たびこふれ

不妊症にも効果的!?「パンダンリーフ」をご存知ですか?

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2013/09/16
最終更新日:2018/02/26

Views:

こんにちは。ビックリするほどの猛暑だった8月も過ぎ、一年の内でも過ごしやすい秋ですね。「食欲の秋」「読書の秋」!秋の味覚にも読書にもピッタリのアイテムがお茶ではないでしょうか。暖かいカップ一杯のお茶で癒す一時・・・・・。タイでは、ほとんどアイスですが良くお茶を飲みます。特に、個人的に私がハマっているのは、パンダンリーフのお茶。なぜか、良く「チキンライス(カオマンガイ)」屋さんのテーブルの上にお水の代わりにフリードリンクとして置いてあります。ということで、今回は、最近ちょっと気になる東南アジアのハーブ「パンダンリーフ」をご紹介しちゃいたいと思います!!

TL2013_09_1501.jpg
<お天気が悪い日こそ、お茶でリラックス♪>

タコノキの仲間です

パンダンリーフは、アジア、アフリカ、環太平洋の熱帯地域で育つタコノキ科の植物。タコノキとは、日本でも沖縄や小笠原諸島などでも良くみることができるパイナップルのような実をつける植物ですといえばわかりやすいでしょうか?木の根がタコの足が幹にまとわりつくような感じなのでタコノ木と呼ばれているようですね。さてさて、パンダンリーフは「ニオイタコノキ」という別名もあり、高さ3~5mになるものもあり、独特な甘い匂いの緑色の硬い葉っぱが印象的です。根や幹のあたりには刺もあるようなので要注意です。ちなみに、農業に詳しいタイ人によると、パンダンリーフは特別ケアをしなくても、意外に簡単に育つ植物なんだそう。

TL2013_09_1502.jpg
<レモングラスよりも葉っぱの幅が広いですね>

日々の生活に密着したハーブ

東南アジアでは、その独特な香りと鮮やかな緑色を利用し、パンダンリーフの葉を入れてご飯を炊いたり、お菓子の色付けに使ったりと日々の生活で大活躍のパンダンリーフ。そうそう、タイ語ではこのパンダンリーフを「バイトゥーウイ」と言います。この「バイトゥーイ」、お茶にして飲む以外にも広くタイ料理に使用されているんですよ。代表的なのが、鶏肉をバイトゥーイで巻いてカラリと揚げた「ガイ.ホー.バイトゥーイ」。日本の「ういろう」のようなモチッとした食感のお菓子「カノムチャン」も緑色の部分には、このバイトゥーイのしぼり汁を入れて緑色を楽しんでいます。そして、なんといってもフワフワ食感の蒸したパンにバイトゥーイを入れた緑色カスタードクリームをつけてアツアツをほおばる「カノムパン・サンカヤー」は、元祖タイスイーツ。タイを訪れた時には是非、ご賞味あれ!!何気にタイスパや一般タイレストランで置かれているお茶が「ナムバイトゥーイ」。独特な香ばしい味があるので、飲みやすくお砂糖を入れたジュースをたっぷりのアイスが入ったグラスに注いで飲んでも美味しいですよ。

TL2013_09_1503.jpg
<お菓子の名産地としてタイ人に知られるトラン県発のお菓子もパンダンリーフ入りが多い>

気になる効能

ビタミンやアミノ酸が豊富なパンダンリーフの効能は多様!東南アジアでは、一般的に「皮膚病」、「消化不良」、「腹痛」、「発熱」、「糖尿病」の他に不妊症にも効くと言われています。

TL2013_09_1504.jpg
<コンビニやスーパーで売られているパンダンリーフ入りのパン>

日々の生活にパンダンリーフを取り入れ健康維持をしているタイ料理。実は、中華料理に負けない薬膳料理なのかもしれませんね♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
徳武 加奈子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2013/09/16
最終更新日:2018/02/26

Views:

この記事に関連する記事

タイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.