たびこふれ

イタリア/野外オペラにナイトツアー...夏の夜にローマを楽しむとっておきの方法

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/08/12
最終更新日:2017/11/02

Views:

真夏のローマは、ときに東京以上に厳しい暑さとなることも。そこでおすすめしたいのが、日没の時刻からイベントや名所を巡ること。

安全には十分に注意したうえで、ローマのナイトライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※以下、写真はイメージです。クリエイティブコモンズライセンスに基づき掲載しています。

クリエイティブコモンズ公式サイト(外部サイトに遷移します)

ローマの夏を楽しむ、とっておきの方法をご紹介

真夏のローマは暑さも相当なものだけれど、他の時期とはまたひと味違った魅力を感じられるのも夏だからこそ。特に、日中暑さが厳しいローマでは夜の楽しみが充実しています。

今回は、そんな夏のローマで夜を楽しむ、とっておきの方法をお伝えしましょう。

カラカラ浴場で野外オペラ鑑賞を堪能する

Photo by Hana
Photo by Hana「operra caracalla in roma」

Photo by Hana
Taken on June 24, 2009(CC BY 2.0)

ローマの夏の風物詩といえば野外劇場です。特に、毎年カラカラ浴場で開催される野外オペラは大人気。カラカラ浴場とは、第22代ローマ皇帝のカラカラ帝が造り上げた巨大な浴場のこと。古代ローマを代表する遺跡として、日中も観光客の絶えない人気のスポットです。

Rome - "Aida" at Baths of Caracalla
「Rome - "Aida" at Baths of Caracalla」
Photo by Roger W
Taken on July 22, 1976(CC BY-SA 2.0)

夏の野外オペラではなんとこの巨大な遺跡そのものに舞台がセッティングされ、幻想的にライトアップされた中でオペラが演じられるのです。夜のローマの街に、まるで古代から蘇ったかのように輝く神秘の遺跡、それをバックに素晴らしいオペラを鑑賞するという体験は、他ではなかなかできません。

休憩時間には特設バルでビールやワインを嗜んだり、ライトアップされた遺跡に近づいて写真を撮ったりすることもできます。また、野外オペラの場合は服装もカジュアルダウンできるため、オペラ座は少し敷居が高い......と感じられる方も、気軽に楽しむことができます。

そぞろ歩きで遺跡の夜景散策

Photo by Luftphilia
Photo by Luftphilia 「Castel Sant' Angelo with its Reflection / Rome at Night #3.1」

Photo by Luftphilia
Taken on November 8, 2013(CC BY 2.0)

さて、ローマといえば街中に点在する数々の遺跡。もちろん、青空の下で見るのが素晴らしいことは間違いありません。しかし、実は夜の遺跡はまた日中と違った妖艶な姿を見せてくれるのです。

ローマでは主要な遺跡や観光スポットが夜になるとライトアップされます。その様子は素晴らしく幻想的で、いわゆる摩天楼の夜景とはひと味もふた味も違った魅力があります。

Colosseum By Night
「Colosseum By Night」
Photo by Glen Scarborough
Taken on July 8, 2010(CC BY-SA 2.0)

あちらこちらに照らし出された古代遺跡は、日中にも増して美しさと威厳を放ち、さながら夜の街に魔法がかけられたかのよう。

中でも、テヴェレ川に架けられた橋の向こうに眺めるサンタンジェロ城、内側からライトアップされて光を内包しているように見えるコロッセオ、そして遺跡のひとつひとつが照らされ妖しく輝くフォロ・ロマーノは、夜にぜひ訪れてみて欲しい場所です。

水と彫刻の饗宴に酔いしれる

ローマは「泉の街」とも称されるほどたくさんの噴水があります。広場には必ずと言って良いほど美しい噴水が満々と水を湛え、夏のローマに涼しさを演出しています。しかもこれらはほとんどがローマを代表する彫刻家たちの作品。

歴史的、芸術的な価値も高いものなのです。

Photo by Luftphilia
Photo by Luftphilia 「Fountain of the Four Rivers, Piazza Navona / Rome at Night」

Photo by Luftphilia
Taken on November 8, 2013(CC BY 2.0)

さて、この噴水たちをじっくり観察するには日が暮れてからが最適です。なぜなら、遺跡と同じように柔らかな光でライトアップされた噴水は、その見事な彫刻や湧き出しては落ちる水の流れを艶やかに浮き立たせるからです。

一番のオススメはバロックの傑作、トレヴィの泉。日中の姿は誰もが知るトレヴィの泉も、夜の姿はガラリと違った印象に。中央に堂々と踏み出す水の神オケアノス、それに従う海神トリトン、海馬たち。

彼らは日中よりも活き活きと生気を放ち、コバルトブルーの泉の流れと相まって、今にもこちらの世界へ躍り出てきそうな迫力を放っています。

Photo by xlibber
Photo by xlibber「Trevi Fountain」

Photo by xlibber
Taken on February 16, 2013(CC BY 2.0)

巨匠ベルニーニ作、ナヴォ―ナ広場の四大河の噴水やファルネーゼ広場の噴水もまた独特の魅力をもっています。艶やかでダイナミック、生気漲る彫刻と水の夜の饗宴は見る者を虜にするでしょう。

ローマっ子の集まるトラステヴェレで下町ディナーを

Photo by Michiel Jelijs
Photo by Michiel Jelijs「Trastevere street」

Photo by Michiel Jelijs
Taken on July 25, 2009(CC BY 2.0)

真夏のローマは夜になってからが本番!地元ローマっ子は暑さを避けて、涼しくなる夜に活動を開始します。熱気漲る本場のローマを味わいたいのなら、夕食をいつもより少し遅めにして、トラステヴェレへ行ってみましょう。

Photo by hiro kobashi
Photo by hiro kobashi「DSC_3701」

Photo by hiro kobashi
Taken on May 22, 2009(CC BY 2.0)

トラステヴェレは、ツーリストはもとよりローマっ子がこよなく愛す下町情緒溢れる地区。夜の帳が下りてから活気付くトレステヴェレは、街頭に照らされた石畳、蔦の絡んだ石造りの家並み、味のある路地裏などの間にピッツェリアやトラットリアなどが密集し、今宵のディナーは何にしようか迷ってしまうほど。

手ごろな値段で美味しいローマの伝統料理が楽しめる、まさに美味しく楽しい夜のスポットなのです。ローマ発祥のカルボナーラが絶品のDa Enzo、評判のピッツェリアIvoなどで、熱いローマの夜を堪能してみては。


参考:Da Enzo al 29 公式サイト(外部サイトに遷移します)

参考:Ivo a Trastevere 公式サイト(外部サイトに遷移します)

ナイトツアーなどを利用して、夜のローマを安全に散策

さて、夏の夜にローマを楽しむとっておきの方法、いかがでしたでしょうか。

もちろん、夜には人気の無い路地には行かない、女性の一人歩きはできるだけ避ける、多額の現金を持ち歩かない、など十分注意をした上で無理なく楽しみましょう。ただ、あまり神経質になりすぎて夜は絶対出歩かないというのもまた勿体ない話です。

心配な方は、個人ではなく上記遺跡や噴水のライトアップを巡るナイトツアーや、トラステヴェレでの夕食付ツアーに参加するのもひとつの方法です。また、カラカラ浴場での野外オペラなどは、ホテルから会場までの往復ハイヤーを事前予約しておくと安心でしょう。

しっかり安全を確保した上で、夏の熱気溢れるローマの夜をぜひ堪能してみて下さい。

サムネイル写真:Pixabay

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/08/12
最終更新日:2017/11/02

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.