たびこふれ

観光シーズンのインドは気温に注意!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/20
最終更新日:2018/01/20

Views:

前回から引き続き、インドは観光シーズンなわけですが、もしあなたが「日本が寒いからあったかいインドに行こう」と思っていると、場所によってはとんでもない事が起こりますよ!

デリーは奄美諸島と同じ位置?

地球は丸いし、世界地図は赤道が近くなると面積を大きくして作っているため、なんとなく、わかりづらい、ということで、、、実際にアプリを使って比べてみました(下図)。デリーと、奄美諸島の大島がだいたい緯度が一緒ということがわかります。(ざっくりですが)ちなみに面積は8.7倍。人口は10倍以上です。インドも縦に長いのですが、横にも長い。実際には北東インドと南インドの人達が話す言葉も文化も違いますしね。

MAP1.jpg

確かにこれをみると、日本は北極により近いので寒いと思いますよね。しかーーーし。侮るなかれ。インド(特に北インド)が冬寒いのにはそれなりの理由があります。

1. 暖房がない

北インドでは、3月を過ぎると日々暑くなります。2月でもデリーは日中20度をこえる日もあるのです。そのためか、クーラーはあってもヒーターがない、扇風機があっても、お湯がでない。なんていう事もよくあります。

たった1か月ぐらいの間とはいえ、気温差はなんと40度。デリーの冬は夜になると10度以下になります。もちろんもっと北にあるシムラやダラムサラなんかは標高がたかく、雪もあります。寒いなら北海道のように床暖房や、断熱材があってもいいもの、、、なんですが。。日本の建築技術をぜひインドへ輸入してほしいものです。

でも、インドでどうやって寒さをしのぐのかと申しますと。。。。。。。。

「ひたすら着込む」

なんですね。もともと家はコンクリート、大理石でできているため、部屋が外よりも寒くなります。そのため、とにかく家の中でジャケットやセーターをしこたま着込み、春を待っているのです。暑い国だから、その時期さえ我慢すれば、あとは防寒具などほとんど使わないわけですから、非常に効率がわるいというかもったいないものでもあるのです。

カジュアルホテルや、バックパッカーで安宿に泊まって、もし暖房がなければ「寒いのをスタッフにアピールしましょう」実は、意外とホテルは言うとなんでも貸してくれるところが多いのです。だったら初めからだしておけばいいのに、と何度思ったかわかりません。が、なんでも言わなくてもわかる日本と違い、<<言ったものがち>>のような所がありますので、ぜひ寒いなら寒いとアピールしてください。しかも堂々と。礼儀正しく、欲しいものを欲しいとはっきりいうのがコツです。

2. エアコンは冷暖房ではない

これは、本当に不思議なお話です。Cromaという電化製品が売っているお店があります。ヨドバシカメラみたいなものですがここではPCから洗濯機から、エアコンから、テレビから売ってます。

Croma.jpg

エアーコンディショナー。。いわゆるエアコンはインドでも相当人気です。スプリットタイプといって、日本のエアコンの形ですが、都会のエリアはそれが最新で主流なのですが、まだまだお値段もいわゆるウィンドゥ型と違い高いのです。シェアを占めるのはウィンドーAC(エーシー)と呼ばれる写真のようなエアコンです。ちなみに扇風機やウォータークーラーというものもあって、さすが、南国、たくさんの冷房家電があるのですが。。。それに比べると暖房機具市場は数も少ないです。

Windows AC 2.jpg

インドではまだまだこれが主流です。ちなみにこのウィンドーACは「暖房になりません」

暖房がつかないのにエアコンて。。。機械的な問題なんだと思うのですが、ヒーターもついていてくれたら、買うのに、、、と思わずにはいられません。ちなみにこのウィンドーAC、外からみると本当にぶちゃいくなACです。その名の通り、窓枠にはめて、使うもので、引っ越すときにはエアコンがあった場所が真四角に穴があいてしまい、ガラス戸でふさいだり、段ボールでふさいだりします。

そんな処理の仕方ですから、隙間風が入りすぎて、寒いのなんのって。最新型の大型集合住宅などは別ですが、この隙間風と大理石の床が冬を一層寒くします。

Windows AC.jpg

五つ星のホテルですら、部屋にエアコンの操作パネルとリモコンはあっても、実際暖房がきかない、というのはよくあります。そういう場合は、慌てず騒がずフロントにヒーターをもってきてもらいましょう。日本の常識はこういう所でも通用しないのです。ホテルの暖房はあってないようなものです。風邪をひかないように、ご注意くださいね。

3. インドのハネムーンに人気のケララ州、ゴア州。

観光シーズンは、汗だくになる事もなく、雨で邪魔されることはないのでやはりインド人にとっても行楽シーズンといえます。特にこの時期には南インドがおすすめです。ほどよい気候と美しい景色はインド人でも行きたい所がいっぱい。

以前結婚式の記事を書きましたが、式を終えたカップルは、彼らは当たり前のようにハネムーンへ飛び立ちます。期間や行先はカップルによってばらばらですが、ゴア州はそんな中でもビーチやヨーロッパ的雰囲気が好まれるため、ハネムーンの名所にもなっています。インドのツアーサイトによると、ハネムーンの行先は、1.ゴア、2.アンダマン諸島、3.ケララ、4.カシミール、5.ラジャスターンなんだとか。(すべて州名)

実は、日本はだいぶ前から海外で結婚式を行うカップルは増えていますが、インドで結婚式を挙げる日本人も増えているようです。あの派手派手なインド衣装に身をつつみ、形だけでも結婚式を行うことは、可能です。もし、これからお式をあげるカップルの方がインドをご検討されている場合は、ぜひご相談くださいね(笑)ケララ、ゴアは3月までは雨も降らず、心地よい20度-30度ぐらいの気候です。ケララでは、ロマンチックなボートハウスや月明かりの下のビーチで愛をかたる、なーんてのもできちゃいますよ。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ノマダシア
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/20
最終更新日:2018/01/20

Views:

この記事に関連する記事

インドのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.