たびこふれ

香港/余分なものを入れない生粋の香港麺を~蝦記麺家

記事投稿日:2012/07/25最終更新日:2018/02/23

Views:

1人で香港を旅しているとき、食べるものはだいたいいつも同じものでした。
入れる店に限りがあるということもあり、麺かパン。
その中でも圧倒的に回数が多かったのが、雲呑麺だったでしょうか。


日本の雲呑と違い、1つの包みに蝦が2~3個入っているプリプリの食感。
でもこの香港らしい食感はその雲呑だけでなく、麺にもあるんですよね。


コシがあるというか、細くて歯ごたえのある香港の麺、
麺大国の香港、たいていの店では数種類から選ぶことができます。
河粉、米粉、そして日本では玉子麺とも呼ぶ「麺」
この香港ならではの麺、台湾や上海より北の人には
あまり好まれないなんて話も。
もちろん個人の嗜好によりますが、
柔らかい麺に慣れている人はこう思うんですって。


"やだこの麺、ゴムみたい・・・・"


なるほどという表現ですが、好きな人にはあの硬い歯ごたえがたまらないんですよね。

00204_120702_01.jpg





スーパーでも乾麺として売られている麺。
その専門店で買うというのも、これまた違う趣があるものです。
土瓜湾にある「蝦記麺家」。
70年代の雰囲気を漂わせる店構えですが
親子2代で50年に渡り経営をしている、
歴史ある老舗なのだから納得です。


ここの最大の特徴はその材料
魚でとったスープや卵などだけ、
余分なものを加えていない昔ながらの製法なんです。
最近はオーガニックなど健康を気遣うものが注目される時代
添加物の少ないものとして、このお店も最近人気が出てきたそうです。

00204_120702_02.jpg




大きなケースに直接入れられている麺
卵だけの麺や、蝦の卵を練りこんだ蝦子麺、
最近ではほうれん草など使ったものも人気だとか。
クルクルと丸められたようなその風貌が、織物のように美しいですよね。
スーパーなどとは違い、お買い求めの場合は重量になります。
1斤単位、もちろん個数で伝えてもその重さでお会計してくれるので大丈夫。


今は2代目のご主人が経営していますが、
先代のときは九龍湾にあったそうです。
もともと潮洲出身のお父さんが始めた麺の店は、口コミで人気が広がり
一番経営がよかった70年代頃は、
遠くからわざわざ買いにくるお客さんもいたとか。
空港の近くという立地、お土産にこの麺を買っていく人も多かったのは
その時代まだインスタント麺が発売されていないということも
関係するのでしょうか。


蝦記麺家

00204_120702_03.jpg



現在は九龍湾からほど近い土瓜湾にある店舗。
このご主人と麺を作るおじさん2人だけの経営、
これ以上は広げる予定はないそうです。
麺だけ売るお店、スーパーで簡単にインスタント麺が入る今の時代
経営は決して楽ではなく、1日2000ドル程度の売り上げの日もあるとか。
ここから経費を除いたら、2人の給料ギリギリ・・・・
お店の前で売られている小さな食べ物は、
麺と関係なくいわゆる「副業」なんですって。
出前一丁の麺がだいたい1個2ドル前後、ここの麺は10個で50ドルほど
値段にして倍以上になりますが、食べてみればその違いは歴然としています。


00204_120702_04.jpg





ここの麺、家で作るときは水の状態から煮るのがお決まり。
麺に練りこまれている旨味が水に溶け出し、
それだけで美味しいスープが出来上がるのです。
簡単に出来るけれど、でもインスタントじゃない
以前見たテレビでその製造風景が紹介されていましたが、
山ほどの卵がたくさん入れられていました。
あの材料がそのまま練りこまれている麺、
スープが美味しく出来るわけですね。


00204_120702_05.jpg





2代目が頑張って作り続けている生粋の香港麺
昔、人々がこの麺を持って空港へ向かったように、
今度は自分の家族へこの麺持っていこうかしら。
麺にはその場所の文化や風味も練りこまれているだろうから
ゆっくりゆっくり出てくる味の深いスープに、
きっとあの頃の香港を感じられることでしょう。


蝦記麺家
土瓜灣譚公道69號地下




プロフィール画像
この記事を書いた人
mangonaoko
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2012/07/25最終更新日:2018/02/23

Views:

香港のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.