たびこふれ

アクリル製に見えないおしゃれな食器!MARIOLUCAGIUSTI(マリオルカジウスティ)

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/13

Views:

イタリアの食器と言えば、ヴェネチアングラスやマヨルカ焼きなどを思い浮かべますが、割れ物をお土産に持ち帰るのは少し心配......と考える方もいるのではないでしょうか?

この記事でご紹介する樹脂製食器ブランド「MARIOLUCAGIUSTI」は、そのような不安を抱える方にも、お子様がいらっしゃる方にも嬉しい、おしゃれでタフな食器なのです。

赤ちゃんやお子さんのいるご家庭も楽しめる、エレガントな食器

今回ご紹介するのは、イタリアのアクリル食器のブランド「MARIOLUCAGIUSTI(マリオルカジウスティ)」です。このブランドのプロダクトは、非常に粒子の細かいアクリル樹脂で作られており、その透明度はガラス以上とも言われています。

何と言っても、最大の魅力は衝撃に強いということ。赤ちゃんやお子様のいるご家庭でも安心して、日常の食卓でタフに使えるのです。

日本で子供用の食器というと、ポップなものや可愛さ重視なものが多いですが、「大人と同様の食器で小さい頃から食事をすることで、自立心を育てる」というのがイタリア流の食育。日本でも、イタリアを含めた海外の食育について関心を持つご家庭は少なくないのではないでしょうか?

そのようなご家庭にも、この美しくタフなアクリル食器が活躍してくれます。

ディスプレイしたくなる、美しいプロダクト

MARIOLUCAGIUSTIの美しい色合いは、特に夜のディスプレイで際立ちます。バーやレストランのように、グラスやボトルをライティングするようなインテリアがお好きな方であれば、きっとときめいてしまうことでしょう。

写真:yukako

写真:yukako

写真:yukako

写真:yukako

店舗でのディスプレイは窓のデザインも並べ方も美しく、ブランドの世界観を感じることができます。グラスにお皿、容器とさまざまなプロダクトを展開していますが、割れにくいアクリル製なら、柄の細い華奢なデザインも難なく選ぶことができますね。

※編集部註......MARIOLUCAGIUSTIの店舗は、一部地域以外はこのディスプレイで統一されています。旅先でお店を探すときは、このディスプレイを目印にされてはいかがでしょうか。

デザートにピッタリなグラスも豊富

写真:yukako

写真:yukako

アイスクリームやフルーツたっぷりのマチェドニアなどのドルチェを入れると、より一層素敵に見えそうなグラスもあります。夏場なら、ヴィシソワーズやガスパチョなどの冷たいスープを入れて楽しむのも、おもてなしにピッタリです。

テーブルを華やかに彩る調味料入れ

写真:yukako

写真:yukako

生活感が出がちな調味料入れも、こんなにゴージャスな雰囲気に。イタリアの食卓の場合、オリーブオイルとバルサミコ酢を入れるのが正しい使い道ですが、日本ならばもちろんソースと醤油、もしくは米酢などを中に入れてもいいのです。テーブルに置いても見栄えを邪魔しないどころか、雰囲気アップに一役買ってくれます。

たくさん揃えたくなる、オシャレなワイングラス

写真:yukako

写真:yukako

スプマンテ(イタリア語でスパークリングワインのこと)を飲むにも、オシャレなグラスが大活躍。ガーデンパーティーで緑と青を中心に揃えて、大人数が集まるホームパーティーでは、色々なカラーを揃えても華やかになりそう......といった具合に、利用するシーンについて想像力をかき立てられるのは、優れたデザインである証拠と言えるのではないでしょうか。

まるで陶器のような、シックな印象のお皿も

写真:yukako

写真:yukako

こちらはイタリアンマダムの友人が、実際に子供用として愛用しているお皿です。クリアタイプでないものは、なおさら樹脂製には見えませんね。どっしりとした陶器のようなルックスで、しかもどのようなお料理にも相性がいい、深い青色のお皿。

MARIOLUCAGIUSTIの食器は、スーツケースに入れて気軽に日本に持って帰ることもできますので、テーブルコーディネートやおもてなしが好きな方、わんぱく盛りのお子様がいる方はお店を覗いてみてくださいね。

写真・執筆:Italyii ライター yukaco

店舗情報

名前:マリオルカジウスティ(MARIOLUCAGIUSTI)
公式サイト:https://mariolucagiusti.it/
※情報はライター執筆時のものです。ブランド、店舗に関する最新情報は公式サイトをご覧ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/13

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.