たびこふれ

美しき山上の聖域、世界遺産「サクリ・モンティ」とは?

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/02/18
最終更新日:2017/11/15

Views:

イタリア北部各地に点在する世界遺産「サクリ・モンティ」の特徴と、見どころについてご紹介するコラムです。

※写真はイメージです。クリエイティブコモンズライセンスに基づき掲載しています。

参考:クリエイティブコモンズ公式サイト(外部サイトに遷移します)

ロンバルディア州とピエモンテ州の境にある世界遺産「サクリ・モンティ」とは

雪を被ったアルプスにほど近い北イタリアロンバルディア州、ピエモンテ州。そこにはある世界遺産が点在しています。「サクリ・モンティ(=聖なる山)」はその名の通り、聳える山々の頂上に大小の礼拝堂が立ち並び、それは周囲の自然と溶け込んで一種独特の景観を生み出しています。

元々は15~16世紀、イスラム支配下に置かれていた聖地エルサレムやパレスチナへ巡礼することができなかったキリスト教徒たちのために、これらの聖堂や礼拝堂が建てられました。現在9箇所あるサクリ・モンティは、いずれも世界遺産に登録されています。

今回は、その代表的なものから3か所をピックアップしてみました。ちなみにサクリ・モンティの単数形は「サクロ・モンテ」となります。

1.ヴァラッロ(Varallo)のサクロ・モンテ

ヴァラッロのサクロ・モンテは、9箇所のうち最も古いものです。ミラノ、トリノから列車を乗り継ぎ辿り着いたヴァラッロの麓街からサクロ・モンテまでは、ロープウェイで登ることもできます。

ヴァラッロのサクロ・モンテの見所は、全部で45箇所もの小礼拝堂内に描かれたフレスコ画、そしてテラコッタ製の人形。いずれもキリストの生涯を描いており、その精巧さには目を見張るばかり。

特に、ダイナミックに浮き出てくるかのように描かれたキリスト受難の場面は見る者を圧倒します。礼拝堂には番号が振ってあり、この順番で全てを回ればキリストの生涯を体験したかのような、劇的な感動を味わうことができるでしょう。

また、ヴァラッロのサクロ・モンテは美しいピエモンテの山々に囲まれて、夏は緑、秋は紅葉が美しく、日本の山寺に似たしみじみとした情緒が漂っています。

頂上からの見晴らしも、また大きな魅力のひとつでしょう。

2.オルタ(Orta)のサクロ・モンテ

オルタは、中世からすでにリゾート地として多くの人々を惹きつけてきた、イタリア北部の湖水地方にあります。

湖水地方ではコモ湖やガルダ湖が有名ですが、オルタ湖は知る人ぞ知る絶景の湖。「緑に囲まれた小さな宝石」とも称されています。

そんなオルタのサクロ・モンテは、街からなだらかな丘を上ったところにあります。

途中にはサンタ・マリア・アッスンダ教会が静かに佇み、丘の斜面には瀟洒(しょうしゃ)なヴィラが軒を連ね、途中に見え隠れするオルタ湖とその中ほどに浮かぶサンジュリオ島の眺めは、全てを忘れさせてくれるほどに美しいのです。

引用:Flickrより
Orta San Giulio, salita della Motta
Photo by Irene Grassi[Orta San Giulio, salita della Motta]CC BY-SA 2.0

他がキリストやマリアを描いているのに対し、オルタのサクロ・モンテは中世イタリアの聖人、聖フランチェスコの生涯を描いているという点で他と少し変わっています。いずれにしても、テラコッタ製の人形は今にも動き出しそうなほど活き活きし、その細かい表情までが見て取れます。

引用:Flickrより
Canonisation of St Francis
Photo by Xerones[Canonisation of St Francis]CC BY-ND 2.0

3.オローパ(Oropa)のサクロ・モンテ

オローパのサクロ・モンテは標高1200mの高さにあります。

麓町から頂上に到着すると、目の前に巨大な規模の聖堂が、さながら宮殿のように堂々たる姿で鎮座しているのに圧倒されるでしょう。

背後には岩肌も露わになった山塊が聳え、まさに自然と教会建築とが融合した姿が見てとれます。

オローパのサクロ・モンテには有名なものがあります。それは、珍しい「黒いマドンナ」。文字通り、黒い顔をした聖母マリアの像です。これは、かつてオローパでのキリスト教創始者であったエウゼビオが聖地エルサレムから持ち帰ったもの。彼は神託に導かれ、かつての教会跡に埋められていたこの像を発見したのだといいます。

このマリア像はキリストの12使徒のうちの一人、聖ルカの手で彫られたものなのだとか。その表情は日本の仏像にも似た穏やかさを保ち、静寂の中で人々を見守っているように思えます。

引用:Wikimedia Commonsより
Biella, Santuario di Oropa - Basilica Antica 04
Photo by Mattis (Own work) [Biella, Santuario di Oropa - Basilica Antica 04.JPG]CC BY-SA 3.0

北イタリアに点在する山上の聖地、サクリ・モンティ。彼方にはアルプスの山々を臨み、山の緑や湖の青と見事に調和する様子は筆舌に尽くし難く、また宗教画や彫像の高い芸術性も評価されています。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/02/18
最終更新日:2017/11/15

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.