たびこふれ

ポルトガルのお土産にオススメ!魅力的なコルク製品

記事投稿日:2015/08/27最終更新日:2017/11/02

Views:

ポルトガルから帰国するとき、日本へ買って帰るお土産、さて、何にしよう?と悩むこともあるかもしれません。ポルトガルといえばワイン・・・といえども、スーツケースに入れれば重いし、荷がかさむし・・・という悩みを解決する、魅力的なお土産を御紹介しましょう。

それは、コルク製品です。コルクは、ポルトガルの気候(夏は乾燥しており、冬に降雨量が増える気候)に適応し、よく成長するコルクガシ(樫)の木の皮のことを指します。

port-20150901-01.jpg

コルクの木と、樹皮。こうやって樹皮をはがす

樹齢30年以上になったこのコルク樫の樹皮のみをはがし、加工して製品にするのですが、木自体を伐採する必要がないのが特徴です。樹皮をはがした後は、次に新しい樹皮が出来るまで約10年ほど待つ必要がありますが、木自体を傷つけることがないため、自然にやさしくエコ的である、と、国内外から注目を浴びる存在になりました。

port-20150901-02.jpg

はがされた樹皮

この皮からは、ワインのコルク栓はもちろんのこと、床用のマット、カバン、そして洋服の素材や床の素材まで、余すところなくいろいろな製品が生み出されます。コルクを使った製品は、自然の持ち味を生かし、ベージュ(薄茶色)そのままの色合いの製品がほとんどですが、デザイン製に優れたバッグやブーツ、そしてアクセサリーなどは、どれもていねいに作られていて、目を見張るほどの美しさです。

こういったコルク製品の専門店が国内にはたくさんありますので、ウィンドウを覗いて見るのも楽しいでしょう。また、これらのコルク製品を購入すると、その収益金は、コルク樫を育てている農家や、製作者の元へ直接支払われる仕組みにになっている自治体もあるそうです。

port-20150901-03.jpg

コルクで作られた鞄は、とても耐久性が強く、軽いのが特徴

コルク製品の特徴は、軽いことと頑丈なことだそうです。たくさん購入しても、帰国の際に、スーツケースが重くなる心配がほとんどありませんので、アクセサリーなどを選べば、きっと珍しいお土産として喜ばれるに違いありません。ポルトガルの知られざるお土産のひとつとして、コルク製品に注目してみてください。

port-20150901-04.jpg

このような、ポルトガルならではのコルク・アクセサリーをお土産にするのも一考かも

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/08/27最終更新日:2017/11/02

Views:

ポルトガルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.