たびこふれ

MSCスプレンディダの食事を詳しくご紹介!日本初寄港のイタリア船に横浜から乗船しました!

記事投稿日:2018/06/09最終更新日:2019/06/18

Views:

こんにちは!今回私は、日本初寄港の船「MSCスプレンディダ」へ乗船してきました!

その時の船内の様子やお食事事情を中心にご紹介していきます。

航路は横浜→青森→釜山→博多→神戸→横浜といった、日本をぐるっと一周するルートです♪

目次

MSCスプレンディダ基本情報

それでは、まずはMSCスプレンディダの基本データを見てみましょう!

  • 総トン数:137,936トン
  • 全長:333.3メートル(東京タワーを横にした長さとほぼ同じ!)
  • 高さ:66.8メートル(ビル1階分を3メートルとして、22階建てのビルと同じ高さといったところでしょうか、、、)
  • 就航年:2009年

なんと大きすぎてベイブリッジをくぐれず、普段は貨物船などしか着岸しない場所「大黒ふ頭」からの出発。それぐらい大きいのです!

関連記事:
2019年4月オープン!横浜の大黒ふ頭 客船ターミナルに行って来ました!ターミナル内の様子もご紹介します

船内レストランのメニューは毎日変わる!

02.jpg

MSCスプレンディダのメインダイニングは、「LA REGGIA」と「VILLA VERDE」の2つです。

あらかじめ指定された時間に、指定された席でのお食事で、テーブルのエリアごとにウェイターさんが決まっています(※ディナータイムのみです。朝食・ランチは、時間内に行くと空いている席へ案内してくれます)。これもクルーズ旅行の醍醐味ですね!

03.jpg

メニューは毎日変わり、好きなものを選ぶことができます♪日本初寄港ということで、うどんなどの日本食もいくつかありました!(私はせっかくのイタリア船なのでイタリアンを注文しました笑)

04.jpg

こんなときにはビュッフェがオススメ!

「メインダイニングの開いている時間に食事が出来なかった!」

「ディナーの時間が毎日一緒で嫌!小腹が空いた!」

と言うときは、ビュッフェがおすすめです。

基本的に朝から夜遅くまで開いていますので、いつ行ってもOK(詳細の時間は、前日にお部屋へ配られる船内新聞「DAIRY」で確認することができます)。

また、ここではお水・コーヒー・ジュース等は無料(セルフサービス)。

こちらもメインダイニングと同じように、日本初寄港ということで、ごはんやお味噌汁、納豆などがありました!

05.jpg
<窓側だと一面ガラス張りになっているので、海を見ながらお食事することもできます♪>

ステーキハウスと中華レストランの2つの有料レストランがあります!

06.jpg
<メインダイニングやビュッフェよりも落ち着いた雰囲気で>

メインダイニングでの料理は、毎日メニューが変わるため飽きることは無いのですが、有料レストランにも行ってみました!

07.jpg

今回私が行ったのは、ステーキ専用レストラン『ブッチャーズカット』です。好きな部位をお好みの焼き加減で注文ができる、本格的なステーキハウスです♪または、前菜やデザートが選べるお得なコースメニューもあります。

MSCスプレンディダには、有料レストランが2つあります。もうひとつは、中華レストラン『ホットポット』。新たにオープンしたとのことで、こちらも一度行ってみたいですね!

最後に

いかがでしたでしょうか。MSCスプレンディダは、今回の日本初寄港航海を終え、この後しばらくは、日本発着も含めたアジア航路に就くそうです。このように、日本へ寄港する外国船が増え、クルーズ旅行がよりお手軽なものになれば良いですね。日本にいながらも、外国にいるような不思議な感覚を、みなさんも是非味わってみてください♪

>>>MSCスプレンディダ公式サイトはこちらから

プロフィール画像
この記事を書いた人
na
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/06/09最終更新日:2019/06/18

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.