクエストできるのでご安心を!1杯30円程度。+紅茶でジンジャーティーにもできます。

1.jpg

カフェで飲めるジンジャードリンク

最近はカフェでこんなにおしゃれなのも!こちらはジンジャーレモン。丸ごとジンジャーでも、程よい辛さで絶妙な美味しさ。1杯100円程度。

2.jpg

スーパーには、こんなお手軽セットまで売っています!

各1袋25円程度。袋の中身とお湯をグラスに入れて、香りがたつのを待つだけ~

≪Wedang Jahe≫アングリカンで飲める様なジンジャードリンク

3.jpg

中身は、上段左から「クローブ」「砂糖」。下段左から「レモングラス」「生姜」「シナモン」「パンダンリーフ」 。

≪Jasernis・Japare≫ 材料の造語ですね・・・!

4.jpg

左:JAhe(生姜),SEReh(レモングラス),jerukNIpiS(ライム)=ジンジャーライム(レモンに近い)
右:JAhe(生姜),PAndan(パンダンリーフ),seREh(レモングラス)=パンダンジンジャーティ

生姜のスウィーツ!Ronde(ロンデ)

甘めのジンジャードリンクに、餅やピーナッツ、パン、コランカリン(サトウヤシの果実)を入れたもの。

5-1 モザイク版.jpg

生姜版ぜんざいといったところでしょうか。夕方以降に屋台が移動しながら売ってます。1杯50円程度。

5-2.jpg

お土産にもなる!インスタントジンジャードリンク

≪JAHE WANGI(ジャヘワンギ)≫ オーソドックスなジンジャードリンク

1パック10袋入り 100円程度

6.jpg

≪JAHE MERAH(ジャヘメラ)≫ 

インドネシア特産の赤生姜のジンジャードリンク。メラ=赤。普通の生姜より辛味が強く、喉にガツンときます。このメーカーのものは結構甘めですが、生姜の存在感はばっちり。1パック5袋入り 100円程度

7.jpg

≪SEKOTENG(スコタン)≫

左がゼリー(みたいなもの)、右がドライフルーツ入りのジンジャードリンク。いずれも1パック5袋入り 100円程度

8.jpg

中をあけて見ると、ピーナッツとレーズン・ココナッツ・ライムのドライフルーツ、粉末が分かれています。

9.jpg

それだけじゃない!案外知られていない超お勧め生姜のソフトキャンディ!!

左>ジンジャーボーン:ソフトタイプ  100円程度
右>ジンジャーボーン:ちょっとハードタイプ 100円程度

10.jpg

※右のハードタイプ方がガツンと生姜の辛味がくるので、個人的には大好きです。家族のお土産にも一番リクエストされるのが実はこれだったりします。ただ、いずれも歯の詰め物が取れる確立が高いので要・要・要注意です。笑

普通のキャンディ、ジンジャーティ味もあります♪ 65円程度

11_(1).jpg

(※いずれも値段は地元価格の目安ですが、購入場所によって結構異なります。バリ島やジャカルタに比べると、ジョグジャは物価が安いです。)


しかし、生姜は体には良いけれど、インスタントものは砂糖の取りすぎに注意かもしれません。笑 アングリカンで飲む手作りジンジャードリンクが一番美味しいです!

プロフィール画像
この記事を書いた人
Bogel
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/06/27最終更新日:2018/06/27

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.