たびこふれ

タイの主要3都市チェンマイ、バンコク、アユタヤをたっぷり観光してきました♪

記事投稿日:2017/03/02最終更新日:2019/05/27

Views:

今回、1月12日~17日にタイの主要都市、バンコクとチェンマイ、アユタヤの三都市を巡ってきました。日本が大寒波な中、天候にも恵まれ、30度を超える中での観光でした!それでは、各都市のおすすめ一押しポイントを実際に撮影した写真とともにご紹介させていただきます。

目次

【チェンマイ】ドイステープ寺院

「北方のバラ」とも称される美しい第二の都市チェンマイは自然も遺跡もあり、比較的涼しく過ごしやすい都市です♪中でもおすすめなのが、ケーブルカー(又は約300段の階段)にて上がった標高約1,000mのステープ山の山頂にある「ドイステープ寺院」です。

1_170112Thailand.jpg

神聖な雰囲気や立派な仏塔をご覧ください。鳴らすと幸せになれる鐘もあるのでぜひ!

2_170112Thailand.jpg

市内から少し離れていますが、チェンマイ市街の眺望もお楽しみいただけるのでオススメです。

3_170112Thailand.jpg

【チェンマイ】メーサー・エレファントキャンプ

タイと言えば・・・そう、象です!ここチェンマイのメーサー・エレファントキャンプでは、象のショーを見ることが出来ます!風船割り、サッカー、丸太運び、時折ジョークを交えながら何でも器用にこなす象のショーに見入ってしまうこと間違いなしです。

4_170112Thailand.jpg

特に大きな体からは想像できない繊細な絵描きには自然と拍手してしまうほど...!実際この日は6,000THB(約18,000円)で象が描いた絵が購入されておりました...!

5_170112Thailand.jpg

【チェンマイ】メーホンソンの首長族(カヤン族)

皆さま「首長族(カヤン族)」をご存知でしょうか??チェンマイ近郊にあるメーホンソンという村にタイのカラフルな伝統衣装に身を包み、黄金の長い首輪を付けて生活する民族がいます。

観光客の人も実際に首輪を付けることが出来ます!私も付けてみましたが、重量感があります、、、ぜひ体験してみてください!首長族と写真を撮ったり、可愛らしいハンドメイドの雑貨やスカーフのお買い物も楽しんでいただけます♪

6_170112Thailand.jpg

7_170112Thailand.jpg

なかなか味わうことの出来ない、タイならではのおすすめの観光地です!

【バンコク】エメラルド寺院と王宮

首都バンコクの主要観光地のみ厳選して観光に行きました。中でもよくパンフレット写真にも使用される「エメラルド寺院」と「王宮」の観光は外せません!

8_170112Thailand.jpg

9_170112Thailand.jpg

10_170112Thailand.jpg

広大な敷地の中に王宮や宮殿、黄金に輝く仏塔...どれも煌びやかで、さすが!の一言です。警備が厳重になっているので、服装、持ち物チェックをした後の入場となります(パスポートはお忘れなく!)。その他有名な、暁の寺と涅槃仏はあいにく現在工事中でした。。

【アユタヤ】有名な3つの遺跡

タイの観光地では外せない、古都「アユタヤ」!首都バンコクからバスで約1時間30分程で到着です♪都会のタイとは全く異なり、見渡す限り壮大な遺跡...圧巻の風景が広がります。今回は、中でも有名な3つの遺跡(ワット・ヤイ・チャイ・モンコン、ワット・マハタート、ワット・プラシーサンペット)に行ってきました!

11_170112Thailand.jpg

12_170112Thailand.jpg

13_170112Thailand.jpg

バンコク王朝自体の遺跡がそのまま残されていて、大地の力...歴史の偉大さを肌で感じることができます。写真では伝えきれない存在感なので、ぜひご自身の目で確かめてください!

>>>【タビナカ】バンコクからアユタヤへのアクセスはツアーが便利です!

タイを代表する圧巻のショー!

タイでは、「ニューハーフショー」や「カントークディナーショー」といった数々のショーをお楽しみいただけます!その中でも「ニューハーフショー」はなかなか日本では味わえない貴重な体験なので、おすすめです!心身共に女性になった美しく煌びやかなダンスショーに圧倒され、時にコミカルなコントに笑わされ、約1時間のショーもあっという間に過ぎてしまいます。

14_170112Thailand.jpg

タイに行ったら一度いかがでしょうか??

最後までお読み頂きありがとうございます! いかがでしたでしょうか!?タイは地域によって色が異なり、チェンマイの自然、バンコクの圧倒される程立派な宮殿、美食の数々、ショッピング・・・と魅力溢れる国です!年中温暖なタイへ足を運んでみてはいかがでしょうか??

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/03/02最終更新日:2019/05/27

Views:

タイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.