たびこふれ

東南アジアの醍醐味!美味しいフルーツを召し上がれ♪

記事投稿日:2015/07/01最終更新日:2017/09/08

Views:

1507011701.JPG

東南アジア旅行の楽しみの一つといえば、美味しいフルーツの数々ですよね!今回は東南アジアを訪れたらぜひ試していただきたいフルーツをご紹介します♪

写真左の、緑で表面に凸凹があるのが「シュガーアップル」。別名を「釈迦頭」といいます。この凸凹がお釈迦様の頭ににていることが由来だそうです。ねっとりとした食感で、見た目に反して?中はとっても甘い!一度にたくさんは食べられないくらいの甘さなので、お茶やコーヒーと一緒に楽しむのがいいかもしれません。

写真真ん中の赤い実は、「ランブータン」。ベトナムでは「チョムチョム」とも呼ばれます。何ともかわいい響きですよね!中の白い実は見た目も味もライチそっくり。枝にたくさんついた状態で売られていることが多いので、旅をしながら時々つまむのもいいですね。

他にも、グレープフルーツに似た「サボン」、これまたライチに似ている「マンゴスチン」(マンゴスチンの果汁は洋服につくと落ちにくいので注意!)、「ドリアン」「ジャックフルーツ」「ドラゴンフルーツ」などなど・・・。旬はそれぞれ変わりますが、どれも日本で食べるよりとにかく味が濃厚!色もカラフルで、見ているだけでも楽しいです。

ちなみにホテルやレストランの食事でも食べられますが、せっかくなら地元の人が通う市場で交渉しながら買って食べるのもおすすめです。日本ではちょっと高く感じるマンゴーなどのフルーツも、交渉次第では半額以下で楽しめます!是非いろいろなフルーツを味見してみてください♪

(レポーター:ちーちゃん)

プロフィール画像
この記事を書いた人
シンデレラトリップ編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/07/01最終更新日:2017/09/08

Views:

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.