たびこふれ

とんがり屋根の世界遺産。おとぎの国アルベロベッロを100%楽しむ方法

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/06

Views:

おどぎの国の舞台のようなアルベロベッロ。

そこには「トゥルッリ」と呼ばれる三角屋根の家がたくさん立ち並んでいます。今回はそんな可愛らしい街、アルベロベッロをフルで楽しむ方法を紹介しましょう!

アルベロベッロはどんなところ?

Alberobello
「Alberobello」
Photo by Alfonso Minervino
Taken on September 10, 2014(CC BY-SA 2.0)

イタリア南部、ちょうど長靴のかかとのあたりに位置するプーリア州。

ここに、一風変わった景観をもつ街があります。その名は「アルベロベッロ」。この一帯には「トゥルッリ(単数形はトゥルッロ)」と呼ばれる、摩訶不思議な鉛筆型の建物がニョキニョキと生えているのです。

トゥルッリはこの一帯で古くから建てられてきた住居で、解体しやすく再建しやすい石造りで建てられています。その類まれな景観から、まるでおとぎの国のようだと言われ、世界遺産にも登録されました。

穴場スポットから絶景を眺めよう

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyiiライター 藤井麻未

鉛筆にも似たとんがり屋根が、ニョキニョキと生えるアルベロベッロの街。

この独特な景観がアルベロベッロの最たる特徴です。街はすり鉢状をしており、観光客が多くお土産屋なども多いモンティ地区と、対象的にひっそりとしたアイア・ピッコラ地区などがあります。そして、これら二つの地区にトゥルッリが密集しています。

トゥルッリが生み出す絶景を眺めるには、まずは静けさ漂うアイア・ピッコラ地区へ行き、高台から反対側のモンティ地区を目にするのが良いでしょう。予想を超える絶景が眺められますよ!

Trulli and clouds - Trulli e nuvole (EXPLORED)
「Trulli and clouds - Trulli e nuvole (EXPLORED)」
Photo by Stefano Avolio
Taken on August 18, 2015(CC BY-SA 2.0)

次に、モンティ地区に立ち並ぶお土産物屋を訪ねてみましょう。

多くの店が、店内から屋上へと上がらせてくれて、屋上からの眺めを楽しむことができます。手の届きそうな場所にトゥルッリの屋根が見え、地上から見るのとは違った、不思議な景色が楽しめます。

現役トゥルッリの内部へ入ってみよう

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

モンティ地区では、お土産物屋として営業しているトゥルッリの内部に入らせてもらうことができますが、住宅の多いアイア・ピッコラ地区でも、運が良ければ実際に住居として使っているトゥルッリに入らせてもらうことができます。

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

ひっそりとしたアイア・ピッコラ地区は観光客も少なく、まるで本当に異世界に迷い込んだかのよう。扉が開いている家を見つけたら、中を見せてくれないか頼んでみましょう。

実際にトゥルッリの中での生活の様子などが垣間見られ、貴重な体験ができます。

トゥルッリで営業するレストランで、プーリア料理を堪能しよう

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

アルベロベッロで食事をするなら、トゥルッリを改装したレストランへ行くのがおススメです。

アイア・ピッコラ地区にある「トゥルッロ・ドーロ」はトゥルッロをいくつか繋げた建物で、アルベロベッロならではの雰囲気の中で食事ができます。

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

レストランでいただけるのは、南イタリア・プーリア州の郷土料理。プーリア州は海に面していることからシーフードが豊富で、肥沃な土地柄オリーブや野菜、肉もたくさん採れます。

このように、プーリア州の料理は素材が豊富に採れることから、あまり手を加えないシンプルで素朴な料理が多く、ナスやトマトを煮たりチーズをかけたりして焼いたもの、オリーブオイルで漬けたものなど、前菜に当たるレシピがとにかく豊富という特徴を持っています。

小皿で少しずつ色々なものが出てくるのは、スペインのタパスに似ていて楽しいですね。

レストラン詳細情報

店舗名:トゥルッロ・ドーロ(Trullo Doro)

住所:Via Felice Cavallotti, 27, 70011 Alberobello BA

公式サイト:http://www.trullodoro.it/EN/home.htm

トゥルッリホテルに宿泊してみよう!

アルベロベッロは日帰りで帰る観光客も多いですが、日程に余裕があるならぜひ一泊することをおススメします。

なぜなら日中は混み合うモンティ地区も、早朝や夕暮れになると人気は少なくなり、本来の静けさが戻ってくるからです。余計なものがない素のアルベロベッロは、日中にも増しておとぎの国のような雰囲気。

朝陽や夕陽に照らされる様子は素晴らしいの一言につきます。

アルベロベッロのおススメホテルは「ル・アルコーヴェ」。外国の絵本に出てくるような可愛らしいトゥルッリの中で、ラグジュアリーな滞在ができる穴場のホテルです。

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

撮影:Italyii ライター 藤井麻未

これほど摩訶不思議で、それでいて統一感のある街並みは世界でもなかなか目にできません。

そんなアルベロベッロの街を訪れたなら、おとぎの国のような不思議な雰囲気をたっぷりと味わいたいものです。

ぜひ日程に余裕をもって滞在し、その独特の世界を体験してみてください!

※一部写真はクリエイティブ・コモンズライセンス(CC-BY-SA)に基づいて掲載しています。

参考:クリエイティブ・コモンズ公式サイト(外部サイトに遷移します)

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/06

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.