たびこふれ

【温泉ソムリエ菅井】が薦める日本最南端 黄金色に輝く混浴温泉

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/19
最終更新日:2018/01/19

Views:

沖縄宮古島といえばゴルフやマリンスポーツのメッカだが、黄金色に輝く温泉がある。それがシギラ黄金温泉だ。シギラリゾート内にあり、宮古島空港から約30分。シギラリゾート内に泊まれば割引も。リゾート内循環バスでも行けるが、ちょこちょこ動くならレンタカーを借りた方が正解といえる。

外観は何とも南国風も門構え。

image01.jpg

施設内には、裸で入る男女別スペースと、混浴水着ゾーンに分かれている。左右の違う出口から出ると、一つは男女別出入り口、もう一つは混浴水着ゾーン出入り口といった具合だ。まずはサクッと水着を借り(レンタル500円)混浴水着ゾーンへ。目に飛び込んでくるのは、ジャングルを思わせる庭園と、黄金色の温泉だ。打たせ湯、寝湯、洞窟風呂もあって、カップルで入ると混浴気分だ。

image02.jpg

やはり目の錯覚ではなく、どう見ても黄金色。宮古島の地下1250mからくみ上げた源泉は、少しぬめりのある、塩分感じる温泉。源泉温度50度・日量800tという良質で豊富なお湯だ。堂々と最南端を示す石碑が中央に立つ。

image03.jpg

手前は浅いのだが奥に行くと中間くらいで深くなる。深くなるといっても120㎝ほどの深さ。私の一番落ち着く、洞窟風呂。まず入口へ。

image04.jpg

洞窟風呂の内部。滝がブルーにライトアップされており、まさに癒しの空間。

image05.jpg

洞窟風呂より外側を眺めると、だいぶ遠い事がわかる。

image06.jpg

平面図

image07.jpg

泉質名:ナトリウムー塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)

一言でいうと「温まりの湯」湯冷めしにくい、「傷の湯」塩分の殺菌効果や、保湿を促す効果もあり。

分析書

image08.jpg

image09.jpg

日中はみなマリンスポーツなどで遊んでから来るので夕方までがおすすめ。夜のライトアップも見逃せない。さらに向いには焼肉、琉宮苑があり、満喫したのち、ビールに宮古牛なんていうのもたまらない。家族連れずれは浮輪もあるので、ここをプール替わりとしてのんびりするのもおすすめ。

DATA

シギラ黄金温泉 〒906-0202 沖縄県宮古島市上野新里1405-223
TEL:0980-74-7340

営業時間12:00~22:00(最終入館21:30)

入館料 大人1200円 子供4~11歳800円 3歳以下無料

タオル込み

(シギラリゾートに泊まると割引あり。)

image10.jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
菅井 圭司(すがいけいじ)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/19
最終更新日:2018/01/19

Views:

この記事に関連する記事

沖縄のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.