たびこふれ

100%イズニーバターのフランス3大スイーツが美味!in 韓国

記事投稿日:2018/02/08最終更新日:2018/02/08

Views:

明洞の見晴らしの良い場所に、素敵なカフェが誕生しました!

その名も『YOU ARE HERE CAFE』。

KOR_20180201_01.jpg


味にうるさい方々も納得のケーキやパンは、フランス産にこだわった伝統のスタイル。その美味しさの秘密は、イズニーバターを100%使用していること。

KOR_20180201_12.jpg

イズニーバターとは

フランス北部ノルマンディ地方で放牧されている、ストレスのない乳牛の原乳を使用して作られた自家製バターです。栄養価は高く、コレステロールは低く、香りが深いことで有名な、世界が認める最高級品です。

KOR_20180201_02.jpg


そのイズニーバターを100%使用したケーキやパンは、やはり香りが違います!香りも高く、さっぱりしたクリームが、なるほどイズニーバター100%!と納得です。

おすすめはフランス三大スイーツのカヌレ、ミルフィーユ、エクレアなど。カヌレは一時、日本でも話題になったスイーツで、結構マニアの多い一品。

KOR_20180201_03.jpg

カヌレとは

フランス語で「溝のついた」という意味で、フランスのボルドー女子修道院で古くから作られていたお菓子です。あの有名なボルドーワインの品質向上のために、卵白で澱(おり)を取り除く作業をしたのですが、そのため大量の卵黄が余り、その利用方法として考え出されたものが「カヌレ」の発祥だそう。

中はしっとり、外側はカリッとした食感で人気のスイーツです。

KOR_20180201_04.jpg


さて実は私、ミルフィーユとミルクレープを混同していたのですが、これが本来のミルフィーユなのだそうです。

KOR_20180201_05.jpg

ミルフィーユとは

フランス語でミルは「千」、フィーユは「葉」で「千枚の葉」という意味になります。

3枚のフィユタージュまたは、パート・フィユテと呼ばれるパイ生地にクリームを挟んで重ねるのがミルフィーユの基本形だそうです。

ミルフィーユ鍋などもあって、重ねることをミルフィーユと言うのだと、すっかり勘違いしておりました。
勉強になりました〜。

スイーツからベーカリー、フレッシュジュースも

その他、時期によって多少メニューが変わりますが、レモンチーズケーキ、ヘルシーなニンジンケーキ、タルトやカップケーキ、レモンマドレーヌなど、どれも珈琲と一緒に食べたい一品がたくさん。

KOR_20180201_06.jpg

KOR_20180201_07.jpg


珈琲の他には、フレッシュジュースやスムージーにも、こだわりが感じられます。

KOR_20180201_08.jpg


テイクアウトには、ホールケーキ(2~3万ウォン)や、ベーカリーがおすすめ。

KOR_20180201_09.jpg


様々な種類があって選ぶのに目移りしてしまいますね。

KOR_20180201_10.jpg


2階席は、見晴らしも良いので、明洞の風景をウォッチングしながら、美味しいスイーツでのんびりするのもおすすめです。

KOR_20180201_11.jpg

リピーターが多いのか平日でも混雑している場合がありますので、2階席を確保してからオーダーするのがいいかもしれません。

イズニーバター100%スイーツ&ベーカリーをぜひ!ご堪能ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
COZ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/02/08最終更新日:2018/02/08

Views:

韓国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.