たびこふれ

春ですね♪ソウルの「桜」前線、春のイベントお知らせします!

記事投稿日:2018/03/22最終更新日:2018/03/22

Views:

少し前までは、マイナス17℃!などと極寒のソウルでしたが、3月に入って気候も穏やかになり、春の気配が訪れています。

春と言うとウキウキするのは、私だけではないですよね?

KOR_20180302_01.jpg

さて、今年のソウル「桜」開花予報は4月の第2週目あたりだそうです。

ちなみに南は、釜山(プサン)3月末~、全州4月初旬~となるようです。

最近は、春や秋が短く、夏と冬が長い気がするほど気候の変化が激しいですが、実は例年通りですと「桜」の開花前に「ケナリ(レンギョウ)」が咲き、ケナリが終わろうとする頃に桜が開花していました。

KOR_20180302_02.jpg

桜もケナリも一緒に、写真に収まるようになったのは、いつ頃からだったでしょうか。

おかげで、黄色とピンクのコントラスが美しい景色を鑑賞できるようになりました。

ソウル中心地の桜の見どころは、一番行きやすいところが「南山(ナムサン)」でしょうか。

写真は、私のとっておきのフォトスポット、南山図書館からのショットです。

KOR_20180302_04.jpg

KOR_20180302_03.jpg

南山図書館と言えば、キム・レオンが軍隊入隊時に配置された場所で記憶されている方もいるのではないでしょうか?

その南山図書館は、南山公園、ソウルNタワーへの登り口にあたります。

またヒルトンホテルから散歩がてらに歩いて行ける場所なので、この季節ヒルトンホテルにお泊りの際は、ぜひ足を運んでみて下さい。

KOR_20180302_05.jpg

桜を鑑賞するもう一つのおすすめコースは、ソウルNタワーに南山巡回バスやケーブルカーで登ってから下ってくるコースです。
韓国人は登山好きなので果敢に登って行きますが、観光中の日本人は体力温存のためにも下りが宜しいでしょう。

KOR_20180302_06.jpg

ソウルNタワーからの眺望を楽しんで、桜やレンギョウを鑑賞しながらゆっくり下ると、新しい発見があるかもしれませんヨ!

KOR_20180302_07.jpg


コースは南山図書館方面(南大門市場方面)と国立劇場、新羅ホテル方面(地下鉄3号線 東大入口駅方面)の2通りがありますが、南山図書館方面の方が短めになります。観光のスケジュールに合わせて選択して下さい。

ソウル 春のイベント

KOR_20180302_08.jpg

(上写真は汝矣島公園)

永登浦・汝矣島 春の花祭り 2018

2018/04/03(火)~08(日)

国会議事堂の裏手にあたる汝矣西路(ヨイソロ)沿いの桜並木が満開に!公演やイベントなど多数予定されています。

ウォーカーヒル桜祭り

2018/04/01(日)~23(日)

グランデウォーカーヒルソウル一帯にある数千本の桜がある散策路は、ソウル市「春の花の道」に選定されています。桜の他にもやレンギョウやツツジが満開です。

鷹峰山レンギョウ祭り

2018/04/06(金)~

地元韓国人の憩いの場、鷹峰山(ウンボンサン)には1万本ものレンギョウが植えられ、満開のこの時期の景観は圧巻です。観光地としてはあまり馴染みのない場所ではありますが、今までとは違った角度からの漢江(ハンガン)やソウルを眺めることができます。京義・中央線 鷹峰駅、地下鉄3号線金湖駅からアクセスできます。

春はイベントが目白押しです!ぜひ、この時期にソウルへお越しください~!

プロフィール画像
この記事を書いた人
COZ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/03/22最終更新日:2018/03/22

Views:

韓国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.