たびこふれ

バリ島の人気の観光地!世界遺産・ライステラスを訪れよう

記事投稿日:2017/10/02最終更新日:2017/10/02

Views:

スラマッシアーン こんにちはバリ島担当のmanggaです。

今回はバリ島のライステラス(段々畑)をご紹介したいと思います。バリ島は三毛作の所が多いと言われています。年中温暖な気候と雨量の多さが米作りに適しているんでしょうかね。

ジャティルイ

ジャティルイはタバナン地方に位置し、2012年に世界遺産に登録されました。それからさらに人気に拍車がかかりました。

日本人には見慣れている田んぼに水を張ったお米の作り方はヨーロッパなどでは珍しいんだそうです。なので白人の観光客が目立つんですね。

初めに説明したようにバリ島では三毛作が一般的です。と言う事は1年に3回田植え、稲刈りがある訳で運が良ければ一面緑のライステラス。運が悪ければ稲刈り後や田植え前の少し残念な田んぼなんて事もあります。この時は少し伸びかけてていい感じです。

IMG_1377.JPG

この日はちょうど田植え前でした。でも見事に段々畑になってて十分綺麗じゃないですか?こんな広大な棚田なんて日本でもなかなか見る機会はないと思います。

IMG_3777.JPG

天気がいい日は後ろのバトゥカル山とのコントラストが素晴らしいですよね。またジャティルイは少し標高が高いので南部地方に比べると涼しくて空気も冷たく美味しいんです。

IMG_3774.JPG

この田んぼの中はトレッキングコースになっていて歩く事も出来るんですよ。白人さんに人気があります。

IMG_3783.JPG

ジャティルイの景色を眺めながらのランチもオススメですよ!

IMG_1379.JPG

テガララン

続いてはテガラランと言われるライステラスです。こちらはウブドからほど近い場所にあります。こちらも三毛作なので景色は行く時期によって変わります。

IMG_0305.JPG

ジャティルイとの一番の違いは規模でしょうかね。断然ジャティルイのが広くて大きいです。テガラランは小じんまりとしていますが高さがある感じです。そしてヤシの木もたくさん生えてて一言で棚田と言ってもジャティルイとテガラランでは全然違う景色です。

IMG_0853.JPG

そしてもう1つの違いはレストランから見える景色です。両方ともレストランでランチをしながら、またティータイムを楽しみながらライスビューを満喫する事ができますが。ジャティルイは棚田側に道路がありますがテガラランはライステラスとは逆側に道路があります。

そのためレストランから見える景色はテガラランのがオススメです。(個人的な意見ですが)

163.JPG

最近ではテガラランでもトレッキングが流行っているようです。ちなみにテガラランは中国からの観光客にも人気のようでした。

IMG_3843.JPG

オススメコース

私オススメの1日カーチャーターで周れる観光コースをご紹介します。

ジャテルイコース

①タマンアユン寺院(世界遺産) → ジャティルイ散策&ランチ → ウブドでお買い物 → ウルワツ寺院でケチャックダンス観賞

②タマンアユン寺院(世界遺産) → ジャティルイ散策&ランチ → ウルンダヌブラタン寺院 → エカカリヤ植物園

テガラランコース

①タナロット寺院 → タマンアユン寺院(世界遺産) → テガラランでランチ → ティルタエンプル寺院(世界遺産) → グヌンカウィ → ゴアガジャ

②バロンダンス観賞 → ウルンダヌバトゥール寺院 → キンタマーニ高原でランチ → ティルタエンプル寺院(世界遺産) → テガララン → グヌンカウィ

このようなコースはいかがでしょうか?滞在時間で変わってきますが大体1日で周れるプランです。ジャティルイやテガラランの後は何処に行ったらいいの?と悩んだ時は参考にしてみて下さいね!

それではまた会いましょう。サンパイジュンパー

プロフィール画像
この記事を書いた人
Mangga
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/10/02最終更新日:2017/10/02

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.