たびこふれ

バレンタインの贈り物!アモーレの国イタリアならではの売れ行き商品とは?!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/02/08
最終更新日:2017/11/15

Views:

イタリアのバレンタインは、パートナーに愛情を伝える大切な日。ロマンチックな一日に欠かせない売れ行きアイテムをご紹介します。

※写真は全てイメージです。Photo by Pixabay(Public Domain)

イタリアのバレンタインは、男性から愛を伝える日

イタリアのバレンタインの過ごし方は、日本と少し違うことをご存じですか?日本では通常、女性から男性にチョコレートやプレゼントを渡しますが、イタリアではその逆。男性が愛する女性に愛情表現をする日です。

日本ではバレンタイン=愛を告白する日というイメージも最近は薄れつつあり、もはやチョコレート祭的な色合いになってきていますが、アモーレ(愛)の国イタリアのバレンタインはさすがにロマンチックなので、ぜひ日本にも本国のスタイルが浸透して欲しいですね。

それでは、イタリアのバレンタインではどんなプレゼントが売れているのでしょうか?1つずつ見てみましょう。

その1:バレンタインで一番売れるもの......それはバラの花!

赤いバラの花言葉は、ズバリ「愛情」。

赤いバラの花言葉は、ズバリ「愛情」。

美しいバラの花を愛の言葉と共に贈られて喜ばない女性はいないのではないでしょうか。バレンタインのデートに欠かせないもの、それはバラの花です。

バラの花を贈る場合に考慮したいのが、本数によって意味があるということ。イタリアでも本数に意味を持たせてプレゼントすることがあるそうです。

1本は「一目惚れ」、2本だと「お互いの愛情」、3本は「愛している」、4本だと「一生愛し続ける」、5本は「あなたを賞賛する」......といった具合に、色々と意味があるので覚えておくとおしゃれですよ。

10本以上のバラの花束にも、それぞれ意味があるそうです!

10本以上のバラの花束にも、それぞれ意味があるそうです!

その2:ジュエリーやアクセサリーも定番のプレゼント♪

想いのこもったプレゼントは、ずっと大切にしたくなりますよね。

想いのこもったプレゼントは、ずっと大切にしたくなりますよね。

バレンタインの日をプロポーズのきっかけに考えている男性も多いそうで、イタリアのバレンタインにはジュエリーやアクセサリーも売れ行きアイテムのうちのひとつです。いつも身につけられるようなロマンチックなものが、贈り物に選ばれる傾向にあります。

素敵なデザインの限定アイテムなども多く揃うので、バレンタイン時期にイタリアへ旅行する際は、そういったアイテムもチェックしてみるのもオススメです。

常に身に付けるものだけに、好みをよく知っておくことをおすすめします。

常に身に付けるものだけに、好みをよく知っておくことをおすすめします。

その3:上級カップルは、セクシーな赤いランジェリーをプレゼント!

日本の感覚だとドキッとしてしまいそうですが......

日本の感覚だとドキッとしてしまいそうですが......

イタリアにはラグジュアリーなランジェリーブランドが多数ありますが、高級ブランドだけでなく、一般的なメーカーでもバレンタイン時期(年末も)になると、ウィンドーには華やかな赤いランジェリーが飾られます。

「えぇ?!こんなセクシーなデザイン?!」と思ってしまいそうなものが人気で、ボディスーツやオシャレでゴージャスなレースのランジェリーが中心に売れているそうです。女性の曲線美を賞賛する国ならではのプレゼントですね。

日本だとあまりランジェリーを贈る文化は浸透していないので驚く人もいるかもしれませんが、イタリア人の彼から、バレンタインにセクシーなランジェリーを贈られても怒らないでくださいね。

パートナーの美貌を高める、という意味で素敵なランジェリーが贈られるのでしょうか。

パートナーの美貌を高める、という意味で素敵なランジェリーが贈られるのでしょうか。

もうひとつの定番は......やっぱりチョコレート!

チョコレートは「もう一つの贈り物」として。

チョコレートは「もう一つの贈り物」として。

プレゼントの定番はチョコレートではありますが、あくまでも添えるものとしての位置づけなようです。イタリア人女性の中にはチョコレートだけ贈られると「私への愛情はそんなもの?」と怒る人もいるとか。イタリア人男性はそうやって「どうしたら女性が喜ぶか」を学び、優しくなっていったのでしょうか。

バラの花束とチョコレート、という組み合わせが鉄板だということなので、プレゼントの価格ではないのでしょうが、チョコレートだけだとダメでバラの花がついているとOK、という女心はなんとなく分かる気がしませんか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/02/08
最終更新日:2017/11/15

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.