たびこふれ

あまり知られてない?!イタリア・ドロミテ地方の大自然

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/18
最終更新日:2017/12/18

Views:

今回はイタリアを訪れました!イタリアといえば、ヨーロッパ風の建築や古代ローマの遺構などが有名ではあります。しかし、今回はベネチア島と大自然を感じるため、イタリア北部のドロミテ地方を訪れました。

ベネチア島は水の都として有名ですが、ドロミテ地方に関しましては「イタリアで大自然?ドロミテ地方ってどこにあるの?」と思っていらっしゃる方も少なくないと思います。そこで、本記事では少しばかりドロミテ地方の観光地をご紹介し、皆さんが考えるイタリア観光の選択肢を拡げたいと思います!

★おすすめスポット<1> ブラーノ島

水の都ベネチアに存在する島のひとつにブラーノ島があります。

リース発祥の島としても有名ですが、さらに注目を集めているのがブラーノ島のカラフルな街並みです。ブラーノ島には様々な色で装飾された建物が数多く存在します。

170918_koga_写真1.jpg

ちなみにカラフルな街並みは観光客のために建てられたものではなく、島民の方々が自分の家を見つけやすくするために色をつけたのだとか...。こんな綺麗な街並みを自分たちの生活のために形成しているということが素敵ですね。訪れた際は雨でしたが、街並みのカラフルさは変わらずに映えていました。

170918_koga_写真2.jpg

★おすすめスポット<2> ミズリーナ湖

「ドロミテの真珠」とも呼ばれているドロミテ有数の湖であるミズリーナ湖は湖面の美しさもさることながら、遠方に臨むドロミテアルプスがさらに美しさを際立てます。

また、山々に囲まれた場所にあるため、静寂に包まれており、まるで時間が止まったような雰囲気も感じますよ。

170918_koga_写真3.jpg

湖周辺は遊歩道となっており、散策することが可能ですので、様々な角度からミズリーナ湖を臨むこともできます。日本でもいくつか大きな湖はありますが、ミズリーナ湖が作り出す風景はどことなく日本では味わうことのできないものであったと思います!

170918_koga_写真4.jpg

★おすすめスポット<3> ポルドイ峠

ドロミテ地方の観光地として有名なポルドイ峠。

もちろん、ポルドイ峠から臨むドロミテアルプスも素晴らしいですが、サッソポルドイ展望台からの景色はさらに素晴らしいです!ちなみに展望台へはロープウェーにて5分足らずで上ることができます。

170918_koga_写真5.jpg

展望台は標高2,950mあるため、ドロミテアルプスを上から臨むことができ、天気の良い日にはドロミテ最高峰のマルモラーダを臨むこともできますよ!

170918_koga_写真6.jpg

また、展望台にはカフェも併設されているため、コーヒーを飲みながら優雅に景色を楽しむという過ごし方も良いと思います。ただ、標高が高いため、地上と気温が変わります。訪れる際には注意してください。

★おすすめスポット<4> サンダマッダレーナ村

世界の美しい村としても選ばれたサンダマッダレーナ村。緑溢れる風景に放牧の景色が広がる村からは普段の忙しい日々を忘れさせてくれる非日常を味わうことができます。

170918_koga_写真7.jpg

また、村を奥に進んでいると草刈りをしている村人に出会い、挨拶をすると嬉しそうに笑顔で挨拶を返してくれました。村の人々の優しさも美しい村と呼ばれる所以のひとつなのでしょうね。すべてにおいて、美しい村です!老後は村に住みたいと思いました!(笑)

また、村の高台からはドロミテアルプスの名山ガイスラーを臨むこともでき、まさに絵で描いたような写真をとることもできます。

170918_koga_写真8 .jpg

★おすすめスポット<5> チェルビニア

世界でも有数の名山、マッターホルンの裏側を見たことがありますか?実は裏側はイタリアのチェルビニアという小さな村から臨むことができ、表側とは違った表情をしています。

170918_koga_写真9.jpg

また、イタリアではマッターホルンではなく、「モンテ・チェルビーノ」と呼ばれているんですよ!チェルビニアの付近にはブルー湖と呼ばれる湖があり、条件が整えば、湖にうつるモンテ・チェルビーノを見ることができます。

訪れた際は天候も良く、風がピタリと止んだ瞬間に写真をとると...パンフレットに載りそうな自然美をカメラにおさめることができました!

170918_koga_写真10.jpg

美しすぎる景色にいつまでも見とれてしまいました...。

イタリアには多くの有名な観光地がありますが、本記事を読んで「新たなイタリアの観光地として訪れたくなった!」と感じてくださいましたら光栄です。
イタリアの大自然はスケールが違います。私は感動しましたよ!(笑)

ぜひ、その目と耳、肌で大自然を直接感じてほしいと思います!最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
がーちゃん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/18
最終更新日:2017/12/18

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.