たびこふれ

アマルフィ海岸沿いに佇む、小さくて可愛い陶器の町「ヴィエトリ スル マーレ」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/08

Views:

「アマルフィ海岸」といえばアマルフィやポジターノが有名ですが、美しい海岸沿いにはたくさんの小さな町が存在しています。その中でもおすすめしたいのが、日本ではあまり知られていない「ヴィエトリ スル マーレ」。観光地化されすぎていないこの町は、一味違ったアマルフィ海岸の魅力や南イタリアの文化に触れられるんですよ。

ヴィエトリ スル マーレ(VIETRI SUL MARE)について

まるで絵本のようなかわいい街並み! 写真:Italyii ライター la luce
まるで絵本のようなかわいい街並み! 写真:Italyii ライター la luce

イタリア語で「海の上の(SUL MARE) ヴィエトリ(VIETRI)」という意味を持つヴィエトリ スル マーレ。その名前の通り、アマルフィ海岸を見渡す小高い丘に位置しています。アマルフィ海岸はアマルフィやポジターノに及ぶ海岸線一帯を指し、ヴィエトリはそのアマルフィ海岸の入り口にあたる町でもあります。

この街で何といっても有名なのは、個性的なかわいらしい絵が描かれた「ヴィエトリ陶器」。町中には歴史ある陶器の工房が数多く存在します。絵本のようなイラストが施された陶器店が軒を連ね、歩いているだけで楽しい気分になれます。

南イタリアらしい、明るくて素朴な色彩の陶器が並んでいます。 写真:Italyii ライター la luce

南イタリアらしい、明るくて素朴な色彩の陶器が並んでいます。 写真:Italyii ライター la luce

ゆるかわデザインのヴィエトリ陶器

ヴィエトリ陶器の特徴は鮮やかで明るい色使い、そして何といってもほのぼのとしたかわいらしい図柄。とぼけたような表情の動物や海の生き物などのモチーフがかわいらしく、見る人をホッとさせてくれます。

陶器の種類もさまざまで、庭やベランダに置くテーブルに郵便受け、アート作品、コップ、お皿などなど......見ているだけで迷ってしまいそうなくらい、たくさんの陶器がひしめいています。お店でひとつひとつ手作りされているため、どれも一点物なのも魅力です。

お土産にちょうどいい、ミニサイズのプチプラ陶器もあります!

陶器はお土産には重そう?そんなことはありません。 写真:Italyii ライター la luce

陶器はお土産には重そう?プチサイズなら気軽に持ち帰れますよ。 写真:Italyii ライター la luce
お土産向けとして、店頭に小さな陶器を並べているお店もたくさんあります。エスプレッソ用のカップや、陶器のワイン蓋などのかわいい陶器がわずか1~2ユーロで販売されていますよ。

緑のロバ「アジネッロ」とは?

ヴィエトリのシンボルといわれていますが... 写真:Italyii ライター la luce
ヴィエトリのシンボルといわれていますが... 写真:Italyii ライター la luce

写真はヴィエトリのシンボルとして地元の人から親しまれているロバの「アジネッロ(Asinello)」。お皿やコップなど、町にはアジネッロが描かれた陶器をよく見かけます。憎めない表情が可愛いらしいですよね。お土産にする陶器の柄選びに迷ったら、アジネッロのモチーフを選んでみてはいかがでしょうか。

ヴィエトリでおすすめの散策ポイント

ヴィエトリの中心にあるサン・ジョヴァンニ教会。 写真:Italyii ライター la luce
ヴィエトリの中心にあるサン・ジョヴァンニ教会。 写真:Italyii ライター la luce

街にはレストランや陶器店と一緒に普通の民家もあり、番地や表札もヴィエトリ陶器で装飾されています。さらには水飲み場に看板、ベンチなども......。町中が陶器で溢れ、のんびり散策するだけでも楽しめます。

そんなヴィエトリの中心に位置しているのがサン・ジョヴァンニ教会(Chiesa di S. Giovanni)。他の町と違って、洗濯物がたなびく民家の一角に静かにひっそり佇んでいるこの教会。実は10世紀に建てられた歴史ある教会で、ファサードも陶器に描かれた絵で装飾されています。

「海の上の」ヴィエトリと言われる所以を、パノラマで実感!

ヴィエトリを散策するときは、ぜひこの丘の景色も堪能してください! 写真:Italyii ライター la luce
ヴィエトリを散策するときは、ぜひこの丘の景色も堪能してください! 写真:Italyii ライター la luce

そしてヴィエトリを訪れたら見て欲しいのが、町の広場からアマルフィ海岸を見渡すパノラマ。「海の上の」ヴィエトリと名づけられたのも納得できます。

この広場は町唯一のバス停やタクシー乗り場に面しており、サン・ジョヴァンニ教会からも徒歩5分ほど。すぐに見つけられますので、探して見てくださいね。

真っ青な色合いの、深く美しいビーチ

もちろん、ビーチからの眺めも美しいです。 写真:Italyii ライター la luce
もちろん、ビーチからの眺めも美しいです。 写真:Italyii ライター la luce

陶器と同じくらい人気があるのがヴィエトリのビーチ。徒歩で町の中心から坂道を下ること約20分。透き通るように美しく深いブルーの海が広がっています。

夏のバカンスシーズンは国内外からたくさんの人が訪れ、海辺は夜遅くまで賑わっています。海岸沿いには、ジェラートのお店やバール、レストランと一通り揃っていて便利です。町でお買い物したあとは、ゆったりビーチで過ごしてみるのも素敵ですよ。

ライターのおすすめレストラン「セスタ スタツィオーネ」

「セスタ スタツィオーネ」はメイン通りから少し外れた小さな広場にあるレストラン。新鮮な魚介料理が、ヴィエトリ陶器のお皿に盛られて出てきます。地元客で賑わいますが、店の前にテーブルが置かれ開放的なスペースで食事を楽しめるので、旅行者でも入りやすい雰囲気です。

席に着くとプロセッコ(イタリアのスパークリングワインの一種)と一口サイズのおつまみがサービスで付いてくるのも嬉しいポイント!お得にアペリティーボ(食前酒とおつまみの習慣)を楽しめますよ。

美しい絶景とともに頂く海の幸! 写真:Italyii ライター la luce
美しい絶景とともに頂く海の幸! 写真:Italyii ライター la luce

こちらは、海の幸の盛り合わせ。新鮮な魚の切り身をオリーブや粒胡椒、岩塩とともにいただきます。生の魚を提供できるのは、新鮮なものを使っている証拠。

引用:Osteria Mediterranea Sesta Stazione 公式Facebookページより

他にも、名産のアリーチ(カタクチイワシ)を使ったピザやパスタもおすすめ。アリーチの塩気がトマトソースと相性ぴったりの一皿です。

たくさんの陶器と青い海に囲まれて、ゆったりとした空気が流れるヴィエトリ スル マーレ。観光地では見ることのない素の南イタリアを体感できます。ほっこりした陶器に囲まれながら、のんびりゆったりと町散策を楽しんでみてくださいね。

執筆:la luce

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/08

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.