たびこふれ

伊勢志摩/海に浮かぶハートアイランドとは?

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/16
最終更新日:2017/12/16

Views:

☆海に浮かぶハートアイランド☆

皆さんは海に浮かぶハートアイランドを知っていますか?

170726_matusita_77わたかの島(センター).jpg

ここは三重県です!伊勢志摩に浮かぶ渡鹿野島は伊勢志摩の中心に位置する小さな島です。
港から専用の船で約3分。たった3分乗船するだけですが、「島を渡る」という非日常に一気に旅気分に。
心が躍ります♪船が苦手な方でも安心して「船旅」を楽しめます。

☆風待ちの宿【福寿荘】はおもてなしがすごい!☆

今回は風待ちの宿福寿荘に泊まりました!(以下団体ツアーの内容です)
到着すると、玄関の前で貝焼きのおもてなしが!実がぷりぷりの桧扇貝をペロリ!

170726_matusita_貝焼き.jpg

170726_matusita_貝焼き2.jpg

露天焼きで外で食べる浜焼きは格別です♪そしてロビーでは梅ジュースでこれまたおもてなし(^^)サッパリとした味わいで何杯でも飲めてしまいそう。

夕食は海の幸をふんだんに使った会席料理がどーんと目の前に!

170726_matusita_料理写真 横.jpg


そしてこれだけではありませんよ!ふすまを開けるとそこには調理場が!なんと!目の前で天ぷらを揚げてくれます。できたてのあっつあつの天ぷらをいただけるんです!

170726_matusita_天ぷら.jpg

さあ、まだまだおもてなしは続きますよ。郷土料理てこね寿司の実演ショーの始まり!

170726_matusita_てこね寿司.jpg

てこね寿司とはちらし寿司の一種で、鰹や鮪などの赤身の魚を醤油を中心としたタレに漬け込んだネタが、寿司飯に合わせられたお寿司で三重県の郷土料理なんです。出来上がったお寿司はもちろん会場の皆様へご提供されます。おいし~~~!

食事を食べ終わる頃には富くじ抽選会が!富くじとは、江戸時代「富突」や「突富」、あるいは「富」と呼ばれ、あらかじめ番号などを記した富札を発行し、箱に同様の番号を記した木札を入れ、先端に針の付いた錐のような棒状のもので箱穴から突き上げるという独特の抽選方法のことを指します。今回は大きな箱に長い棒を入れて番号が書かれているカードを引きます、、!抽選で数名様に賞品が当たりました♪

☆的矢湾を眺めながらまったりとお寛ぎ☆

オーシャンビューのお部屋では的矢湾を眺望しながらゆったりと寛ぎました。

170726_matusita_04一般客室.jpg

2016年の3月には落ち着きのある和室とベッドルームを兼ね備えた和洋室タイプのみさき亭が誕生しました☆ こちらのお部屋もとっても魅力的です♪

☆旅の疲れが癒される自家源泉☆

なんといってもこのホテルは温泉がイチオシ!
地下1,300mから湧き出る自家源泉「風待ちの湯」は関節痛・筋肉痛・リウマチに有効な療養泉で、「胃腸の湯」とも言われるくらい胃腸の活性化を促進してくれます。内湯をはじめ、樽風呂・岩風呂・打たせ・歩行湯・寝湯と趣の異なる浴槽で旅の疲れを癒してくれます。昼と夜ではまた様子も変わります。

170726_matusita_23庭園露天風呂姫方露天風呂.jpg

170726_matusita_22庭園露天風呂姫方露天風呂.jpg

また、最上階にも展望大浴場があり、朝陽を眺めるのに最適!朝を紺碧の最高のロケーションで迎えることができます♪

170726_matusita_展望大浴場.jpg

☆さいごに☆

1泊でもたくさんのおもてなしを受け、大満足の旅になりました♪上記のおもてなしは団体ツアーのみになりますが、みなさんも「島旅」をしてみてはいかがでしょうか(^^)?

風待ちの宿 福寿荘公式HP

プロフィール画像
この記事を書いた人
国内現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/16
最終更新日:2017/12/16

Views:

この記事に関連する記事

三重のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.