たびこふれ

時計がテーマのホテル「ロロロージョ」併設カフェのアペリティーヴォが素敵!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/11

Views:

時計好きのオーナーによる、フィレンツェのコンセプトホテル「ロロロージョ」には、併設のカフェがあります。こちらのカフェ、モダンな内装と共にリーズナブルなお値段でアペリティーヴォを楽しめるのだとか。その様子をご紹介します。

アペリティーヴォは、ちょっとしたディナーとしても

「ロロロージョ」は、サンタマリアノヴェッラ広場の端に2009年にオープンした、比較的新しいホテル。今回はこの、時計好きのオーナーが始めたというコンセプトホテルに併設されているカフェでのアペリティーヴォを紹介します。

アペリティーヴォについては以前違う記事でご紹介したことがありますが、夕食前に1ドリンクの価格で軽食ビュッフェがついてくるというもの。最近はビュッフェの内容も充実しているお店が多く、小食な女性や旅行中のカロリーコントロールやおこずかい節約などのため、アペリティーヴォで夕食を済ます方も多いようです。

写真:yukako

写真:yukako

夜のサンタ・マリア・ノヴェッラ教会も美しいです。ちょうどこの写真を撮っている位置のすぐ近くが「ロロロージョ」です。「ロロロージョ」とはイタリア語で時計、という意味。

写真:yukako

写真:yukako

エントランスもシックで落ち着いています。

モダンな内装のカフェ

さて、このロロロージョに併設されているカフェは、意外なほどモダンな内装。ブルーライトで照らされたプールサイドの席は、ロマンティックでカップルにもピッタリですね。壁には、プロジェクターで貴重な高級時計の写真が映し出されます。

モダンな空間 写真:yukako

モダンな空間 写真:yukako

床のタイルも、時計の柄で埋め尽くされています。さらに、壁掛け時計はパテック・フィリップ(※)のゴールデン・エリプス(※2)という、時計ファンなら大興奮間違いなしの空間です。

※編集部註......パテック・フィリップは、スイスの高級時計メーカーです。1839年に創業し、現在でも世界有数の高級時計メーカーとして知られています。

タイルごとに異なる時計のデザイン 写真:yukako

タイルごとに異なる時計のデザイン 写真:yukako

奥に見える壁掛け時計は...... 写真:yukako

奥に見える壁掛け時計は...... 写真:yukako

※編集部註2......こちらの壁掛け時計が、ライターの紹介する「ゴールデン・エリプス」のデザインとなっています。ゴールデン・エリプスは黄金比を用いたプロポーションが美しい、パテック・フィリップの定番モデルです。

意外と良心的な価格。安心していただけるアペリティーヴォ

さて、ここからはカフェのお料理について。「アペリティーヴォ」なのでワンドリンクの価格で軽食がついてくる程度ですが、ガッツリ食べたい方にはピッツァメニューなどもあります。

高いのでは......と思いきや、オシャレホテルのカフェの価格としては、大変良心的で安心です。好きな具材を選んで、オリジナルピッツァにチャレンジしてみても楽しいかもしれませんね。

写真:yukako

写真:yukako

ウットリするほど素敵なソファ席

こちらのカフェにはソファ席があり、親密な二人におすすめ。この写真を撮った直後に、超絶カッコいいおじさまと美人のカップルがやってきました。こんなところであんなに素敵なおじさまとデート......羨ましい!と思わずにはいられない、空間とのマッチ具合。

写真:yukako

写真:yukako

飲み物とお料理は、旅の疲れが癒されるおいしさ

私たちがオーダーしたのは「スプレムータ」。絞り立てのフレッシュオレンジジュースです。旅の疲れをビタミンで癒そう、という考えからこれをチョイス。レモンをたっぷり目に追加してもらったので、後味もスッキリ。

こちらがスプレムータ 写真:yukako

こちらがスプレムータ 写真:yukako

軽食は、クロスティーニ(小さなトーストの意味。ブルスケッタに近いお料理)、オープンサンドイッチ、オリーブに生ハム、自家製のポテトチップスなども並んでいました。

特に、オシャレなフィオレンティーナの間で話題になっている厚切りのポテトチップスは、ぜひ食べてみて欲しい一品です。

パテを乗せたクロスティーニ 写真:yukako

パテを乗せたクロスティーニ 写真:yukako

オープンサンドイッチ 写真:yukako

オープンサンドイッチ 写真:yukako

他にも色々ちょっとしたものを食べて、オシャレ空間を堪能しても1人6ユーロ程度と、とてもお得!アペリティーヴォだけでなく、ランチ使いにも良さそうですね。

写真・執筆:yukako

施設情報

名前:ホテル ロロロージョ(Hotel L'Orologio)

住所:Piazza di Santa Maria Novella 24, 50123, Florence, Italy

公式サイト:http://www.hotelorologioflorence.com/

※情報はライター取材時のものです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/11

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.