たびこふれ

テレビで見たあの景色を感じる鉄道の旅。

記事投稿日:2016/10/19最終更新日:2019/06/04

Views:

1610193021.jpg

これから観光シーズンを迎えるオーストラリアのケアンズ。そのケアンズ旅行に欠かせない観光地、「キュランダ」へ行ってきました。そもそもケアンズについて、美しいサンゴ礁が広がるグレートバリアリーフ以外、特別な知識もなく旅行を決定したのですが、どのガイドブックを見ても「キュランダ」という村への観光が載っています。では、「キュランダ」とは、何ぞや・・・というところから簡単にご紹介します。

世界最古の熱帯雨林が広がる高原、その真ん中に忽然と存在する村、「キュランダ」。熱帯雨林を駆け抜けるキュランダ鉄道は、村とケアンズを片道2時間で結ぶ昔ながらの鉄道で、実は『世界の車窓から』のオープニングテーマに映されていることでおなじみの、あの鉄道なんです。

ケアンズからキュランダまでは、自身で行くならば鉄道、またはバスとスカイレールを乗り継ぐか2つの方法があります。それぞれの手配が面倒であれば、一日ツアーに参加するのもお勧めです。私が参加したのは、往路は熱帯雨林を空から眺めながら向かうスカイレールで、復路をキュランダ鉄道に揺られながらのんびり帰ってくる一日ツアー。

16101930211.jpg

ホテルまで迎えに来てくれたバスが到着したのは、ケアンズから車で15分ほどに位置するスカイレールの発着場所スミスフィールドターミナル。事前にツアーガイドから手渡されていたスカイレール乗車券を渡して、いざ空中散歩に。

1610193024.jpg

世界最古といわれる熱帯雨林を眼下に、どんどん上昇していきます。

1610193025.jpg

途中2回、スカイレールの乗継ポイントがあり、熱帯雨林のど真ん中を走る小さな遊歩道にて一呼吸。とにかく空気が美味しい!まるで映画の世界のような、太古の自然を感じながらの散策です。

16101930212.jpg

1610193028.jpg

スカイレールの終着地点、キュランダ村では観光客向けのストリートが広がり、可愛らしい工芸品や、石鹸、キャンドルなどが売られているお土産屋さんが軒を連ねています。アボリジニ文化に触れながら、せっかくここに来たんだから!とついついお買い物に手が伸びてしまいます。

1610193029.jpg

帰りはキュランダ鉄道に乗ってケアンズへ。1日2本しか運行していないうえに全席指定のため、乗車希望の場合には往復チケットを購入しておくか、ツアーに申し込んだ方が安心です。(2016年10月現在)

16101930210.jpg

古き良き、懐かしい雰囲気をまとったキュランダ鉄道。熱帯雨林の絶景と大自然の風を感じながらの移動は格別です。まさに映画やテレビで見たあの光景を見に、ぜひケアンズへお出掛けの際にはキュランダまで足を運んでみて下さい。

>>>【タビナカ】タビナカなら日本語ガイドによる案内で簡単にキュランダを訪れることができます♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
シンデレラトリップ編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/10/19最終更新日:2019/06/04

Views:

オーストラリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.