たびこふれ

パリのアジア街で安くて美味しいベトナム料理を頂く

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/09/10
最終更新日:2017/09/10

Views:

9月はパリの新学期。静かだったパリもそろそろ賑やかに。

Bonjour!

フランスの新学期は9月。8月末にはバカンスに行っていたパリジャン達もパリに戻り始め、ガラガラだったパリの街やメトロも通常通り混み合ってきています。夏休みを取っていたレストランも20日辺りから営業を開始。新学期に向けて活気づいてきています。

そんなパリを尻目に、今回はもう少しだけバカンスのお話をしたいと思います。前述したように8月のパリはとにかく閉まっているお店が多く、特にレストランは人気のあるお店ほど長く夏休みを取ります。しかし、8月でもパリに留まるパリジャンは少なからずいます。シーズンまっさかりの8月は旅費がかさむので時期をずらして7月や9月にバカンスを取る人がいるからです。そんな8月にパリに留まるパリジャン達はどこで食事をしているのでしょう?

20170818_210416.jpg

バカンス期のパリに留まるパリジャンの強い味方 "カルティエ アジアティック"!

8月にパリに残るパリジャンに人気のスポットのひとつがアジア人街(中華街、チャイナタウン)です。フランス語ではカルティエ アジアティック(Quartier asiatique)やカルティエ シノワ(Quartier chinois)と呼びます。パリには13区のプラス ディタリー(Place d'Italie)周辺と20区のベルヴィル地区(Belleville)に大きなカルティエ アジアティックがあります。アジアの味をリーズナブルに楽しめるこの界隈は私達在仏日本人にとって強い味方ですが、異文化への好奇心の強いパリジャンにも大人気なんです。

20170818_221749.jpg

カルティエ アジアティックを知り尽くした友人イチ押しのレストランへ。

8月のある日、同じくパリに残った友人カップルと食事をする事になりました。パリのレストランの多くは閉まっている事もあり、13区のカルティエ アジアティックに繰り出す事に。というのもこの友人カップルはカルティエ アジアティックのレストランを知り尽くしたスペシャリストなのです。

メトロをプラス ディタリーで下車し、少し歩くともうそこはカルティエ アジアティック。大手アジアンスーパーのタン フレール(Tang Frères)や中国語の並ぶアジアンレストランが見えてきます。どこもフランス人や様々な人種の人々で賑わっていますが、スペシャリストの友人から「ここは美味しいけど高い」「ここは安いけどサービスがまあまあ」などのレクチャーを受けながら進みます。今回、友人が選んだのは庶民的だけど安くてかなり美味しいというベトナミアンレストランです。

20170818_221817.jpg

前菜の生春巻き、エビフライ....どれも美味しすぎる!

お店に入ると確かにかなり庶民的な雰囲気!ベトナム系と思われる大家族が食事をしており、店主と仲良さそうに話しています。聞こえてくるのはベトナム語と思われる東南アジアの言葉。ここがパリだとは思えないエキゾチック感です。

まずはサイゴンというベトナムビールで乾杯。前菜に注文したエビの揚げ物は日本のエビフライそっくり。アツアツにからっと揚がっています。生春巻きは日本の無国籍レストランなどでよく見る感じのものです。両方とも東南アジアの甘辛いソースにつけて頂くと絶品!ビールがすすみます!

20170818_210312.jpg

となりの人の真似をして頼んだカニと豚骨のスープにびっくり!

メインには、友人は豚肉のスパイス焼きのライス添えを頼んだのですが、私は隣の席の大家族の食べていたカニの乗ったボウルが気になっていました。なんだかメニューになさそうな...スペシャルメニューっぽいのです。「そういう時は、隣と同じ物を!と言って頼んだ方がいい!」と激しく進める友人に従い、そのスープを注文。それがこちらです!!

20170818_210235.jpg

赤いけれどあまり辛くない、魚介と豚足のスープが何とも言えない旨味を醸し出しています。日本にはない味ですがとても美味しいです。ドーンと乗っているカニの爪はかぶりついて頂きます。そして食べ進んで行くと下から出てくる豚足!!

そしておもしろいのはこの麺。フォーと同じ米粉の麺ですが平べったくなく、日本の讃岐うどんくらいの極太プリプリ麺なんです。かなりのボリュームで食べごたえがありました。

20170818_212401.jpg

デザートも色々と不思議でおもしろい!

デザートには小豆とココナツのドリンクとこれも隣の人が食べていた豆腐のようなデザートを注文しました。出て来てからわかったのですが、なんとこれ本当に豆腐そのものなんです!プリンのような感じかと想像していましたので驚きました。温かい豆腐に生姜と甘いソースがかかっています。ちょっと不思議でしたがこちらも美味しかったです。

20170818_214853.jpg

ビール数本、前菜、メイン、デザートまでしっかりと頂きお会計は一人20€未満と、かなりお財布に優しい価格でした。味も全て美味しかったので大満足です。東南アジア気分を味わいたい時にはまた是非立ち寄りたいお店です。

ーーーーーーーーーーーーー
レストラン サイゴン
Restaurant Saigon
82 Rue Baudricourt, 75013 Paris
TEL:01 44 06 43 04
ーーーーーーーーーーーーー

プロフィール画像
この記事を書いた人
N.L.Paris
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/09/10
最終更新日:2017/09/10

Views:

この記事に関連する記事

フランスのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.