たびこふれ

【番外編】UAEから車で行けちゃう!海抜2,000mに位置するオマーンのリゾートホテル

記事投稿日:2017/09/03最終更新日:2019/05/10

Views:

今日は番外編で、オマーンのリゾートのご紹介です。オマーンはUAEから簡単にアクセスする事ができるので、UAE在住の方々に大人気のスポット!飛行機でも行く事ができますが、車でもすぐに行く事ができるので、オマーンのいろいろな場所へ週末などを利用して訪れている方が多いみたいです。海の綺麗なムサンダム地方も人気ですが、今回はオマーンで一番高い山々を望めるリゾートAlila Jabal Akhdar アリラ ジャバル アフダールへ行ってみたいと思います!

ホテルはジャバル アフダル(緑の山)内にあり、山間部はオマーン首都のマスカットから車で約3~3.5時間の距離です。17世紀に建てられたお城のある事で有名なニズワという街から車で約1時間ですが、実はこのホテルリゾートは個人ではアクセスできないようになっていて、山のふもとまで四駆でお迎えに来てもらわなくてはなりません。かなり急な山道で、事故が多発した為このような制度になったそうです。

私たちは前日にニズワを観光して、山のふもとにあるホテル(Golden Tulip Nizwa Hotel)に一泊しました。車はニズワのホテルの人と交渉して駐車場に停めさせてもらいました。多くの方がこの方法でホテルにアクセスするので、交渉は簡単でした。チェックアウト後、11時頃山頂のホテルから四駆が迎えに来てくれました。

オマーン人はフレンドリー!

20170802_02.jpg

おしゃべりな運転手さんが慣れた手つきで急な山道を上がっていきます

山道をくねくね走る事約30分。街が見えてきます。「こんなところに人が住んでいるんだ〜!すごい!」と驚いていると、運転手さんもこちらの街の住人でした。Anantaraホテルグループが新しいリゾートを建設したばかりだと教えてくれました。再び走り続けること20分ほどで、ホテルに到着です!何にもない山岳地帯に石で作られた建物がポツンとあります。外観は自然と一体化していて、とても美しく感動しました。

フェンスの下は急な崖!標高が高いので、中東の夏でも涼しく過ごしやすいです

20170802_01.jpg

チェックインの時間は3時頃ですが、今回も早めに到着してもすぐにお部屋を用意してくださいました。

玄関を入ったところ

20170802_03

すっきりとしたおしゃれなデザインで、日本人に人気がありそうです

お部屋に向かう途中、廊下から眺めることができる景色

20170802_05

伝統的な街並みを表現した中庭と壮大な山

廊下は少し東南アジアの雰囲気で落ち着きます

20170802_06

お部屋はこんな感じで余計なものがなく、ロビー同様すっきりしています

20170802_07

この生活感の無さがリゾートに来た!という感じがして好きです。

いつも一番楽しみにしているバスタブですが、今回は深めで大満足!

20170802_08

画像では伝わりにくいのですが、バルコニーからの景色を一望しながらお風呂を楽しむ事ができます!

こちらのホテルには様々な野外アクティビティが用意されています。トレッキング、ハイキング、洞窟クライミング、早朝ヨガ、天体観測などなど...どれも魅力的で一泊では全て体験しきれませんね!トレッキングや洞窟クライミングは私たちにはレベルが高そうだったので、約3時間のハイキングを体験することにしました!

予約した時間にホテルの方へドライバー兼ガイドさんがお迎えに来てくれます。

このような場所をガイドさんに続いて歩いていきます

20170802_09

しっかりとしたハイキングシューズまたはスポーツシューズを履いていきましょう!

山の上とはいえ、やはり中東の夏

IMG_7701.jpg

ハイキング中は少し標高も下がるので、太陽の熱がめちゃくちゃ暑かったです(8月)。 水分補給をお忘れなく!

ハイキング時おすすめの服装は、全身焼けないように長袖を着用し帽子の上からストールのようなものでカバーすると少し涼しかったです。(カンドゥラのように...)長袖を着用していなかった主人は真っ黒になり、サンバイザーの私は熱射病になりました。

ハイキングでは絶景での写真撮影、つい最近まで人々が暮らしていた歴史のある街中の紹介、化石や植物の詳しい説明もあり、とても勉強になり面白かったです。歩いているとドンキーと共にザクロを運ぶ現地の方々や、元気に遊ぶ子供達とすれ違います。彼らは笑顔で挨拶をしてくれるので、アラビア語が勉強したくなりました。

ハイキングからホテルへ戻ると、灼熱の太陽で熱された体を冷やす為プールへ。

Forbesで紹介された、今行くべき12の絶景プールの中の1つ

20170802_10

大自然に囲まれたプール!開放的で気持ちいい!

20170802_11

少しだけ日が落ちた頃に行けば暑すぎず、泳ぎやすいです

プールで涼んだ後は夕日を見に展望台へ...

展望台はきちんとフェンスがしてあり安全なのですが、すぐ下は崖

20170802_12

そこからトレッキングを終えた人々が上がってきたりして、びっくりしました

山の向こうに沈む夕日

20170802_13

少し富士山みたいで日本が恋しくなります

この時間帯は綺麗で涼しく過ごしやすいので、ホテル内をお散歩する方々がたくさん居ました

20170802_13

お散歩の後はいよいよ待ちに待ったディナーです。ホテル内にはレストランやラウンジが用意されています。バルコニーで予め用意されたアラビック料理のコースをいただきましたが、暗すぎて写真を撮る事ができませんでした。バルコニーからは星空が一望できて、もう、言う事無し!最高です。夜の画像は撮影できませんでしたが、朝食も全く同じ場所で頂きます。朝は鳥も鳴いていて爽やかです。

朝食はビュッフェスタイル

IMG_7943.jpg

あれ?あまりセレクションが多く無いなと思ったら、パンケーキや卵、ソーセージなどは、着席後メニューから選んでオーダーします。

アプリコットのスムージーが美味しい!

20170802_15

旅行中少し野菜不足だったので、朝からヘルシーで嬉しいです。夜は見えなかったテラスからの景色も最高!

お腹もいっぱいになった後は、チェックアウトをしてまたドライバーさんに迎えに来てもらいました。日本に興味があって、日本に行くのが僕の夢だと話してくれて、なんだか嬉しい気持ちになりました。私たちはその後バハラ城などを観光し、マスカットへ向かいました。オマーンでの運転や移動は思ったより大変ではないので、熱中症対策さえできていれば、とても楽しく充実した旅行ができます。

今回はアブダビやドバイでは、なかなか味わう事のできない大自然を堪能できて、パワーアップした気がします。日本からは少し遠いですが、UAEに長く滞在される方は是非歴史と自然の豊富なオマーンもトライしてみてください!

Alila Jabal Akhdar
https://www.alilahotels.com/jabalakhdar

>>>アリラ ジャバル アフダールの状況を【Hotels.com】で詳しく見てみる

プロフィール画像
この記事を書いた人
Satoko Chen Arikawa
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/09/03最終更新日:2019/05/10

Views:

オマーンのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.