たびこふれ

【行ってきました!】世界遺産の街マカオ

記事投稿日:2017/01/24最終更新日:2017/11/08

Views:

こんにちは!檜田と申します。ここ数年で新しいホテルが続々オープンし続けているマカオに行ってきました!
1_161209macau.JPG
マカオ=カジノのイメージが強いのですが、他にもグルメや夜景、世界遺産など見どころが盛りだくさん!カジノ施設も多彩なショッピングモールやプール等のついた複合リゾートになっており、家族で楽しめる都市なんです!まずは2016年にオープンした新ホテルを2件ご紹介から!!
<マカオホテル攻略その1>ザ・パリジャン・マカオ
2016年9月に新しくオープンしたザ・パリジャン・マカオ
2_161209macau.JPG
1/2サイズのエッフェル塔が目を惹きます。日本でも有名なヴェネチアンマカオと同じ系列のホテルで「フランス」をテーマとしており、「コンコルド広場」をイメージしたロビーには忠実に再現された噴水が。
3_161209macaure.JPG
ロビーの屋根は円形になっており、天井画も見どころ。
4_161209macau.JPG
「シャンゼリゼ通り」をイメージしたショッピング施設等、随所にこだわりが感じられます。
いよいよホテルフロアへ。廊下のカーペットまでお洒落に見えてきます。
5_161209macau.JPG
お部屋は約33㎡と広々。フランス風のモダンな客室です。
6_161209macau.JPG
コンセントはマルチタイプが備え付けられており、変換プラグも必要ありません。エッフェル塔やプールが見えるお部屋もありました。
7_161209macau.JPG
エッフェル塔は7階と37階に展望デッキがありますが営業時間外だったため登れず。。。もちろんカジノ施設やショッピング施設も充実。スイーツの食べ歩きなんかもできます。
<マカオホテル攻略その2>ウィン・パレス・コタイ
8_161209macau.JPG
こちらは2016年8月にオープンしたウィン・パレス・コタイ。ホテル前には噴水やゴンドラ(ロープウェイ)がありゴンドラの柱が龍の形をしているなど視覚的なインパクトが強いこのホテル。
9_161209macau.JPG
ロビーでは花が敷き詰められたオブジェがお出迎え。花の香りも漂ってきます。(デザインは時期により変わります)
10-1_161209macau.JPG
10-2_161209macau.JPG
10-3_161209macau.JPG
お部屋も広々、洗面台には写真で分かりにくいですがなんとTVモニターが!NHKも映ります。アメニティもお洒落!
11_161209macau.JPG
12_161209macau.JPG
さらに!テレビのリモコンでもあるタッチパネルで部屋の電気やカーテンの開け閉めも操作可能!日本語対応なので、使い方が分からない!という不安を解消してくれます。
14_161209macau.JPG
そして気になるゴンドラに乗車へ!!宿泊者は1回無料で乗ることができます。
15_161209macau.JPG
せっかくなので「噴水ショー」の時間にあわせて乗るのがおすすめです。11:00~24:00までの間15分おきに行われており、ゴンドラの中から噴水を楽しめます。夜になるとライトアップも綺麗です。
<マカオおすすめポイント1> 夜景
オープントップバス(2階建て屋根なしバス)に乗車し、マカオの夜ツアーへ!英語案内のみですが要所で車を停めて写真タイムがあるので十分楽しめます。
16_161209macau.JPG
ウィンホテルの「噴水ショー」や煌びやかな街並みを満喫でき、ラストのコタイ地区ホテルのライトアップは圧巻でした。
17_161209macau.JPG
世界遺産「セナド広場」のライトアップもおすすめです。クリスマス~旧正月にかけてはイルミネーションも点灯します。
18_161209macaure.JPG
<マカオおすすめポイント2> ポルトガル料理
ポルトガル文化の残るマカオではポルトガル料理を楽しむことができます。香港とセットで訪れると肉料理かエビカニが続くので、お魚が食べられるのがうれしいところ。
19_161209macau.JPG
今回は「RESTAURANTE DUMBO」にお世話になりました。日本語メニューもあるので個人で行っても安心です。
20_161209macau.JPG
サラダとタラのポリ身揚げボール(タラのすり身とポテトと香草を混ぜて揚げたもの。コロッケのような食感です。)
21_161209macau.JPG
炭焼きイワシ
22_161209macau.JPG
アフリカンチキン(マカオのご当地グルメでスパイスにココナッツミルクを加えて作り、お店によって味が違います)
<マカオおすすめポイント3> 【世界遺産】マカオ歴史地区
コンパクトに回ることができるマカオの世界遺産ですが、聖ポール天主堂跡から徒歩で世界遺産に登録されている6つの建造物と1つの広場をめぐることができます。
23_161209macaure.JPG
途中で名物「エッグタルト」を購入して食べ歩きをしても楽しいところ。
24_161209macau.JPG
聖ポール天主堂裏のナーチャ廟、旧城壁から聖ドミニコ教会、仁慈堂、セナド広場を抜け、今も市議会として使われている民政総署がゴールです。中国寺院と西洋の教会が同時に見られるのもマカオの魅力です。
25_161209macau.JPG
26_161209macau.JPG
マカオの観光地は1日あれば十分回ることができるので、短期間の滞在で観光、ホテル滞在ものんびり楽しむことができます。おじいちゃん、おばあちゃんは観光、お父さんはカジノ、お母さんはショッピング、お子様はプールと三世代で楽しめるマカオ。ぜひ次回のご旅行の候補に加えていただければと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!
プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/01/24最終更新日:2017/11/08

Views:

香港のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.